サイパン2月7日(木)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年2月
         
7
 

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:9
昨日:180
累計:665,121


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年02月07日(Thu)
< サイパン2月5日(火) < サイパン2月6日(水) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン2月8日(金) > サイパン2月9日(土)
サイパン2月7日(木)

本日は嬉しいニュースがひとつあります。
近畿日本ツーリストがコンチネンタル航空を使ったロタ島へのチャーター便の就航を発表しました。スタートはゴールデンウィーク前の4月26日だそうです。
この計画が順調の稼動すれば、サイパンへのチャーター便の可能性も見込まれます。
混沌に包まれる北マリアナですが、ようやく明るい兆しも見えてきたように思われます。

一方、現地政府、特に最近の労働局はディレクターが変わったことで、業務の進展がずいぶんとスムーズにはなりましたが、書類審査などはより一層厳しくなってきています。特に新労働法が施行されてからは、トランスファーや契約労働者の雇用、現地人労働者の採用率など、こと細かく審査されています。
これから、契約更新やトランスファーを迎える方は、書類不備にはくれぐれもご注意下さい。ウェブサイトで情報開示も行っていますので、規則、規制は必ずお確かめになることをお勧めいたします。

では今日のニュースをお伝えしていきます。

○ ロタへのチャーター・フライト40便
ロタ観光産業は火曜日、近畿日本ツーリストからロタへのチャーター・フライト40便の実施を受けました。
フィッテイェル知事と日本最大手旅行代理店KNTのオオタ・タカシ社長が出席したビジネス・コンファレンスで、今年の4月下旬からロタへの新たなチャーター便をもたらすことを発表しました。
「KNTはロタに年間40便のチャーター・フライトを持ってきます。このフライトは年間で8千人の観光客をロタに運びます」と知事の広報官チャールズ・レジス氏は述べました。
同氏はまた、オオタ社長によると、この新ロタ・チャーターはCNMI観光産業の将来における彼の会社の次のステップのための大きな機会を象徴するとしています。
なお、PDIのAGMマサノリ・タカハシ氏によると、このチャーターはコンチネンタル航空がボーイング737(155席)を使用してロタ・チャーター便を運航するとのことです。
PDIはCNMIの近畿日本ツーリストの現地支社です。
就航開始は、日本のゴールデンウィークを迎える4月26日が予定されているとのことです。

○ 唯一の認定薬剤師、CHCを辞す
DPH(Department of Public Health)が、法による給料上限を超えた他の薬剤師の契約更新が厳しくなったため、コモンウェルス・ヘルス・センターの入院患者薬局唯一の認定薬剤師が辞職しました。
薬剤師Anthony Raho氏の最後の勤務日は土曜日でした。病院必須の部分であり、CUCの歴史で初めての入院患者薬局は職員不足で日曜日に閉鎖されました。
パブリック・ヘルスのジョセフ・ケビン・ビラコメズ局長によると、Raho氏は12年間 CHCの薬剤師を務めており、$75,000が支払われていたとのことです。
彼の契約は昨年の9月30日にすでに失効しています。
他の技術者1名と5名の専門家と共に残った薬剤師はLoraine Lewinski氏の1名だけです。
ビラゴメズ局長はインタビューで、入院患者薬局は未だ開業しているが、必要とされる米国で認定された薬剤師2名の採用を認めました。
「パブリック法15-81によって修正された1 CMC 8248による給料上限設定のため、我々は彼の期限が切れた契約を更新するのは困難であった」と同氏は述べました。
1 CMC 8248は政府の年間給与上限を$50,000以下と定めました。
しかし、それは米国同様、専門的医療診断を含む、第一の責任を持つ医療医師と歯科医、また、コモンウェルスで認可された建築技師と専門職は、年間給与$50,000以上を受け取ることができます。
しかし、これら給与は、議会の統括役員と行政機関委員会に知事による認可がなされなければなりません。
ビラコメズ氏は「我々は法を守らねばならず」、Raho氏の契約は更新されなかったと述べ、議会は給与上限から薬剤師も免除すべきであると付け加えました。
民間の薬剤師はCUCの申し出の倍、あるいは3倍が支払われていると同氏は述べています。
また、同氏は、理事の薬剤師1名でCHCの入院患者薬局を運営するのは「不可能」としています。
薬局は毎日午前7時から午後6時まで開業しており、薬剤師は日曜日の呼び出しもあります。

