サイパン7月13日(金)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2007年7月
13
       

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:9
昨日:297
累計:669,182


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年07月13日(Fri)
< サイパン7月11日(水) < サイパン7月12日(木) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン7月14日(土) > サイパン7月16日(月)
サイパン7月13日(金)

今日のトップニュースは、ススペのシュガー・ドックが倒壊した記事からです。
両紙ともに写真入で掲載していますが、幸い怪我人が出なくて良かったものの、老朽化した施設はここだけではないと思いますので今後は注意が必要でしょう。
その他、新しいニュースはありませんが、「連邦化」に向けて、フィリピン人のグループが動き出したようです。今後地元の住民グループと対立の怖れもありそうです。
また、金曜日のバラエティ紙は記事が多いので、今日御紹介できない記事は、明日、土曜日の記事と合わせてお伝え致します。

○ シュガー・ドック、高波で倒壊
昨日午後、チャランカノアのシュガー・ドックが倒壊し、先端に5台の車が取り残されました。幸い怪我人はありませんでしたが、ドックはほぼ半分が切断された状態で崩れ落ちています。知事室からの公表では、EMOの対応チーム、DPW、サイパン市長室、DEQ、CRM、が陥没部分に臨時の橋をかけて取り残された車輌を移動させました。
なお、修復が完了するまでドックは閉鎖するとのことです。

○ CUC、マニラのコンサルタントに不満
CUCはマニラに本拠を置くコンサルタントによるサービスに満足していません。
GAA Delgado Inc.はCUCの電力事業民営化の査定の為$200,000で雇われました。
契約は154日、2006年7月5日から2007年2月2日まででしたが、コンサルタント社は73日の延長を希望しており、CUCは未だ検討中です。
CUCは既にDelgado社にコンサルタント料$112,668を支払っています。
Delgado社はその業務を完了しておらず、CUCは契約打ち切りと返金を求めています。
73日間の延長希望もまた、Delgado社は追加の補償金を求めています。
CUCとの契約は、2006年5月8日に行われ2006年7月に発効されました。

○ カジノ提案者、AGOが彼らを阻止していると言及
前下院議員のKarl T. Reyes氏によると、サイパン・カジノ改善案への署名は要求された数を超えているにもかかわらず、AGOが話し合いに関心を持っていないため、その提案者は未だ厳しい状況にあるとしています。
昨日のインタビューで、CNMI Indigenous Entrepreneurs Inc.,の会計レジス役員は、先月この嘆願書に3,000名を超える署名が集ったと同時に、AGOからの回答を待っていると述べました。Deputy Attorney General Gregory Baka氏は彼らと会っていません。
彼の仲間である、前上院議員Herman Guerrero氏、前下院議員Felicidad Ogumoro氏、Jess Taisague氏が先週AGOに行きました。
レジス氏は、彼らはAGの1時間ほど待たされ、AGがE−メールを通じて連絡を取ることを職員と話しあったと述べ、彼らのカジノ提案グループはAGから、彼らの嘆願を11月の住民投票にかけられるかを聞きたいと言っています。
AGOは署名嘆願を認定しています。
レジス氏によると、Guerrero氏、Ogumoro氏、Taisague氏らはまた、副知事を尋ね、AGBaka氏との会談を待っている旨伝えたとのことです。.
「なぜ、彼が我々との会談をさけるのかわからない」とレジス氏。
この改善嘆願は、サイパンでのカジノ運営許可を求めるものです。それは、島の有権者総数の最低20%の署名が必要とされています。
2005年度、サイパンの選挙投票者数は11,163票で、この20%は2,233票です。
もしこの投票が行われ、最低3分の2の7,446票の投票があればこの改善案は認可されます。

○ CUC、189事業者供給停止
過去8ヶ月、CUCは総額$318,000の未払い事業社189件の電力水道の供給を停止しました。
CUC executive director Anthony C. Guerrero氏は2006年10月1日から2007年5月31日までに滞納、未払いの商業用利用者への供給を停止したと発表しました。
ゲレロ氏は水曜日、ユーティリティの管理運営に関する、Taotao Tano CNMI Association Incの要請に答えて情報を公開しました。
CUC担当官はこれら停止した事業者は縫製工場関係のビジネスと言っています。
燃料購入費用
ゲレロ氏は同期間8ヶ月の燃料経費は$39.3ミリオン以上を発表しました。

○ Dekada、連邦化に向けて座り込み
連邦上院議会で行われるCNMI連邦化法案の公聴会を前に、CNMIの長期外国人労働者が集い、連邦立法の支援を願い座り込みを行います。
これはHuman Dignity Act Movement and the Pilipino Contract Workers Association と共にDekadaによって組織されています。
「我々は7月18日に集結することを決定しました。外国人労働者は、中国人、フィリピン人、バングラデッシュ、タイ、など全ての人々に参加を求め、我々が連邦議会での連邦化法案を支援していることを示します」とHuman Dignity Act MovementのJerry Custodio会長は述べました。

