サイパン2月18日(月)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年2月
         
18
 

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:37
昨日:63
累計:652,940


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年02月18日(Mon)
< サイパン2月15日(金) < サイパン2月16日(土) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン2月19日(火) > サイパン2月20日(水)
サイパン2月18日(月)


週明けの月曜日、今日はプレジデント・デーでCNMIも休日です。
今日も大きなニュースはありませんが、2008年度予算に対する新議会の厳しい意見がクローズアップされています。

しかし、この知事の提案どおり、政府職員が900人以上解雇されるとなると、この後始末はすべて民間企業に押しつけられるわけで、「能力不足で高給取り」の政府職員が民間企業に押し込まれるという図式は明らかに見て取れます。
特に管理職は「ローカル雇用法」に従った労働局エンプロイメント・サービスからのごり押しがますます厳しくなることでしょう。

○ フィッテイェル知事の予算提案、964の政府の職を削減
House Ways and Means委員会の委員長によると、知事の$160.1ミリオン予算提案を法制定するということは、政府の職を964失うことを意味しています。
「知事は千人の人々を解雇する提案をしており、我々に同意を求めている」と金曜日にレイ・N.ユマル下院議員は述べました。フィッテイェル知事の提案した予算では、と彼は続け、政府職員の数が4,927人から3,963人に削減されると述べました。
「それはないだろう」とユマル氏。
昨日の記者会見では、政府のコメントは得られませんでした。
現地民間企業による低賃金の申し出のため、依然としてCNMI政府は現地人−言い換えれば有権者−の最大雇用主です。
ユマル氏は、ハインズ・S.ホフシュナイダー下院議員、ビクター・ホッコック氏、ティナ・サブラン氏同様、10月1日に始まった新年度の新予算を通過させるべきと述べています。
「それは我々の最も重要な職であり、予算を通過させないのは責任回避の口実」とユマル氏は述べました。
ユマル議員は認めましたが、「この政策」は予算手続きを遅らせている。他の議員は「苦渋の選択」をさせるこの予算承認に躊躇している、とユマル議員は述べました。
CNMI憲法下では、現状の予算は−「継続決議」として知られている−新政策が法律となるまで、事実上まだ残されたままとなります。10年前に経済不況が始まってから、現行の知事と二人の前任者はそれぞれ1予算を制定しただけです。1998年度、2002年度、2006年度の年度予算立法。

「誰が被害を被るのか?」

「これは赤字支出の合法化である」とホフシュナイダー下院議員は金曜日の別のインタビューで「そして誰が被害を被るのか?島民、納税者、政府業者、事業者−経済」と述べました。
更に彼らの仕事を複雑にする。とサブラン下院議員は水曜日、知事の「問題の多い傲慢」であると述べています。
「彼は決算予算を提出しなかった」とユマル議員は述べ「彼は9月10日に$168ミリオンの予算を移したが、2日後、彼は、$8.6ミリオンの不一致の新たな詳細説明なしで我々に$160.1ミリオンの予算提案を送ってきた。また、それは、なぜ我々が未だにドラフト法案に関わっているかのもうひとつの理由である。我々は彼の計算の訂正を行っており、我々の数学力を確かめている。また、その後、私が法案を提出する前に、メンバーによる見直しが残っている」としています。
ユマル議員は今週、このドラフトが最終案として提出されると考えています。
彼によると、この彼らの法案では、$1.7ミリオンがタバコ・コントロール、$2ミリオンが固形物廃棄プログラム、$450,000が国外追放資金に当てらるとのことです。
法律の下、これらの資金は3項目に当てられるはずですが、前立法議会はこの予定を一時中断して、知事に予算管理を任せました。
「彼は我々にこの予定中断の継続を求めている。−彼は資金保留を望んでいるが、我々は、今回予算残高を得ることで拒否を表している」とユマル議員。
ホッコック氏とホフシュナイダー氏と同様に、ユマル氏は各年度の新予算通過が誤りであれば、政府に公的資金を使用することを認めるべきではないとしています。
ホフシュナイダー氏によると、CNMI憲法は「無予算、無支出」規則を盛り込む修正を行うべきとしています。同時にユマル氏はPlanning and Budgeting法を修正することでそれができると考えています。
サブラン氏の見解では、立法議員は「Planning and Budgeting法に定められた期限を守れなかった場合は意義のあるペナルティーを実行すべきで、最低限、立法議員、知事、副知事は最終予算が通過されるまでは給与支給されるべきではない」としています。

支出過多(Overspending)