○ パラシウス氏、CUC非常事態を典型にすべきではないと言及
アーノルド・I.パラシウス下院議長は昨日、最近、政府行政によって宣言されたCUC非常事態宣言の三度目の延長表明を懸念する説明を行いました。
緊急事態声明は、知事にCUC管理統括、予算再編成、入札なしの契約授与を認めるものです。
この非常事態延長は、CUCがその「パワー・プラント、エンジン部品、その他もろもろの問題」を解決していないということを示すものであると、パラシウス氏(共和党サイパン)は言及しています。
「私は、我々がこの非常事態宣言を典型とさせないことを望む」と付け加えました。
彼は3月にCUCのエンジンを大補修することを期待しています。
CUCは「エンジンの再調整のためにすでに契約した人々」がいると彼は述べています。
しかし、CUCの非常事態声明の別の延長を導く事実があると同氏は述べ、「彼らは義務付けられた再調整へのエンジン部品入手期限の法規よりも早く行動する必要がある」としています。
CUCによると、発電機は機械的問題で全許容量の50%以下の稼動しかしていないとしています。
パラシウス氏は、更なる30日間にわたるこの最新の延長で、「その問題」を最終解決すべきと述べています。
「3月まで、我々は少なくとも1基のエンジンの稼動ができるだろう」とパラシウス氏は、CUCが議会に用意したタイムテーブルを参照して述べました。
別のインタビューで、スタンレー・T.トレス下院議員(共和党サイパン)はCUCの「状況」は経費の上昇を招いていると言及しています。

○ テニアン市長、予算の全管理を望む
テニアンのJose San Nicolas市長は、自治体の予算の全面管理を望んでおり、彼の「収益生産計画」を実行するための再編権限を彼に与えるよう議会に求めています。
彼は、10月1日から始まっている本年度予算$8.5ミリオンを彼に用意するよう、下院議会Ways and Means委員会に求めました。
彼の財務顧問レックス・I.パラシウス氏は、全ての市長のプロジェクトとプログラムを実施するにはこの額は未だ不十分であるが、予算全体の「全面管理」を市長が与えられれば、自治体は生存できると述べています。
パラシウス氏によると、テニアンは市長のプログラムとサービスを動かすには約$9.5ミリオンを必要とするとしています。
知事のテニアンへの提案はわずか$6ミリオンでした。
パラシウス氏は、テニアンには「新たな投資家が予想されている」と述べています。
彼は実行中の開発、空港のランディング・システム設置、港湾補修、埋立地の移転などで、テニアンの経済は活性化し、現地労働力に貢献するとしています。

○ サンアントニオで口論から4名を暴行、未成年者逮捕
昨日朝、一人の未成年者が、飲酒を拒絶した4名の若者を殴り、彼らの車を傷つけたとして逮捕されました。
Derick Kaipat Rangamar容疑者18歳は、騒乱、凶器による暴行傷害、刑事上の危害、未成年飲酒などで、午前9時30分逮捕されました。
彼は午後に保釈審判のため高等裁判所に連行され、当局は保釈金$6,500を提示しました。
共に未成年者でRangamar容疑者の共同被告人2名は先週逮捕され、金曜午後裁判所に連行されました。
裁判所に提出されたピーター・アルダン刑事の供述書によると、Rangamar容疑者と二人の未成年者は2007年12月25日、サンアントニオのパクパク・ビーチで喧嘩となり石で被害者を殴ったとのことです。
被害者はその地域で被告グループに出会ったとき、彼らはすでに酔っていたとされています。
Rangamar容疑者は被害者の一人にウォッカのボトルを求め、被害者がこれを拒絶すると、同容疑者は激怒し悪態をつき始めたと供述書には書かれています。
更に、同容疑者はビールの缶を被害者の一人に投げつけ、ウォッカのボトルで被害者を殴ろうとしました。
被害者はRangamar容疑者に飛びつき地面に転がると同時に、被害者の上に飛び乗り殴り始めたとのことです。
被害者は逃げようとしましたが、同容疑者は大きな石で頭を殴りました。
被害者が逃げた後、同容疑者は被害者の車を壊したとのことです。

