サイパン2月9日(土)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年2月
         
9
 

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:22
昨日:43
累計:649,109


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年02月09日(Sat)
< サイパン2月7日(木) < サイパン2月8日(金) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン2月11日(月) > サイパン2月12日(火)
サイパン2月9日(土)

本日土曜日はサイパン・トリビューン紙土曜版からのニュースです。
特別な記事はありませんが、北マリアナ・カレッジ存亡の危機と、労働局関連の記事に目が留まりました。
特に労働局は昨年、新体制に変わってから、幾分風通しが良くなったように思われますが、その分、規則への服従がより一層厳しくなっているように見えます。
労働許可の手続きに携わっておられる方はくれぐれもご注意下さい。

○ NMC、ショックと幻滅
北マリアナ・カレッジ役員は昨日、Accrediting Commission for Communityによる最終提案と、カレッジのためのジュニア・カレッジに示している、その認可が取り消されるべき根拠に驚き、幻滅したと説明しました。
NMCのカーメン・フェルナンデス学長によると、その認可が失われるべきでない理由を示すために6ヶ月が与えられた最終提案は、前回ACCJCチームが訪れたときに得た厳しい契約に反応しています。
ACCJC査定チームは2007年11月7日から9日までカレッジを訪れました。
NMCの場合、認可の損失はカレッジの閉鎖を導くものであり、6ヶ月の理由提示期間中に、NMCは閉校の準備をとらされる命令を繰り返し受けています。
来月、この派遣団のカレッジ訪問が期待されています。

○ 議会、奨励計画認める
連邦会計局、グアム、CNMIのリベートをカバー
グアム代表団のMadeleine Z. Bordallo氏は昨日、経済奨励計画(提案)の通過を歓迎しました。
法案H.R. 5140、「2008年度経済奨励条例」は昨日、上院によって修正通過されました。下院投票380対34を経て、上院投票91対6で採択されました。
ブッシュ大統領はこの政策への署名を示しました。
いくつかの変更の中で、上院はこの法案の資格定義を修正しました。この税払い戻し受給資格に追加されるのは、ソーシャル・セキュリティ(社会補償)受給者を含む定額所得者(個人)、退役軍人障害者などです。修正されたこの法案は、CNMIとグアムを含むアメリカ人数億人に対し、今年、施されるよう準備されるものです。
税払い戻し額、1個人$600、夫婦$1,200、子供$300は、下院を通過した最終経済奨励計画期間中の納税者に提供されるものです。この法案は2007年に最低$3,000の所得のあった労働者で最低$300の税払い戻しを受けることになります。
この法案は現在大統領に送られています。
税払い戻しは5月中旬より早く実施されます。

○ CUC、燃料取引契約でモービルと再交渉
CUCはモービル・オイル・マリアナスと燃料供給契約の再交渉を開始しています。
CUCのエグゼクティブ・ディレクター、アンソニー・ゲレロ氏はモービルの代表者と2008年2月5日(火)に会い、燃料原価について話し合いました。
「我々はモービルに我々の原価を緩和する補助を求めている。彼らは受容力がある。我々は引き続き交渉にあたる」とゲレロしは述べました。
知事によると、2007年12月にCUCの燃料原価を助成する現地資金から$5ミリオンを再編成したとしています。

○ パワー・インフラでのCIP資金注入
CNMI住民代表ピート・A.テノリオ氏は、「コモンウェルスは主要改善計画のための未使用の連邦資金をパワー・インフラに注入すべきと」と言っています。
テノリオ氏は昨日、CNMIは電力危機の補修に、未使用のCIP資金数億ミリオンドルを使用する要請をするべきと述べました。
2008年1月24日現在で、北マリアナは保留中のCIP資金額$57.4ミリオンを保有しています。米国の法律によって、ロタとテニアンはコモンウェルスに割り当てられた702資金の少なくとも8分の1を各島は受け取るべきで、サイパンはその全額を使用することはできません。

○ 労働局、雇用主の資格永久剥奪を警告
労働局は、2名の外国人労働者への罰則金と未払い賃金支払いを誓約した雇用主に対し、これに従わなければ、外国人労働者雇用資格の永久剥奪を警告しています。
労働局管理聴取官ジェリー・コーディ氏は、雇用主ダリア・M.キントール氏に対し、Celia L. Gonzales氏に$965、Anacoreta A. Abuel氏に$937の支払いを2008年3月7日までに行う命令を下しました。
コーディ氏によると、キントール氏がもし期限までにこの額を支払わなければ、各従業員に未払い調停額の中で損害賠償の支払い義務が与えられるとしています。
同氏はこの支払いに応じて、延滞金$300とCNMI会計局への追加罰則金$500を指示しました。