ホフシュナイダー氏によると、CNMIは「予算決定なしでこれ以上は進めない−新予算が通過しなければ遂行はできない」としています。
更に彼は、「政府は予算なしの支出が多い−たとえその収入がそのレベル以下であるとしても、時間$75,000が使用されている」と述べました。
危機的公務は「すでに苦しんでいる」と彼は言っています。
「我々は解決を与えねばならず、基本的サービスを保護するための強固な決断を下さねばならない」とホフシュナイダー氏は述べました。
ホッコック氏は同意しています。「我々は新予算を通し、左右の支出を止める必要がある」と同氏は述べ、「しかし、いくつかの資金財源が政府行政によって隠されていることを知り、がっかりさせられている」としています。
ホッコック氏によると、フィッテイェル知事の提案は、知事と副知事の「その他全て」の会計が予算付けされていないとのことです。
「信じられますか?」とホッコック氏は「彼らの予算はゼロということであるが、他の項目のいくつかを見れば、Office of the Management and Budgetでは、たとえば、そこには$1ミリオンとなっています。−なぜ?なんにために?買収(賄賂)資金があるのか?」と尋ねています。
同氏によると、議会は「行政と協調していくことを望んでいるが、彼らは我々に本当の算出を用意せねばならない。−彼らは我々に真実を伝えるべき」としています。
ホフシュナイダー氏は、行政と議会は多少の違いがある述べ、「しかし、それは我々が前に進めることができず、何もすべきではないという意味ではない。島民は疲れ、失望し傷ついている。我々は彼らの苦難を救済する必要がある。彼らは我々に旧態依然とした行為を望んでいない。彼らは我々に口論を望んでいない。−彼らは我々に違いがあったとしても共に立ち向かい、正道を行うことを望んでいる。彼らは問題を増やすことではなく解決を望んでいる」としています。
ホッコック氏は、立法議員は「継続した公務の遂行を確かにするために行政を支援するのだが、彼らは我々に真実を語らない。彼らはこの「かくれんぼ」遊びをやめるべきである」と述べました。
ホフシュナイダー氏には、ことわざにあるように、「ボールは議会のコートの中にある−しかし、我々はそれをまだ拾えずにいて、動かねばならない。島民はこの長いトンネルの出口に光を求めている」と述べています。

○ ダンダンで停電5時間
昨日、ダンダン住民は5時間の停電に遭いました。
CUCトラブル・デスクでは、錆びた支柱の留め金が原因で第二電力ラインが故障したとしています。

○ CHCが医師を追いやるモラルの低さ
金曜日にDPHによって公開されたドラフト調査書によると、CHCの医療スタッフの全体の低士気は乏しいとのことです。
パブリック・ヘルス職員は下院Health, Education and Welfare委員会と会って、デパートメントの問題について話し合いました。この会談には、コモンウェルスの病院だけが資格ある医師のリクルートと保有の困難が含まれています。
レイモンド・D.パラシウス下院議員(コビナント党サイパン)は、どうすればパブリック・ヘルスの助となるかを知りたいと述べました。
パブリック・ヘルス局長のジョセフ・ケビン・ビラゴメズ氏と他のCHC職員がこの会議に出席しました。
ヘルスケア顧問ドナルド・バーダー氏によって準備されたこの報告書ドラフトは、この会議で立法議員に説明されました。
この報告書はCUCの医師保持が近年より困難になっており、「この事例は継続している」と指摘しました。
ヘルス・コンサルティング・レポートは、ヒューマン・リソースに関わる問題としてCHC医師のモラルは「とても低い」と述べています。
更に、医師は彼らの価値、あるいは優先順位格付けを感じていないと報告しています。

○ 他のビジネス閉鎖
CNMIで唯一のオーストラリア・ビールとワインの配給元が、14年の島のビジネスに終止符を打ち、今月閉業します。これは島の経済不況と米ドルの安値が重なったことに原因があります。
Wine Cellar のマネージャーHeinz Staffler氏によると、創設者でオーナーの日本人ビジネスマンは、ホテル、レストラン、バーからの注文の減少から営業停止を決意したと言っています。
同氏によると、オーナーはまた、オーストラリア貨幣に対する米ドルの価値低下についても懸念したとのことです。
「我々のビジネスは50%まで落ち込んだ」とStaffler氏は述べ、「もうひとつの大きな要因はオーストラリア・ドルが米ドルに対し30%まで増し、利益が得られないくなった」としています。

○ 連邦化法案の通過遅れは、通過されないという意味ではない
米上院エネルギー&自然資源委員会のコミュニケーション・ディレクター、Bill Wicker氏によると、CNMIを連邦イミグレーション法に拡張する下院議会の政策通過は、単に停滞しているだけで停止したわけではないとしています。
フィッテイェル知事は先週、この法案通過に反対を、上院委員会の前で証言するためカリフォルニア経由でワシントンに向かいました。

○ CUC、民間事業体に$600Kの貸し
匿名の民間事業体はCUCへの負債約$600,000があるにもかかわらず、継続して電気供給サービスを受けています。
CUCのアンソニー・ゲレロ氏は、この事業者は電気料金の支払い清算計画に合意しており、供給停止はしていないと言っています。
「彼らのクレジットに対し、彼らは支払い計画の上での合意に応諾している」とゲレロ氏は下院議会との最近の会議で伝えました。
2008年度予算案で、財政難のCUCの焦げ付き負債額は$3.18ミリオンと報告されています。
CNMI政府はCUCに100万ドルの負債がありますが、両者は調停合意しています。
多数の利用者住民が未払いのため、彼らの電力供給を停止されています。前議会はこれらの人々を支援する法制定を行いこれを知事が否決しましたが、この法案は電力停止費用を$75から$60に削減する規則を制定しています。