○ 労働局、申請遅延にもかかわらず7名のゲスト・ワーカーにチャンスを与える
労働局が申請遅延と書類不備によって却下決定を受けた建設事業者が、その7名の転職申請提出の機会をもう一度与えられました。
しかし、労働局によれば、Misamis Construction (Spn) Ltd.が罰金$19,475を支払うことでしか、申請の手続きは完璧にならないとしています。
聴聞官Jerry Cody氏は行政命令の中で、Misamis Constructionが雇用を望む労働者、Roland E. Soriano氏, Arnold M. Arigo氏, Eduardo M. Recustodio氏, Philip S. Laborce氏, Florante R. Villaluz氏, Eduardo R. Armia氏、Harold P. Madrideo氏の期限までの申請提出不履行は彼らの過ちではないと判断しました。
建設事業者は労働局書類審査セクションのスタッフが提出申請書の受理を拒否したことを訴えました。
労働局によると、それは、いかなる「提出時期を誤った」問題を基にした申請中止に、異議を唱えるものではないとしています。
労働局はまた、先週行われた聴聞では、健康診断書を除いて、労働者の申請における全ての書類不備がすでに修正されている事業者の申し入れも受け入れました。
建設事業者はすでに負っている、毎月$2,500の分割払いの罰金以外、聴聞官は今回の追加の罰金は査定しないと述べました。
彼は、しかしながら、将来における完璧な申請への間違いは追加の罰金を導くことを警告しました。
Misamis Constructionのオペレーション・マネージャーBarrie J. Ladd氏は、最近雇用した専属労働のためのパーミット手続きで、会社はパーミット申請のトラック・レコードの改善ができ、将来の申請遅延を回避したと証言しました。
労働局は7名の労働者に、労働局が1年のパーミットあるいは条件付転職の承認の権限を彼らに与えるまで仕事はできないと伝えました。

○ 企業、政府の建設計画の決定に反論
テニアンとロタの改修プロジェクトの独占的な供給会社RESOURCES Management International Corp.、は、契約者の責任のない土地での別のプロジェクトの入札を断る政府の決定に抗議しています。
RMICは弁護士Douglas F. Cushnie氏を通じて、OPA(Office of Public Auditor)にDivision of Procurement and SupplyのディレクターHerman S. Sablan氏が会社の抗議を却下した後の論争に踏み出すことを望んでいます。
Cushnie氏はこの抗議文の中で、サブラン氏の決定は、事実上RMICを将来の政府建設契約参加から締め出していると述べました。
RMICは空港に関連している多数の政府プロジェクトで働いています。
RMICによると、サブラン氏の決定はDPW(Department of Public Works Department of Public Works)のテクニカル・サービス・ディビジョンの従業員の支援を受けていない結果を基にしたとしています。
RMICはOPAにサブラン氏の決定を差し戻すよう、また、ディレクターに同社への契約を授与することを命じるよう望んでいます。
RMICはテニアン屋内競技場の硬化剤と改良部品組み込みのための入札を提出しました。
同社はこの入札額は最低額であったが、政府はこれを却下したと述べています。
OPAはサブラン氏にこのプロジェクトに関するパブリック・オーディターへの全ての書類を提出するよう求めました。

