サイパン7月11日(水)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2007年7月
11
       

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:9
昨日:297
累計:669,182


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年07月11日(Wed)
< サイパン7月9日(月) < サイパン7月10日(火) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン7月12日(木) > サイパン7月13日(金)
サイパン7月11日(水)


トロピカル・ストームもようやく通過したようですが、大きな被害が出なくて良かったです。
かなり大きな台風になっていますが、もしこれが日本にぶつかると、ツアー・キャンセルが発生して、別の意味でサイパンへのダメージとなるかもしれません。
さて、今日も相変わらず新たなニュースはありませんが、まずはヘッドライン・ニュースからお伝えしていきましょう。
いよいよ、米議会での公聴会を控え、フィッテイェル知事もようやく重い腰を上げ、ワシントンに旅立ったようです。
CNMI政府は当初から連邦化について反対姿勢を取っていますが、明確な反対理由が未だに公表されていないのも妙な感じです。
民間企業のグループでは賛否両論ありますが、賛成派はかなり明確な意見を述べているのに対し、反対派は具体的根拠が乏しいように思えます。特にその急先鋒である政府の見解は「反対」を叫ぶばかりで、どのような弊害がでるのかについて、具体的な説明がないというのも不思議です。そして今回副知事は「祈る」と述べています(笑)

○ 連邦化反対を「祈る」
フィッテイィエル知事は昨日、7月19日に行われる連邦議会でのCNMIイミグレーションの連邦化法案に関する公聴会に向けてワシントンDCへ向かいました。
「我々の力が届くことを祈る−これはコモンウェルスの歴史上最も困難な時期であり、イミグレーションの争点は我々の経済にとって深刻な問題である」と知事代行のTimothy P. Villagomez副知事は述べました。
知事は法案通過を阻止する為、連邦議会の民主主義指導者たちを説得するだろうと副知事は述べ、CNMIの人々は、ワシントンでの知事のロビー活動が成功するよう祈るべきと語りました。
もしこの連邦法案S. 1634が法律と成れば、8,000人近いCNMIの外国人労働者にワンタイム・ノン・イミグラント・ステイタス・プログラムの申請権が与えられます。
これは、彼ら外国人労働者に米本土へでの就労、学習、旅行を自由に許すことであり、その他自由協定国籍−パラオ、マーシャル諸島、マイクロネシア(チュイック、コスライ、ポンペイ、ヤップ)による類似の特権を享受します。

○ 閉鎖した縫製工場に$55Kの罰金
労働局はすでに閉鎖した縫製工場N.E.T. Corp.、別称パシフィック・コーストと、そのコーポレート・オフィサーに対し、2004年の工場閉鎖以前に彼らの元従業員110名への賃金支払い不正による労働法違反で$55,000の罰金を課しました。
N.E.T. Corpに対する$55,000の処罰、その社長・会計Kwok Wing Liと副社長・秘書Lai Kin Liは、2004年2月から4月の間の元従業員への未払い賃金と賠償金$150,000以上の支払い追加命令を受けています。

○ 立法議員、open gov’t(政府公開)政策支援を促す
CNMIを憂う市民グループは、議会へのOpen Government Actの適用と知事と副知事の選出には投票数の50%以上、決選投票の必要性を訴える二つの改善案を議会提起するための署名が、2,000人を超えて集ったことを立法議員に伝えました。
ティナ・サブラン氏は、大衆が議員からの更なる会計責任を要求していることを示す立法議員への署名を、彼らのグループが提出していることを述べました。
「我々は、上下院議員へS.B. 15-96 と H.L.I. 15-275の二案を至急法制定するよう促し、決選投票改善案を、選挙管理委員会(Commonwealth Election Commission )が今年の総選挙で住民投票を最終決定する締切日2007年8月6日前に、両議会で通過させなければならないことを記したこれら署名を提出する」とサブラン氏は議員に宛てた書簡で述べています。
CNMI市民は議会に、全ての政府機関の財務諸表を公開する条項の適用を求めています。また、先週の火曜日、Paul A. Manglona上院議員は議会ブランチにOpen Government Actの適用を求めるSenate Bill 15-96を提出しました。
これは、年間雑費として議員に割り当てられた$150,000の明細公開を求めています。
また、類似の下院法案House Bill 15-269も保留となっていますが、これは情報公開の決定は議員の判断に委ねられています。
更にHouse Legislative Initiative 15-275は、知事と副知事の選出における決選投票を義務付けるCNMI憲法の改訂を求めています。
House Legislative Initiative 15-16は現在、批准の為の11月3日の住民投票の開催を行おうとしています。

○ CUC、パブリック・ウォーターに警告
サイパン南側地区でハイレベル硝酸塩のテスト結果
CUC warning out vs tap water
サイパン南側地区のパブリック・ウォーターから取り出した水質検査結果は、ハイレベルの硝酸塩を示しています。CUCは昨日、再度6ヶ月以下の乳児に水道水を使わないよう注意を呼びかけています。

影響の出ている地域(AFFECTED AREAS)

