サイパン2月27日(水)


カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年2月
         
27  

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:21
昨日:64
累計:660,632


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年02月27日(Wed)
< サイパン2月25日(月) < サイパン2月26日(火) | サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 | サイパン2月28日(木) > サイパン2月29日(金)
サイパン2月27日(水)

○ 財務専門家「NMI政府は満足いくものではない」
財務専門家は昨日、立法議員たちに、CNMI政府の財務能力は2006年9月までの年度末決算を基に満足いくものではなかったと伝えました。
Crawford & Associates P.C.のFrank Crawford氏は、「パフォーメーター」を使った財務評価を発表しました。彼は、政府の財務諸表と財務能力を有効で理解できる評価に改造すると述べました。
「原資産での減少、総合資金の資金赤字収支、年金プラン基金苦悩、その不十分な現状と迅速な比率などが、低い表示度数が続く主要な原因となっている」とCrawford氏は述べ、CNMIは現在の年度収益より多い経費が生じたとしています。
同氏によると「重要な赤字部分、$136.4ミリオンは年金リベートと他の職員の手当て補償に関連している」とのことです。
減価償却の対象となる資本資産額は$302.4ミリオンで、累計減価償却額は$125ミリオンです。これは、平均でCNMIの資本資産が59%の有効存続することを示しています。

○ 縫製工場従業員、シャワー中に刺される
縫製工場の30歳女性従業員が日曜日夜、アフテナの従業員寮の中でシャワーを使用中に男性によって刺され、首と背骨に傷を負って昏倒しました。
当局によると、被害者は体の左側からつま先−両足−に三箇所の刺し傷によって麻痺させられたとのことです。
傷のひとつは左襟首部分、もうひとつは右側の首、同じく三番目の刺し傷は骨の間のクッションを裂き、貫通して骨髄に入りました。
被告はJohn Vincent M. Namauleg、36歳と公表されました。
彼は木曜日夜、アフテナ地区で、殺人、脅迫、暴行、凶器による暴行、法廷侮辱罪などで逮捕されました。
Namauleg被告は彼の前訴訟−小切手盗用と窃盗で、2月21日に保釈金を納めての保釈中でした。
送被告は昨日朝、高等裁判所のデヴィッド・A.ワイズマン判事の前に保釈審査のため連行されました。
ジャン・サントス警部によって法廷に提出された供述書では、この刺傷事件はUno Moda縫製工場の寮で日曜日の午後9時30分、警察に通報があったと表明されています。
同調書では、通報を受けた警察官が現場に到着した時、被害者の首には未だナイフが刺さっていたとのことです。
友人が被害者の首を抑え、他の数名によって木の板で運び出されました。
被害者は病院に運ばれ、担当医師によってナイフが取り除かれました。
被害者は彼女の寮の中でシャワー中にNamauleg被告に襲われたと、供述書に表されています。
被害者のルームメイトは外に居て、彼女の悲鳴を聞いたとのことです。
ルームメイトが駆けつけると、上半身裸でショートパンツ姿のNamauleg被告が床に横たわっていた被害者の上に座っていたとのことです。
目撃者が助けを求め叫ぶと、Namauleg被告は逃げ出そうとしました。
Namauleg被告は、月曜日、病院で警察からの写真による照会で、目撃者と被害者自身によって身元確認がなされました。
Namauleg被告は2月9日、Neo Fashion縫製工場所有の小切手を盗み、他人のIDを使い現金化した小切手盗用と窃盗で逮捕されました。
同被告は2月25日の罪状認否で容疑を否認しました。
Namauleg被告は昨日、本件での協議のため出廷するはずでした。

○ トレス氏、オイル事業者は燃料価格の高騰の説明をするべきと言及
PUTCC(Public Utilities, Telecommunications and Communications Committe)の委員長は、燃料価格値上げの決定についての説明のため、島のオイル事業者2社を再び招聘すると言っています。
スタンレー・T.トレス下院議員(共和党サイパン)は、モービル・オイル・マリアナ・アイランドとシェル・マリアナスによって課された価格値上げが捜査されるべきであると述べました。
「人々は傷ついている」とトレス議員は述べ、「私は彼らを監督聴聞に招きます。もし、彼らが来ないようであれば、彼らを召喚します。議会は召喚状を発する権力がある」としています。
トレス議員によると彼の知る限りでは、オイル事業者2社が1月25日に輸入した燃料はすべて消費されていないことが彼の事務所に届いている報告書に示されたとしています。
「私の質問は、なぜ、原油価格が1バーレル$100に達する前に注文された彼らの貯蔵が燃料価格の値上げとなったのかである」とトレス氏。
「彼らは何をしようとしているのか?彼らはすでにミリオンの利益を得ている」と同氏は付け加えました。

