サイパン7月18日(水)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2007年7月
18
       

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:9
昨日:297
累計:669,182


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年07月18日(Wed)
< サイパン7月16日(月) < サイパン7月17日(火) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン7月19日(木) > サイパン7月20日(金)
サイパン7月18日(水)


さて、今日も新たなニュースはありませんが、両紙共に記事不足のようで、内容は過去の記事の重複と、いよいよ明日(サイパン時間)にせまった、ワシントンでの公聴会を扱った記事が目立ちます。
これも、内容は賛否両派の代表者の証言を単に予測するものでしかありませんので、特に掲載しません。ご興味のある方は新聞をお読み下さい。
それぞれの主張は過去の記事に何度も掲載されています。
いずれにせよ、明日の公聴会でCNMIイミグレーションの方向性が明らかにされると思われます。
また、現地側では、このところカジノに関する話題が多く出ていますが、これも連邦政府との関係、介入で、新たな展開となるかもしれませんね。
数ヶ月前にここでも御紹介しましたが、米国の投資エージェントが「ラ・フィエスタ」のカジノ計画に興味を示す内容の発言もしていたことがあります。
いずれ米軍の基地移転に伴う各種プロジェクトが立ち上がっていくと思われますが、全ての中心は「基地建設」にあるように思えます。ということで、これはあくまでも私見ですので、きちんとした情報ではありませんのでご注意下さい(笑)
では今日のヘッドライン・ニュースからお伝えしていきます。

○ CNMI政府、ワシントンのロビー活動家契約更新
政府は、ワシントンで今週行われるイミグレーション連邦化法案S.1634に関する公聴会に向けて、ワシントンを拠点とするロビーイストの契約を更新しました。
広報官チャールス・レジス氏は、7月9日で失効するOldaker, Biden & Belair LLPとの契約更改を知事が早期に表明していたと発表しました。
フィッティエル知事はワシントン時間の木曜日、委員会の公聴会でS. 1634に反対する証言を行います。
レジス氏は、「コンサルタント」としてのOldaker, Biden & Belair LLPの新契約の詳細には関与していないと述べました。
このオリジナル契約は月額$15,000で、通信費、交通費などのその他経費は含まれていません。

○ テニアン、ロタ・カジノ改善策に対する、知事の助けを求める
テニアン高官は、ロタ・カジノ申し立てがテニアンのカジノ・プロジェクトを「危機に陥れる」ことを自覚するようフィテイェル知事に求めるつもりです。
「我々はロタ・カジノの動きに反対するものではない。我々が希望し、求めていることは、少なくともテニアン・カジノ産業に繁栄と成功のチャンスを与えて欲しいということだ」とテニアン高官は述べています。
現在、テニアンにはカジノがひとつしかありませんが、5つの経営者と3つのカジノ投資家がすでに施設建設の手続きに入っていると言っています。
テニアン側は政府に、二つの島に同様の産業を置く前にテニアンのカジノビジネスの繁栄と成功を自覚し、援助して欲しいと申し立てています。
サイパンでもまた、カジノ改善策嘆願が提出され司法局の認定を受けています。
カジノ改善策は登録有権者の3分の2の承認が必要です。
ロタは1,427票、サイパンは11,163票です。

○ 6月の来島者数、2007年度で最低
June arrivals lowest in FY07
先月の観光客来島者数は22%まで下降し、2007年度集計9ヶ月で最低を記録、主要市場からの来島者の減少を示しています。
この落ち込みは、1月〜6月までの6ヶ月間の前年度対比で55.22%減、221,234人から195,011人と大きく減少しました。
同時に6月のデータでは日本からの来島者数は31%減となっています。
中国市場の開拓はフライトの停止で、先月は40%の大きな落ち込みとなりました。

減少傾向
昨日のMVAの最新データによれば、先月の来島者数はわずか29,989人で前年同月の38,510人に比べ22.13%減となっています。
日本からは15,446人で、前年の22,443人に対し31%減。

成長市場
韓国は引き続き好調で、先月は23%増。
アシアナ航空は2007年5月27日から週4便の昼便を増便しています。
MVAはまた、フィリピンから69%増、ロシアから240%増を記しています。
フィリピンからの来島者数は昨年の328人から553人へ、ロシアからは昨年の95人から323人となりました。