-Koblerville Wells 23/24/25 Koblerville Turnkey & Koblerville MIHA Housing

-Isley Booster 1 (17 wells) Kannat Tabla, Fina Sisu, As Terlaje, Chalan Laulau (Naked Stallion) and along Beach Road (from San Jose to Naked Fish)

-Dandan Reservoir

-Isley Field Wells 13/205 Upper Dandan

- Isley Field Well (16 wells)

-San Vicente Well No.7 San Vicente Elementary School north to Isa Drive; Atkiya Drive; Lupok Way; Nativo Drive

- Mafnas Well As Gonno

- Obyan Wells 14/15 Katmelu Country Cliff Club


○ FAS国籍関係者のステイタス変更
自由協定国家(the Freely Associated States)国籍者に関係する外国人は、もしイミグレーション規則の変更提案が承認されれば、ゲストワーカーとして救済されます。
2007年6月コモンウェルス登録所に提案されたこの変更は、ミクロネシア連邦、パラオ共和国、マーシャル諸島の自由協定国家国籍者は、親族のスポンサーとなる外国人であるというものです。
したがって、FAS国籍の親族は初回1年間のパーミットを取得、FAS国籍者がCNMIで勤続する間は更新ができます。
IRはIRパーミットだけでは働けません。外国人契約労働法に基ずく雇用が行われます。
イミグレーション規則の変更提案はFAS国籍者との偽装結婚を妨げる目的があります。
AG’sオフィスではこの変更提案について、特別な反対が無ければ来週早々にも採択され、月末には施行されるとしています。
AGOではIRパーミットに関するその他いくつかの変更を求めています。
この変更提案は、US国籍者のIRステイタスに対し期間と、扶養家族への収入義務を適用させるために提起されています。
提案では、IR入国パーミットの申請は結婚後最低60日で届け出なければなりません。
IRのスポンサー資格を得るため、米国籍者は2007年7月24日までは年間グロス収入$6,100、以後は$7,100が必要となります。
AGOはまた、離婚後の外国人扶養家族の期限設定を望んでいます。提案では30日に以内にイミグレーション・ステイタスを変えるかCNMIからの出国しなければなりません。
米国籍者の外国籍未亡人は、結婚後2年であればIRを維持できます。もし2年以下の婚歴であれば、配偶者が死亡した後90日以内に新たなイミグレーション・ステイタスを取得せねばなりません。
IRパーミットは養子縁組など、CNMIへの子供の入国を承認しています。
これら児童は、CNMIに1年間残ることができます。

○ WTO、2016年までCNMIと他のパシフィック諸島に免税承認
WTO(世界貿易機構)のグッズ・貿易評議会は、米国の要請であるCNMIと他のミクロネシア諸島からの製品へのタリフ・トリートメント免除の延長を認めました。
米国は1948年にタリフ&トレードにおける総合契約の下、初期免除を承認され、この免除はWTOによって2006年の終わりまで延長されました。
米国は今年3月19日の評議会会議で、2016年までの更なる免除延長を要請し、これが承認されました。

○ 2名の不法労働者NMIを出国
RIFUアパレル・縫製工場で許可無く働いていて逮捕された2名の外国人労働者は、コモンウェルスからの任意出国に同意しています。
Shan ZhongとHailing Wangは、彼らの旅行書類を受け取った後、30日以内でCNMIから出て行くこと規則に同意署名しました。
政府は、この二人が義務付けられたCNMIへの入国条件に応諾しておらず、サンビセンテの縫製工場で不法に働いていたところを見つけられたと公表しました。
政府はこの二人に対する保留中の民事起訴は追わず、彼らの出国から2年間のCNMI入国を拒否します。
二人は6月22日の出国規定に署名、高等裁判所David A. Wiseman判事は6月27日に彼らの出国を命じました。
Zhong 26歳とWang 29歳は、2007年5月10日、法的書類無しでRIFUの縫製工場で働いているところを逮捕されました。

○ JGサブラン、EPAとの和解調停交渉を望む
JG Sablan Rock Quarry Inc.のオーナーは、EPA(Environmental Protection Agency)が廃棄処理違反で$400,000を課した罰金の和解交渉に臨んでいます。
EPAは、ロア・ベースのJG施設の第二エリアに収納されていた使用済みオイル55ガロンのコンテナから流出したオイルと、85に及ぶ腐食、2,000ガロンの使用済みオイルが見つかったとしています。
サブラン氏は、彼の会社がすでに連邦機関と連絡を取り、周辺の清掃を行っており、EPAの決定に驚いていると述べました。
「我々は1年前からこの問題に取り組んでいるが、EPAは$400,000の罰金を課しており、会社には現在そんな余裕はない」とサブラン氏は述べ、オイルの清掃と除去、ドラム缶のグアムへの輸送に$30,000以上費やしていると言っています。
サブラン氏は弁護士を通じ、EPAとの和解交渉を試みています。
経済状況が悪い現在、誰もこのような額の罰金を払える余裕は無いとして、長期分割の交渉を行う模様です。

