サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/01/04

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年1月
    4
   

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:61
昨日:47
累計:652,901


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年01月04日(Fri)▲ページの先頭へ
サイパン1月4日(金)

いよいよ日本では今日から仕事始めとなるようですが、CNMIサイパンも年末年始の忙しさも収束していくように見受けられます。
今年は関空便復活で多少は観光客の増員が見込まれますが、せめてもう一便、成田から飛んで欲しいというのが島民の願いではないでしょうか。

ということで、本日もマイナー記事ばかりですが、新聞からのニュースをお伝えしていきましょう。

○ レジス氏「数」確保
上院議員の二番目の年長議員が新議長になりそうです。
議員総会は昨日開催され、上院副議長のピート・P.レジス議員は他の4名のメンバーの支援を確保しました。
上院議員メンバーは9名です。
レジス氏は、サイパン民主党のマリア・T.パンゲリナン議員とロタ共和党のポール・A.マングローニャ議員、パターノ・S.ホコッグ議員、同じくコビナント党のフェリックス・T.メンディオラ議員によって後援されています。
レジス議員は昨日の電話インタビューで、「私は数を得たと思う。また、今日のミーティングは他のメンバーの支援の再是認である」と述べました。
現在のフロア・リーダーのメンディオラ議員は次期副議長、同時に前上院議長で最年長国会議員マングローニャ氏は新フロア・リーダーとなります。以前の国会議会でも同ポジションに就きました。
パンゲリナン議員は依然として国会書記となります。
1998年以来サイパンからの初めての上院議長となるレジス議員は、上院の「マイノリティ・ブロック」は求めたくはないと述べました。
同氏は、全ての委員会は全てのメンバーに行き渡らせるとしています。
「特にこの不明瞭な経済時期において、私は今議会(国会)にチームとして声を合わせ、ひとつの指標で議会運営を望んでいる」とレジス氏は述べました。
現在の上院議長、テニアン・コビナント党のジョセフ・M.メンディオラ議員は昨日、コメントは差し控えました。

○ スポンサー・シップを企んだ雇用主と従業員に労働局は制裁措置
ゲスト・ワーカーと彼女の雇用主は、スポンサー・シップの企みが労働局によって判明し、制裁措置が与えられました。
2004年12月に1年間の就業契約の認可を得たLu Jianpingは、2005年10月25日に彼女の仕事を提供しなかったとしてJavili General Partnershipを提訴しました。
しかし、Yu Feng Cepeda によって代行されたYJC Auto Shopを営むJaviliは、Luに仕事はあったが彼女は仕事の報告をしなかったと訴えました。
LuはJaviliに、彼女の就業申請手続きに$1,200を支払ったと述べました。
2007年8月30日、Luの雇用主になるはずであったJaviliは、彼女の欠勤を報告し、彼女の契約打ち切りを求めました。
聴聞官Herbert D. Soll氏は行政命令の中で、彼らの訴えを提出する前に彼らが行ったことは、両者に起こりそうもないことであると記しました。
同聴取官によるとJaviliは、従業員になるはずであった彼女の雇用責任を全うしないことを訴えるため7ヶ月待ちました。同時にLuは仕事を与えられていない訴えを9ヶ月待ちました。
Soll氏によれば、労働局は「当事者の間の関係は雇用契約の範囲外であったが、計画された不労「スポンサー・シップ」であると判断しました。
同聴取官は、Luは島での実際の就業を目的とせず、外国人労働者のパーミットを取得する約束で入国したとしています。
加えて、Javili とYu Feng Cepedaは、この申請で表された彼女の仕事を与える意図は無くLuの雇用を申請しました。
労働局によると、Luは損害賠償を与えられることはなく、Javili General Partnershipの経費で彼女の出国航空券を受け取り、10日以内にコモンウェルスを出国させられます。この命令はまた、Javiliは新規外国人労働者の雇用を1年間認められないとしています。

○ プエルト・リコで男性の死体発見
プエルト・リコに駐車してあった自動車の中で38歳男性の遺体が見つかりました。
DPSスポークスマンLei Ogumoro氏によると、Gu Han Sohn 氏の遺体が12月30日にトヨタ社製ベージュ色カムリの中で見つかったとしています。
DPSによると、警察がプエルト・リコに駆けつけたところ、元フラミンゴ・ビルのリサイクリング・タイヤ・ショップの北側で放置された自動車を見つけたとのことです。
この遺体は自動車から引き出されCHCに搬送されました。
FBI (Federal Bureau of Investigation)、DEA (Drug Enforcement Agency)、CIB(Criminal Investigation Bureau)の各機関がこの事件の捜査を始めました。
DPSでは当初、殺人事件として分類されましたが、医療検死医Aurelio Espinolaによる解剖結果から「死因は窒息死で、自殺の可能性が高い」としています。

