サイパン1月17日(木)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年1月
   
17
   

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:48
昨日:79
累計:656,163


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年01月17日(Thu)
< サイパン1月15日(火) < サイパン1月16日(水) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン1月19日(土) > サイパン1月21日(月)
サイパン1月17日(木)

も○ CPA高官2名を雇用、$2MプロジェクトOK
CPA理事会は金曜日、サイパンの$2ミリオンの契約を認可しました。また、しばらく空席であった役員席に2名を雇用します。
CPA理事長レックス・I.パラシウス氏によると、理事会の人事委員会は、2006年当時、エグゼクティブ・ディレクターであったクライド・K.ノリタ氏と監査役であったジョージ・パリカン氏の辞職によって空席となっているポジションを求人広告を出す準備をしています。
2007年9月、理事会はノリタ氏の後任にスタンレー・トレス・ジュニア氏の指名を承認しました。
しかし、これは同機関の現在のポリシーと指名の「再評価と再査定」に従って撤回されました。
トレス氏は知事の信任厚いスタンレー・トレス下院議員(共和党サイパン)の息子です。
「理事会は(新役員と監査の)雇用を認め、CPAがすでに現在求人を行っているため、人事委員会では業務内容と最低資格を検討している」とパラシウス氏は述べました。
同氏は以前、「CPAが持つ、これらのポジションへのお金」を至急に適切に充当しなければ、倒産しかねない「財政難」であることを表明しました。
理事会は1月28日に、このポジションのための求人広告の詳細を完了するための会議を設定しています。
同氏によると、$2ミリオンの契約は、サイパンの荷積み橋2桁の修復修理に関わるセキュリティ・アクセス・プロジェクトのためのものです。
「この契約は、修理が必要なサイパンの老朽化した2つの荷積み橋の修復のために、承認されました」とパラシウス氏は述べ、この橋の修復コストは各$1ミリオン以上であると付け加えました。
彼によると、このプロジェクトはFAA(連邦航空管理局)からのグラント(助成金)によって予算付けされたものとしています。

○ 第16回議会で「予算案」総合修正
下院House Ways and Means Committeeの新委員長、レイ・N.ユマル議員は、10月1日から始まった2008年度予算案修正を議会提起すると言っています。
月曜日に召集された第16回国会以前に、$168.7ミリオンの予算が第15回議会を通過しましたが、審議なきまま休会されました。
共和党サイパンのユマル議員によると、前回の下院案にはコンパクト−インパクトの$5.5ミリオンが含まれており、財務局の説明に従って、この連邦資金は追加収入として適応することができず、新政策では削除されるであろうとしています。
ユマル議員は、彼らはまた提案されたロタとテニアンにそれぞれ$8.2ミリオンの充当を期待していると述べました。
「各島への$8.2ミリオンは、彼らの落ち込んだ運営を実際に傷つけるであろう。また、我々はそれを再検討する必要がある」と同氏は述べました。
なぜならば、とユマル氏は述べ、2007年9月付で議会の提出した$160.1ミリオンの原案は、その「提案権限」が知事に尋ねられているからであるとしています。
「我々はその予算メモが未だ有効かどうか知りたい」とユマル氏は述べ、彼らはまた、一時解雇に直面している397名の政府職員に対する知事の計画も知りたいとしています。
観光産業の修復の重要性を指摘し、ユマル議員はMVA(観光局)への提案された予算を再検討すると述べました。
第15回議会はMVAに$6ミリオンを推薦しました。これは、知事によるとプロモーション実施のためには$8ミリオンを充当すべきとされました。
ユマル氏は、上院のFiscal Affairs Committeeに予算に関する推薦をシェアするよう求めるとしています。
「我々は系統立ててアプローチしていきます。数字のマジックで遊ぶつもりはありません」とユマル氏は述べ、「厳しい数字になると思う。財務局による収入と有効な適用が明確にされないものは省略する必要がある。それらのひとつがカバー・オーバーである」とユマル氏は述べています。