○ マングローニャ氏、ロタ、テニアンに票の集計を求める
ポール・A.マングローニャ上院議員は、選挙日でのロタとテニアンの票の集計と同日の不在票一覧表を認めるよう議会に提案しています。
現在は、ロタとテニアンの票は全てのCNMI投票が集計されるところから持ち込まれています。
「我々はロタ、テニアンの人たちが、島の当選者を知るために、彼らの投票がサイパンで集計されるまで待つ不安を与えたくない」と同氏。

○ タスク・フォース、ツーリズムを創出
商務局長のEd Villagomez氏によると、異なった官民機関で構成された、サイパンにおけるビジネス友好環境を促進する目的の、特別ツーリズム・タスク・フォースが創出されています。
同氏によると、これら機関は、労働局、財務局、税務局、観光局、CRM、DPS船舶安全ユニット、ツアーオペレーター、議会メンバー、特にエド・サラス下院議員(共和党サイパン)とティナ・サブラン(無所属サイパン)は下院議会商業&観光委員会のメンバーです。
「ツーリズムは島の経済のバックボーンであり、全てのツアーオペレーターは、全てのビジネスが法的に公平に運営される同レベルで働かねばならない」とビラゴメズ氏は述べました。
同氏によると、ツーリズム・タスクフォースは、特に観光に関連する島の事業経営を見つめ、異なった機関とのコミュニケーションを定期的に維持し、観光客誘致を図るだけではなく投資家も増やすことを目的とするとのことです。
このタスクフォースは少なくとも月2回のミーティングを予定しています。

○ 外国人農夫が気づかぬまま不法な殺虫剤を持ち込んだ可能性がある
サイパン中国人教会の元会長のTa Bun Kuy氏によると、もし、外国人労働者が非認可の殺虫剤をCNMIに持ち込んでいるとすれば、彼らはたぶん検疫法による禁止事項を誤って解釈しているとしています。
同氏は、農夫が、特に中国人は使用が制限されている殺虫剤を知らずにいるとのことです。
「農夫はたぶん中国で使った殺虫剤を安易に使用していると思われる−彼らはその製品を知っており、その使用には詳しい」と同氏は述べ、中国あるいはフィリピンからの殺虫剤は米国からのものに比べて大変安価であると記しました。
また、同氏はDEQと税関は中国からの輸入を調査すべきとしています。
政府機関もまた、制限された殺虫剤に関する情報を発信をすべきであるとして、同氏はまた、サイパンの中国人社会が、非認可の殺虫剤を使用しているいかなる中国人農夫に気づいているかどうか、否定も確認もしていないとしています。

○ 男性と女性が怠慢と損害でPICを告訴
1組の男女が、昨年のチャラン・ラウラウでの衝突事故で怪我を負った時の、過失と損害でPICとその従業員を訴えています。
Arturo Montecillo氏とVioleta Guiao氏は、弁護士Joey Patrick San Nicolas氏とVictorino DLG. Torres氏を通じて、PICとその従業員Bartolome C. Baysauli氏を過失と損害で告訴しました。
テニアン在住の原告は、法廷で証明される額の経済的、非経済的損害、特別損害、身体損傷への医療費、収入損失、特殊損害賠償を求めています。
訴状によると、2007年9月29日、Guiao氏がMontecillo氏を助手席に乗せてグリーン色トヨタ・セダンを運転していたとのことです。
原告はチャラン・ラウラウのハイウェイを走行中、Baysauli氏の運転するPIC所有の2003年モデル・トヨタ社製シルバーが原告の走行車線に侵入してきたとしています。
訴状によれば、原告は「被告の車が警告なしに原告の運転する車線に進入してきて、避けることが出来なかった」と被告は主張しています。

○ 労働局チーム、本日、立法議員と面会
労働局職員は本日、論争中のパブリック法15-108の新規則開始に関する質問に明確な答えをするため、立法議員との会談が予定されています。
労働局のGil San Nicolas局長は昨日、彼のディレクターや他の職員たちと会い、今朝下院議員との会談するチームを編成しました。
このチームは労働局副局長Cinta M. Kaipat氏によって編成されます。

