サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/01/19

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年1月
   
19
   

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:37
昨日:73
累計:656,225


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年01月19日(Sat)▲ページの先頭へ
サイパン1月19日(土)

本日はサイパン・トリビューン紙土曜版からのご紹介です。
今日は特に大きな記事はありませんでした。
興味深いのは、明日、CNMI連邦化に向けて、賛成派と反対派が集会を行うというもので、マーティン・ルーサー・キング牧師の「人権運動」に重ねて、両者の言い分が一般に広くアピールされます。
タオタオ・タノの現地住民グループは自動車によるパレードを予定しており、その後はBBQパーティというのもサイパンらしい集会だと思います。

○ 「連邦化」反対派、賛成派、日曜日に活動予定
イミグレーション連邦化の支援者はアメリカン・メモリアル・パークの清掃を行います。同時に反連邦化グループは明日平和的集会を予定しています。
12月7日のデモ行進を組織したグループは昨日、日曜日の午前9時から午後まで、ナショナル・パークの清掃を行います。
同グループによると、このイベントはマーティン・ルーサー・キングのメッセージである、非暴力と社会正義を広めるための40日間の活動「キング・デイ・オブ・サービス」の一環であるとしています。
「2007年12月7日のデモ集会の指導者たちは、日曜日の奉仕活動に参加することによって、ユニティ・マーチの理想と原理活動を継続し、全ての国籍、文化背景、宗教、職業を問わず、コミュニティの全てのメンバーの参加を呼びかけています」とユニティ・ムーブメントは新聞で声明を述べています。
「この清掃(クリーンアップ)は、マーティン・ルーサー・キング・デイのために準備されたもので、このウィークを迎えるために公共公園での楽しみを広げるためのものです」と同グループは付け加えました。
このユニティ・ムーブメントはまた、マーティン・ルーサー・キング・デイ記念の中のアフリカン−アメリカン文化保存委員会によって組織された活動の一般参加も促しています。
特に、労働者とコミュニティ・メンバーは、アメリカン・メモリアル・パーク野外公会堂での基調演説の後、続いて行われるミニ・マーチ(小規模行進)に参加するよう励まされました。
マーチの指導と集会は3時のミニ・マーチに従って、同公園の駐車場エリアで午後2時30分に始まります。この基調演説プログラムは、ハワイ大学のキャサリン・タカラ博士を迎えて、同公園の野外公会堂で午後4時30分に開催されます。
「全てのユニティ・ムーブメント(団結運動)が支援する組織と個人は、このイベントへの参加に熱中しています。キング博士の理想である、あらゆるものへの非暴力、公平、正義に我々約束を再び主張するために参加して下さい」とオーガーナイザーは述べました。
タオタオ・タノ・シチズン・グループは一方で、政治的グループと他の現地コミュニティ・グループと共に、議会のCNMIイミグレーション連邦化に反対を示すため、日曜日に集会を行います。
オーガナイザーは、この集会は「CNMIの外国人労働者人口の政治的活動が、改善されたイミグレーション・ステイタスを確実にするための熱烈な叫び」に答えるものであると言っています。
参加者は、ビーチロードのクリスト・レイ教会を横切ったガラパン・フィッシング・ベースに午前10時に集合します。自動車パレードは午前11時に始まり、フィッシング・ベースでバーベキューと持ち寄りの昼食会が催されます。
「我々CNMI住民の圧倒的多数が連邦化には強く反対しています。しかし、彼らは彼らの見解を明らかにせず、発言していません」とタオタオ・タノ会長で、シチズングループの代表グレゴリオ・クルズ氏は述べ「このイベントは、抗議を除く連邦化反対に集う我々全ての住民の機会である」としています。
同氏は、CNMI住民は連邦化反対を掲げ「CNMIの経済と現地自治政府の偉大なる脅威」を叫ぶべきであるとしています。

○ 縫製理事の期限延長
連邦裁判所は、縫製産業に対する訴訟で残っている$2ミリオン以上の配給執行を実施するため、縫製監督理事会の期間を再び延長しています。
NMI連邦地方裁判所Alex R. Munson主席判事は、配給計画と和解調停に従って、全ての残された資金の配給を受け取る命令の中で、2008年7月31日まで理事の期間を延長させる命令を下しました。
もともとの理事の期間は2007年7月29日まででした。裁判所はこれを2007年12月31日まで延長、そして今回再び、2008年3月21日まで延長しました。

○ 労働局、元クラブ・タブーのオーナーの資格剥奪
労働局はクラブ・タブーを所有していた会社に対し、労働訴訟での和解合意不履行で外国人労働者の雇用を禁じました。
労働局聴聞管理官Jerry Cody氏は、Pacific Belle Inc.のコモンウェルスでの外国籍労働者の雇用資格を剥奪しました。
同社は、従業員の賃金未払いによる労働訴訟による和解合意によって、賠償金の支払いを命じられましたが、この合意内容を履行しなかったため労働局から資格剥奪を受けました。