○ フィッテイェル知事、NMCに19の危機的ポジションを証明
フィッテイェル知事は北マリアナ・カレッジに、教師以外の19の「危機的」ポジションがあることを証明しています。
7月2日、知事は以下のポジションの至急雇用を承認しました。
1. Director for information and learning technology
2. Director of library programs and services
3. Librarian
4. Program manager
5. Program coordinator
6. Extension aide
7. Director of admissions and records
8. Registrar
9. Administrative manager
10.Budget technician
11.Accountant
12.Director of institutional effectiveness
13.Director of nursing
14.4-H extension agent
15.Financial aid specialist
16.Dean of community programs and services
17.Tinian site coordinator
18.Rota site coordinator
19.Maintenance manager.
パブリック法15-71は今年の9月30日まで公務員の雇用と給料一時停止を課しています。法は、これらサービス配給が危機的なポジションである証明の下、公務員の雇用は議会での承認が要求されていると記されています。
NMC President Carmen Fernandez氏は下院副議長Justo S. Quitugua氏へ宛てた書簡で、これら19のポジションの雇用を訴え、カレッジがこれらのポジションの予算のあることを説明しました。
下院議会は決議15-25を採択し、これら19名の雇用要請を承認しました。

○ 車の損傷、暴行で男性を逮捕
Sergio Mangarero Rangamar 30歳は金曜日の夜、騒乱、暴行及び車の損傷など8つの容疑で逮捕起訴されました。

○ 実習延長承認

BOEは金曜日、パブリック・スクール監督者と教育スペシャリストに実習の延長を認めました。
PSS連邦プログラム官Tim Thornburgh氏は、これら実習生が連邦グラントの継続と連邦法No Child Left Behind Actに応諾できる、PSSに義務付けられている実習テストのパスは2009年まで与えられていると述べました。

○ パラシウス氏、我々はNMIをハワイのようにしたくはない
CNMIは、土着の人々が先祖伝来の土地を失ったハワイのようになって欲しくないと、下院の少数派リーダーのArnold I. Palacios議員はコモンウェルスの人々に、土地の長期リース変更提案の懸念を促しました。
議会では、悪化する経済状況を活性化するため、現状の土地リース期限の延長を求める立法議員と反対する議員の間で討議が続けられています。

○ CPAでの雇用凍結
CPAは予算が明確にされるまで、新たな役員、他の管理職の雇用を凍結しています。
CPA監督役員代理のスタンレー・トレス氏は金曜日、コスト削減のため理事によって「雇用凍結」されていると述べました。
CPAには190名以上の正社員がいます。

○ 前フィリピン領事オフィサーに$0.2ミリオンの支払命令
連邦裁判所は前フィリピン領事館高官に対し、労働法違反で訴えを起こしたハウスメイドへの賠償金と弁護士費用総額$285,186.10の支払いを命じました。
サイパンでフィリピン領事のアシスタントを勤めていたRicardo P. Bautista Jr.は、ハウスワーカーGlenda R. Tinay氏への補償として$137,391、更に弁護士費用$10,404.10の合計$285,186.10.の支払いを、NMI連邦地方裁判所首席判事Alex R. Munsonによって命じられました。
彼の判決で、ムンソン判事は、2002年、BautistaはTinay氏との雇用契約で、時給$5.25、残業手当はその1.5倍を約束しました。
また、ベビー・シッター・サービス、ハウスメイド全般を行う代わりとして、原告は契約期間中の住居、食事、就業中の衣類の支給が約束されていました。
雇用契約期間、原告が補償された額は月$200で合計$6,200でした。
Munson判事は2002年7月8日から2004年7月14日まで、彼女のオーバータイムは6,090時間にものぼり、2004年7月15日から2005年1月27日まで、その他1,238時間があるとしました。

○ Tebuteb氏、タオタオ・タノから下りる
Tebuteb議員は、同グループの外国人に対する講義デモが行われた後、グループからの離脱を表明しました。
Tebuteb議員は、島民から選ばれた議員としての活動と、このグループの使命とが一致しないと語り、同グループからの脱退届けを月曜日に地出しました。

○ 商業会議所、土地リース改善却下に愕然
サイパン商業会議所は、下院議会での土地リース改善案却下に幻滅を感じると説明しました。これはコミュニティ全体の問題で、立法議員だけではなく、有権者の投票で決めるべきと言っています。
商業会議所のゲレロ会長は、議会は極めて重要な課題における投票権を有権者から取上げていると述べ「何故彼ら(議員)は住民投票を恐れているのか?民衆に決めさせるべき」と促しました。
商業会議所役員は、今年の中間選挙で国民投票の提案を提起し決定することを下院議会に求めました。

○ アニマル・シェルターは迷いネコも含めるべき
サイパンで初めてのアニマル・シェルター建設提案は、野良犬ばかりでなく野良猫の檻あるいは部屋を含めるべきであると、PAWS(Pet Assistance and Welfare Service)は呼びかけています。
このプロジェクトは、サイパン市長の提案で、ツーリスト、及び住民をを危険な野良犬から守ることに焦点を当てて、カグマン1のアニマル・シェルターの改築に市長室から$75,000の建設資金が投入されました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存