○ 上院議会パネル、CUCの監督公聴会主催
Public Utilities, Transportation and Communicationsの上院委員会の会長を務めるLuis Crisostimo上院議員は、来月、CUCの監督公聴会を計画しています。
Crisostimo氏はCUCのExecutive Director Anthony Guerrero氏に、仮の日程として8月6日の午後1時30分に公聴会を設けることを伝えました。
彼はゲレロ氏に、部門デイレクターあるいはマネージャーはコミッティ・メンバーからの問い合わせへの準備をすべきと言いました。
Paul A. Manglona上院議員はPUTCの副会長です。
メンバーは、Jude U. Hofschneider上院議員、Paterno S. Hocog下院議員、Henry H. San Nicolas下院議員です。
クリソストモ氏はまた、公聴会の前に彼らの委員会に適切なCUCの書類を提出するよう求めました。
彼の要求する書類は、2005年−2006年の財務諸表を含む、2006年から現在までの全ての現金会計収支、あらゆる財務事業投資の日時、2006年から現在までの全てのコンサルタント費用と一覧、2007年を含む、2005年から2006年までの実際の予算報告書、その他です。

○ GOP、第二区での候補者発表
民主党第二区は下院議会への候補者を最終的に決めねばなりません。
GOPのThomas Pangelinan会長は電話でのインタビューで、一度知事室で働いたが今は民間事業にいるHenry M. Sablan氏を党候補者として記入したと述べました。
第二区の下院議席は2つです。
GOPは下院6議席の第三区で1名の候補者を未だ必要としています。

○ サイパン評議会のツデラ氏、再選を求める
第九回サイパン・北島の地方自治評議会会長は、11月の選挙でもう一期を望んでいます。Marian DLG. Tudela氏はインタビューに答え、たとえもし投票者が地方自治評議会の破棄を決定しても、2009年に破棄される前に、評議会の重要性を人々に示すための2年が残っていると述べました。
彼女は、もう一人の評議メンバー、Antonia M. Tudela氏もまた再選を求めていると言っています。現在知事室で働いている三番目のメンバー、Angel S. Hocog氏の計画については定かではありません。
下院議会は、評議会の廃止あるいは存続のどちらかを無記名投票で決めることを認める立法改善案を通過させています。
改善案は現在、9席のうち6席をロタとテニアンのメンバーが押さえている上院議会に入っています。
ロタ、テニアンの役員は、「サイパンのものより高額な予算を得ている」彼らの評議会が彼らの島にとって重要であると訴えています。
下院立法改善案15-15の支援者は、評議会の廃止で政府は最低でも$1ミリオンが節約できると述べました。

○ レジス氏、法律家を訴える
知事室広報官チャーリー・レジス氏は、専門職務と道徳の不履行で法律家に対し訴訟を起こしています。
レジス氏はCNMI弁護士協会に法律家Stephanie G. Floresを提訴しました。
弁護士協会の行政監督Susan Steffyによって受理された訴状は、現在、懲罰委員会会長の法律家Timothy H. Bellasの手にあります。
バラエティ紙はFlores氏がサイパンでの法律事務所を止め、すでにグアムにいるとの情報を得ました。
レジス氏は、弁護士協会にFloresへの処罰を求めています。
レジス氏は遺産相続に関わる訴訟の弁護を彼女に依頼し、時給$150に同意し5時間分の保証金$750を払いましたが、彼女の法廷出頭義務の不履行で敗訴しました。
レジス氏はCNMI弁護士協会に、Flores氏の依頼人の救済捜査と適切な処理を促しました。Flores氏は先月、バンク・オブ・グアムに額面$3,211.69のローン契約の支払い不履行で訴えられました。

○ 男性、窃盗で保護観察
Ricardo Ngirchau Omisong 43歳は、ガラパンのジョーテン・ハファダイ・ショッピング・センターでブレスレット3点価格$38を万引き、また、ダンダンのハイマートでバド・ライトビール2缶とキッチンナイフを盗んだ罪に問われ、有罪、保護観察処分となりました。

○ MHS、新デスク300個獲得
MHS to get 300 new desks
マリアナ・ハイスクールは8月の新学期に新しい机300個を導入、ファースト・ハワイアン・バンクの好意に感謝しています。
同校では新学期に1,200人の生徒を迎えます。

○ ガラパン・スタンプ・ラリーに20店参加
パセオ・デ・マリアナスの20店舗が、7月1日から8月31日まで行われる第四回ガラパン・スタンプ・ラリーを立ち上げました。
PDM Promoters Inc. 役員のSonia Miwa氏は、このスタンプ・ラリーはパセオ・デ・マリアナスに並ぶ店だけではなく、ガラパン地区の商店が参加し、観光客、ローカルともに楽しんでもらう企画ですと説明しました。
キャンペーン期間は加盟店で$1利用ごとにスタンプが押され、特別なギフトがもらえるようになっています。
インフォメーション・センターは「金八レストラン」に一角に用意されています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存