○ 雇用主、現地人求職者を阻まぬよう警告
労働局雇用サービス&トレーニングは昨日、雇用主に、新聞での求人広告に応募する現地人労働者を阻まぬよう警告しました。
同局の課長Alfred Pangelinan氏はインタビューで、米国籍者あるいは永住者から、就職の申し出を行うとすでにその職がふさがっているとの返答を得るという報告を受けていると話しています。
彼らは会社に就職申請をすると必ず、雇用主はそのポジションはすでに埋まったと伝えられると述べています。
「私は、申請者からの申し出に対し、雇用主は彼らの資格について明確に見極めるよう望む」とパンゲリナン氏は述べ、外国人労働者の雇用を目論んでいるために、雇用主は、これら現地人申請者に、空職がないために彼らの就職に応じることができないとは言えないとしています。
更に彼は、これは、米国籍者あるいは永住者が就職する際、優先権が認められているパブリック法15-108に違反していると述べました。
同氏によると、雇用主が外国人労働者を雇用する前に、彼らが取った現地人の申請に関する行動を労働局に通知させるとしています。
He said employers will have to inform Labor the actions they taken regarding the

○ 女性、2月14日から行方不明
40歳の女性が、コブラ地区に住む関係者の元をストアに買い物に行くと出たまま、1週間以上行方がわからなくなっています。
DPSによると、Rosalia Theresa Mettao Galangさんがバレンタインズ・デーから行方不明の届けが出されています。
当局によると、Galangさんの家族が警察に連絡したのは2月19日の午後9時35分であったとのことです。
Galangさんはコブラの関係者の家で子守をしており、彼女が最後に目撃されたのは2月14日だそうです。
初期捜査では、Galangさんは同日、彼女の夫を呼び、ストアに何かを買いに行くと伝えました。
夫はコブラ在住の家族からGalangさんが戻っていないことを知らされました。
DPSではGalangさんに関する情報を求めています。
Criminal Investigation Bureau at 664-9042 or 664-9055 or at 287-9103.

○ 通路で滑った女性、ハイアットを訴える
昨年のアメリカン・レッド・クロスのイベントに出席しているときに、通路で滑って転び怪我をした女性が、ハイアット・リージェンシー・ホテルSaipan Portopia Hotel Corpを相手取って訴えを起こしました。
Victorino DLG Torres弁護士は、Lili Cepeda として知られるYu Feng Cepeda氏と夫のJesus S. Cepeda氏を代表して、高等裁判所に被告に対する夫婦共同利益訴訟と過失の訴えを起こしています。
訴状によると、Cepeda夫人は2007年10月13日、アメリカン・レッド・クロス「クラブ200」のイベントに同ホテルに行ったとされています。
イベント終了前に彼女と、彼女の友人たちは退出を決めました。
彼女はホテルの正面北側に位置する駐車場に続く通路を進みました。
彼女の訴えでは、セペダ夫人は通路を使用中に滑り「激しく地面に転び、ショックと共に怪我を負い、さらにトラウマ、経済的、非経済的損傷と深刻な身体的怪我を負った」としています。
同訴状では更に、被告は「通路の安全維持に対する過失、適切な照明設備、不安定な坂、適切なデザインの不備、危険な状況であることへの警告サインなどを怠っていた」としています。

○ 自動車セールス、2007年度19%ダウン
コモンウェルス・オート・ディラーズ協会によると、CNMIの自動車セールスは2006年度の1,352台に比べ、昨年はわずか1,101台と19%の減でした。
2007年度のCNMIにおける社別シェアでは、トヨタ社が依然として42.88%のマーケット・シェアを占めています。
昨年のトップ10は、トヨタ、マツダ、日産、フォード、ヒュンダイ、ホンダ、キア、三菱、シボレー、スズキの順でした。

○ 上院議員、連邦化フォーラム開催予定
上院議長のピート・P.レジス氏は月曜日、もし、連邦下院が連邦化条項を決定しなければ、上院は、この問題に関する現地住民の意見を聞くためのフォーラムを開くことを伝えました。
「我々は(米下院)に、フォーラムを開催するため、その行動を遅らせるよう求めている」とレジス氏は述べました。
「我々は何を行うか、我々自身に中で討議する時間が無い」と彼は述べ、「これはCNMI経済に影響を及ぼす重要な議事で、我々はこの法令を正しい方向で進める必要がある」としています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存