○ 縫製労働者8名、差別で雇用主を訴える
8名の縫製労働者が、3つの縫製事業家を人種による差別雇用で訴えています。
Espie Estinilie Alcaraz, Marieta P. Baluso, Susana L. Guinnacao, Remedios E. Lorenzo, Merlita Masangkay, Agnes A. Oclarino Mosquera, Zenaida G. Rotao,Jeanie DLC. SantosらがStephen C. Woodruff弁護士を通じ、Hansoll Textile, Ltd., Top Fashion Corp. Handsome Textile Saipan Corp.の3社を相手取って、昨日、連邦裁判所に提訴しました。
原告らはTitle VIIの違反の下、契約不履行、暗黙の信任と公平な扱い不履行、などの行為による訴訟を起こしました。
彼らは、損害賠償、所得損失、雇用手当て、報償、雑費、重大な損傷、懲罰的、戒め的ダメージ、弁護士費用、裁判所が適切と思うその他救済を求めています。
Top Fashion、 Hansoll、Handsome 3社は縫製産業における姉妹会社です。
原告らは3社の従業員でフィリピンからの外国人労働者です。
訴えによると、Top FashionとHandsomeは従業員をシェアすることで合意されており、2006年5月、Top Fashionと Handsomeの役員が原告らに、Handsomeが2006年7月で閉業することを伝えてきたとしています。
そして、2006年3月に始まり2006年6月まで、Handsomeは100名以上の中国人労働者を姉妹会社のTop Fashionにトランスファーさせたとしています。
原告らはHandsomeによってトランスファーされず、Top Fashion.での就業が与えられませんでした。
訴状によると、フィリピン人と中国人労働者の間で、雇用期間、トランスファー、雇用機会と就業が異なった取り扱いがあり、「被告に雇用された原告たちはこの形と実行からはじき出された」としています。
この訴状では、これらの処置が国籍を基にした差別であるとしています。

○ 政府、不法滞在ゲスト・ワーカーの出国を望む
イミグレーションによると、労働法及び義務付けられた入国許可に違反している外国人労働者は出国させなければならないとしています。
政府の労働、出入国証明、書類システムを基に、Wen Song Li, 31歳に発効された外国人労働者の入国許可は2007年2月15日に失効しました。
Wen Song Liはトランスファーのための申請はまったくしていません。
更に彼女はイミグレーションによる一時労働許可も発効されていません。
彼女はCNMIでの10ヶ月の不法滞在が発見されました。
政府の記録によれば、Liは2004年12月から2005年7月までMicro Pacific Incでアイロン係として働いていました。彼女は2006年2月、Concorde Garment Manufacturing Corp.でもアイロン係として働いていました。

○ 重罪を引き起こした男、出国に直面
重罪を起こした男が現在、出国手続きに直面しています。
Jiahuan Chen、30歳は、共謀して債務取立てで暴利を貪っていました。
司法局とイミグレーション・サービスは、高等裁判所において、同容疑者の強制送還手続きを提出しています。
裁判所に提出された調書によると、同容疑者は中国からの外国人労働者でCNMIでの重罪を関わったことにより、彼の入国条件、期間の服従を怠ったとしています。
同容疑者は、2002年にCNMIに入国、すでに閉鎖した事業者Sako Corpで裁断師として働いていました。
彼のパーミットは2002年12月13日に発効され1年で失効しています。
2007年12月21日の裁判所の記録には、同容疑者が78ヶ月の懲役を言い渡されていることが書かれています。
この判決で同容疑者は連邦刑務所に拘束されました。
同容疑者は債務取立てで暴利を貪った共謀罪1カウントので起訴されました。
起訴状によると、彼はこの犯罪に2003年4月から2003年7月まで関わったとされています。
彼は2004年2月に判決を受けましたが、米国の第九巡回法廷に控訴しています。
連邦法廷は、2007年12月14日にChen容疑者に対し、現地イミグレーション高官による出国命令手続きを命じました。
同容疑者は3年間の保護観察を受けていました。

○ フィッテイェル知事、2009年のCIP予算で$11.2Mを求める
フィッテイェル政府は米内務省島問題管轄室に、2009年の主要改善プロジェクト予算額を求めています。
火曜日に申請されたCIPへの提案で、知事は$11.2ミリオンを要求しました。
2009年度、CNMIに準備される追加助成金は、現地政府の財務運営と報告によって行われた「改善」結果となるとされています。

○ KRNM 閉業
パブリック・ラジオ局KRNMは、CNMI経済崩壊の結果として営業を近々停止します。
10年前から始まった同局は、北マリアナ・カレッジが主催していましたが、最近の予算削減でその運営を終了します。
KRNMはCNMI初の公共支援ラジオ局で、広告を取っていません。
同ラジオ局は、NMCが2008年度終了までの継続を求め、2008年9月30日までとして、5月末日までの$70,000の予算を伝えてきたとしています。このラジオ局を継続運営するためには年間$150,000が必要となります。
KRNMはFederal Communications Commissionによって非営利局として認可されています。このライセンスの更新は残り8年で、もし、この局が売却された場合、非営利局として運営されるにも関わらず、パブリック・ラジオとして聴取者を支援する必要はありません。
このラジオ局の取得に関する詳細は、www.krnm.org, もしくは234-5766, また、e-mail at carlp@nmcnet.edu.