○ パラシウス氏、カバー・オーバー資金での法的見解を求める
下院議会マイノリティ・リーダーと今期議長となるアーノルド・パラシウス氏は昨日、退陣するリーダーシップに、この問題に関する「勘違い」を指して、カバー・オーバー資金の特殊使用を明確にすることを求めました。
昨日の審議でパラシウス氏は、サイパン・コビナント党のオスカー・M.ババウタ議長に
下院議会弁護士の意見を尋ねるよう求めました。
サイパン共和党のパラシウス氏は先立って、2000年度から停滞している納税者への還付金支払いに、そのほとんどが当てられた政府の$26.4ミリオンの配布について質問しました。
同氏によると、この資金は収入として取り扱われ、特殊充当には議会に報告がなされるべきであるとしています。
しかし、財務局長Eloy Inos氏は、税還付金支払いが義務付けられた憲法上の命令であると指摘しました。
「私の主張は、その収入が立法上割り当てが義務付けられているかどうかを明確のするためである」とパラシウス氏は述べました。
彼によると、法的見解がこの資金の特殊適用を明確にするであろうとしています。
同氏は法的見解を尊重することを約束しました。
イノス氏は$26.4ミリオンの25%、$5.5ミリオンが総合資金として移行することができるとしています。
パラシウス氏によると、仮に政府が総合資金への移行を決定すれば、PSS(Public School System)、CHC(Commonwealth Health Center)、CUCの燃料費用に分けられるとしています。

○ 前上院議員Cing氏、テニアン・ヘルス・センターの外で倒れる
前上院議員のDavid M. Cing氏は昨日朝、テニアン・ヘルス・センターの前で卒倒し、CHCに航空搬送されました。
同氏の家族、Angie C. FitialさんとRay Cingさんによれば、Cing氏は高熱を出したので、テニアン・ヘルスセンター人事課にサイパンへの輸送を奨めるようCHC医師に促したとしています。
彼らは午後3時55分頃テニアンを出発し、CUCには午後4時20分頃到着しました。

○ 下院、予算案通貨延期、閉鎖討議で時間消耗
下院議会は昨日、政府と議会メンバーによって提起された非常に多くの問題を追って、2008年度予算案の通過を延期しました。
予算案は昨日通過するはずでした。
知事の予算運営特別補佐のトニー・ムーニャ氏と財務局のエロイ・イノス氏は予算審議に立ち会うため議会傍聴席に着いていました。
サイパン・コビナント党のオスカー・M.ババウタ議長は、議事の3つを採択し、昼食のための休会を宣言しました。
1時30分頃に討議が再開されたとき、議長は別の休会宣言をし、継続審議は本日に繰り越されました。
昨日の午後5時30分、ババウタ氏は未だメンバーは「詳細を審議している」と述べました。
下院マイノリティ・リーダーのサイパン共和党アーノルド・パラシウス氏は、予算案のすべての詳細を注意深く検討する必要があると述べました。

○ タオタオ・タノ、カバー・オーバー調査におけるパラシウス氏の誠意を疑う
タオタオ・タノCNMI協会のグレッグ・クルズ会長は、カバー・オーバーの中の政府の支出金$26.4ミリオンへの追求で、アーノルド・I.パラシウス下院議員の誠意を疑っています。
サイパン共和党のパラシウス議員は、クルズ氏の最新の書簡を見ていないとして、コメントできないとしています。
クルズ氏は当初、議会の割り当て無く税還付のための資金を開放するフィッテイェル知事の権限を問い質す、パラシウス氏の決定に支援するとしていました。
昨日の議会審議の中で、パラシウス氏は納税者への還付金支払いのための政府の決定を尊重するとのべましたが、加えて「カバー・オーバー金の割り当てに対する議会の役割は何か」を知りたいとしました。
クルズ氏は彼の書簡の中で、パラシウス氏は「強固な解答を示す」べきであると述べています。
同氏は、パラシウス氏が今行っていることは「政府の指導者会議の中に持ち込まれれば、別の意味のない問題となるであろう」と述べました。
フィッテイェル知事がパブリック法15-94を覆して電気料金の非常事態宣言を行ったとき、パラシウス氏はまた、知事の権限について問い質しましたが、後に「この問題を残したまま、この問題点は何も変わることが無かった」と記しています。
クルズ氏によると、パラシウス氏は未だP.L. 15-94が未だ法律であると考えているのか知りたいとしています。
「下院議員は追及しておらず、この法律15-94は議席を取り戻すための選挙活動であったことは明瞭である」とクルズ氏はパラシウスに尋ねました。
更にクルズ氏は、議会は誠意と高潔を持って新しい年を始めるべきとしています。

○ 木枝が原因で停電
堅い木の枝の落下で、水曜日夜から昨日朝まで3時間にわたって停電しました。
CUCスポークスマンのパメラ・マティス氏は昨日の電話インタビューで、昨夜午後10時15分、MGM縫製工場前の木の枝がチャラン・ピアオの高圧線の上に落ちたとしています。この事故で、チャラン・キザ地区の3箇所の送電盤が停止されました。
CUCの作業員は修理に向かい、午前1時15分送電は再開されました。
今年初めての大きな停電となりました。

○ 2007年度自動車の販売台数急降下
Commonwealth Auto Dealers Associationからの最新集計は、年間自動車販売台数が2006年度の999台から前年は632台と36.74%の減少を示しています。
2007年度のCADA集計では、1997年から悪化し始めた北マリアナでの販売数は最低値となっています。