○ NMIのガソリン価格は米国の最高値より高額
もしネブラスカ州のガソリン平均価格$3.34/ガロンが米国で最も高額であるとすれば、CNMIの価格は最高値です。
AAA社の米国内調査によれば、米国でもっとも高額なガソリン価格はネブラスカの$3.34ですが、先週の土曜日から少しずつ価格は下がってきており、ミシガン州の価格が最高値となりつつあります。
ネブラスカの平均価格$3.34/ガロンは米国全土の平均価格-$3.05/ガロンにくらべ29セントも高いことが報告されています。
CNMIではシェル、モービル共に昨日の価格は1ガロン$3.54、プレミウム$3.71、ディーゼル$3.66でした。
これは米全土平均より58セントも高いということが示されています。
シェルは今日からレギュラーとプレミウムを8セント、ディーゼルを3セント値上げします。
シェル・グアムのRuben Domingo社長は、シンガポールからの供給値上げによるものとしています。
本日からシェル価格はレギュラー$3.62、プレミウム$3.79、ディーゼル$3.74となりました。
モービルは未だ公表していませんが、過去、2社はほぼ同額で歩み寄っています。

○ 米国籍の子供たち2,500人以上が国外追放の中に
外国人労働者のグループによると、労働契約の更新が行われなかった親の祖国には、約600人の生活が掛かっており、米国籍を持つ子供たち2,500人以上は、もし彼らの両親がより良いイミグレーション・ステイタスを与えられなければ、路頭に迷うことになります。
Dekadaのリーダー、Human Dignity Act Movement and the Filipino Contract Workers Associationは、ここで出生した長期ゲスト・ワーカーの子供たちについて現在確認中と言っています。
Dekadaメンバーの中での調査を基本に、2,173人の異国労働者の子供、21歳以下は1,813人います。
同グループリーダーのBoni Sagana氏によれば、Dekadaのメンバー以外の外国人労働者の子供も推定で1,500人いるとしています。
また、親の雇用契約が更新されなかったために、祖国フィリピンに戻り、生活している米国籍を持つ子供たちが約600人います。
同グループは共同する他の2団体と共に7月18日にガラパンのセントラル・パークで決起集会を行います。

○ 政府、NMIへのロウ・コスト・キャリア求める
政府は低コスト航空会社Polynesian BlueにCNMIへの就航を望んでいます。
木曜日、知事代理Timothy P. Villagomez副知事は、同社の幹部と会談を行いました。
知事のシニア政策顧問のRamon Mafnas氏は、「サモア政府とのジョイント・ベンチャーを通じて、サモア、オーストラリア、ニュージーランド間を就航しているポリネシアン・ブルー社の幹部と、知事代理は会談を行った」と述べました。
「我々はロウ・コスト・キャリアの導入に関心があります。ご存知の世にディスカウント航空便は米国やアジア、ヨーロッパでも普及しており成功を収めています。我々政府は、MVAとCPAと共にこのロウ・コスト・キャリアの導入を働きかけていきます」と知事広報室のチャーリー・レジス氏はバラエティ紙のインタビューに答えました。

○ ウィンド・サーファー、カヌー漂流者6名救出
Windsurfers, fishermen rescue six paddlers
木曜日、シュガー・ドック近くの珊瑚礁で大波に飲み込まれ転覆したカヌー乗員6名が、ウィンド・サーファーと漁師によって救出されました。
DPSの報告によると、カヌーのグループは旧パシフィック・ガーディニアに向かって航行中、リーフラインの内側に近づきウィンド・サーファーと衝突、カヌーは大波に呑み込まれ転覆しました。グループは二度ほどカヌーを戻そうとしましたが、水位が高くそのまま漂流しました。
近辺にいたサーファー2名がクルーの女性2名を波打ち際まで誘導、水路入り口にいた釣り船が他の4名の女性クルーを運びました。
乗員は全員シュガー・ドックの南海岸に運ばれました。怪我人はありませんでした。

○ DPL、リース申請のコメント求める
DPL(Department of Public Lands)は保留中の2件のリース申請において、パブリック・コメントを求めています。
リース提案は、サン・アントニオの新ホテルとチャランカノアの教会です。
DPLは、どちらからもリースする公用地の区画提案を受け取っていません。
これら申請あるいは提案をどうすべきか、サイパン、ロタ、テニアンのDPLに2007年7月20日(金)までにコメントを寄せて下さい。
KSAコーポレーションはサン・アントニオの公用地40,000スクエア・メートル以上のリースを求めています。韓国所有の会社は300ルームのホテルと各棟プール付きのヴィラ55棟の建設を計画しています。
KSAは2007年8月までに建設を開始し、2008年5月完成を予定しています。
片や、Immanuel United Methodist Churchはチャランカノアの所有地1,435スクエア・メートルのリースを計画しています。教会はコミュニティのための施設運営とと毎週の宗教活動を望んでいます。
共にリース提案は15年の延長オプション付き25年です。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存