○ NMC、学監は入学テスト問題での行動を起こすことを促す
非営利グループ、北マリアナ・プロテクション&擁護システムIncは、北マリアナ・カレッジの入学テストが、コモンウェルスの学生を除いて「独断的で不公平な」ものであると言っています。
同グループの法律顧問Jeanne H. Rayphand氏によると、昨年8月に学監理事とCarmen Fernandez学長はすでにこの問題を取り上げたが、解決すべき行動は取られなかったとしています。
学生の殆どがNMCで英語部門に迂回をしており、彼らがクレジットを取得できないクラスを取ることに特別な時間とお金を費やすよりもむしろ、大学オンラインを通じて、彼らのカレッジ・イングリッシュ・クレジットを得ています。

○ 外国人労働者への未払い賃金及び賠償額$6.1ミリオン
連邦オンブズマン事務局は現在、712件の労働行政命令、判決が寄せられており、1月で600件の外国人労働者への未払い賃金と他の賠償、総額$6.1ミリオンが裁定されました。
連邦オンブズマンのJim Benedetto氏は昨日、外国人労働者へのこれら支払い義務の総額は$6,130,802.96であることを公表しました。
そのうちの最高額は$48,771.86で最低額は$50です。
$20,000以上の未払い額64件、$10,000以上が222件、$500以上が462件で、最も古い記録は1994年2月からのものです。
現在このデータは編集されており、Benedetto氏によると、彼は米内務省と米下院議会との中で作業分担するとのことです。
同氏はこれら外国人労働者の集金に最良の支援を行いたいと述べています。
この書類によると、未払い賃金の支払いを負っている多くがセキュリティ(警備)会社であるとしています。
この警備会社は、Island Security Services Inc.; Commonwealth Security Services Inc., 、George C. Dunes; Vicente T. Attao & Frances B. Attao dba Famco Security Services; Augustine R. Ayuyu dba CNMI Security Service; Antonio Benavente dba Benavente Security; Antonio Reyes dba Business Protection Services; Luis Kapileo dba Kapileo Protection Services; Joseph M. Borja dba Borja Security Services; Aida S. Attao & Julie Attao dba Bangel Security Agency; Antonio P. Mareham dba AMCO Security Agency; Nelia S. Madlmeduh dba Mayon Enterprises.などです。
縫製工場ではSako Corp., NET Corp., Sun Mei Corp., 他です。
初期インタビューでBenedetto氏は、米下院議会はこれら労働者が労働局によって与えられたお金を持たずに帰国することを大変懸念していると言っています。そのため、彼の事務所がこの行政命令に関する情報を収集している理由であるとしています。
タオタオ・タノ協会のグレッグ・クルズ会長は、連邦化法案通過を可能にさせるため、彼の「期限切れで誇張された報告書」を内務省に送っていると述べ、Benedetto氏を批判しました。
Benedetto氏はこれに答え、実際に連邦議会が彼の事務所に、どのくらいの数の労働者が未払い賃金の支払いを受けていないのか尋ねられたとしています。
「もし、グレッグ氏がこれに問題があるならば、『私はあなた方にこれらの質問を尋ねられたくはない。また。私はこの情報を与えたくはない』」と彼が議会に書簡を送るべき」と同氏は述べました。

○ 議会、最低賃金値上げで再来島
米連邦下院議会は今月末に最低賃金における公聴会を予定しています。
下院委員会は2008年2月22日にアメリカン・サモアで公聴会を行います。この状況調査は最近の最低賃金値上げによる経済への影響に焦点を絞ったものです。

○ 2007年度最終四半期、預金上昇、ローン下降
2007年の最後の3ヶ月で、現地銀行への預金はわずか2.5%の伸びでしたが、同時期のローンは10.6%の下降でした。
商務局の2007年度銀行調査資料で第4四半期の預金は、2006年度の$518ミリオンに比べ、$531.1ミリオンへと伸びています。
同時期の個人ローンは昨年の$74 ミリオンから11.8%減の$65.3ミリオンでした。
商務ローンは最終の3ヶ月で、昨年の$60.8ミリオンから$53.9ミリオンへと11.2 %の落ち込みとなりました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存