サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/01/22

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年1月
   
22
   

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:49
昨日:43
累計:649,136


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年01月22日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン1月22日(火)

本日火曜日の新聞は記事数が多かったので、バラエティ紙を中心にご紹介します。
また、現在PTIサーバーの調子が悪いようで、アップロードに時間がかかってしまうので、その他の記事は、追って掲載させて頂きます。
今日のトピックスでは、日本人の経営者の方々のコメントが載っていて興味深かったです。これはシリーズとして取材をしていくようです。

○ 何故彼らはここに来て、何故去っていくのか
(シリーズ1.)
−青い海、青い空、白い砂−日本人投資家と観光客をCNMIに引きつけた日本人のトロピカル・アイランドの魅力とその美的感覚、また、コモンウェルスの経済問題が悪化しているにもかかわらず、依然として多数の日本人ビジネスがここに残る主な理由がそこにあります。
バラエティ紙によってインタビューされた日本人投資家によると、根本的に彼らの同国人の需要を満たすためにCNMIに来たとしています。
ニッコー・ホテル・サイパンの総支配人で取締役副社長のヒデオ・ニシゴオリ氏によると、日本人観光客をひきつける島の可能性から、1988年にサイパンでの投資を決定したと述べています。
同社は、適切な場所に建設されることを確実にするため、サイパンでのホテル建設に先立つ3年から4年の計画を描きました。
同氏によれば、彼は未だ島の自然環境が日本人観光客を引き付けていると信じているとしています。
「日本人はトロピカル観光地を求めているというイメージがあります」と同氏は述べ、更に、同氏のホテル・ビジネスは1996年まで「大変良かった」とニシゴオリ氏は思い起こしました。
最近、CNMIから「退出」する最新の日本人投資家のホテル・ニッコーがUMDAに取得されたと発表がありました。
ガラパンのキンパチ・レストランのオーナー、ミサコ・カマタ氏は、1980年に彼女の両親が開業したことを思い起こしています。当時はガラパン地区のビジネスは非常に少なかったとしています。
「とても静かだった」と彼女は述べました。
彼らは、島のトロピカル・ビューティが日本人観光客を魅了することを知って、サイパンに投資しました。
グアムでの生活経験があった彼女の両親は、サイパンも同様にビジネスが行えると信じました。
彼女によると、当時はわずか3〜4軒のレストランがあっただけで、毎日の売り上げは「大したこと」はなかったとしています。
「売り上げが$100か$200あったら、それで十分幸せでした」と彼女は語っています。
しかし、彼らのビジネスは年毎に良くなり、1990年初期にはピークを迎えました。
2001年に米国が攻撃された911の前でさえ、日本経済は「悪い時期」を迎えていたため「彼らのビジネスはすでに「落ちこんでいっていった」と彼女は述べました。
彼女によると、日本経済は、後に破裂するためだけの泡のような急成長をしたとしています。
鳥秀のオーナー、ヒデオ・ミヤザワ氏は、サイパンでレストランを開業したとき、異なったモチベーションを持っていました。
彼は、島に来る日本人観光客が欠乏したため、2001年10月にサイパンでのレストラン経営に投資したとしています。
911テロが日本人ツーリストを怖がらせたことで、彼はローカル住民を対象にした真の日本料理店を思いつきました。
彼がこのレストランを開業したとき、すでに島には多数の日本人がいたと言っています。
しかし、鳥秀のメニューとサービスは、サイパンを訪れる日本人観光客の減少にも関わらず、ビジネスの存続が許されるものと彼は信じていました。
ミヤザワ氏は、ローカル住民の味を分析し取り込み、現地風な日本料理を用意することを学んだと述べました。
彼は現地の食べ物もまた提供していると述べています。
彼は彼のレストランが、日本人ツーリストよりも現地人の中で一般的であると思っています。
経済は悪化していると彼は述べ、しかし、彼のレストランはローカル・マーケットに未だ頼ることができると述べています。
「もし、私が日本人観光客を当てにしていたならば、生き残れなかっただろう」とミヤザワ氏は述べ、「現地の味にしたことが幸いした」としています。
1997年に横浜おかだやストアの総支配人としてサイパンに来たミヤザワ氏は、サイパンに美しさ、特にそのラグーンが日本人を島に呼び寄せていると述べました。
(つづく)

○ タオタオ・タノ集会は混じったリアクションを導いた
日曜日、Taotao Tano CNMI Association Inc.によって導かれた自動車パレード集会は、連邦化反対のためなのか、単に「安全に楽しんでいる」かのいずれかによって、コミュニティのメンバーから異なったリアクションを導きました。
これら連邦化反対は、このイベントと最終的にひとつの声を上げた現地住民を讃えると同時に、「千人以上」がタオタオ・タノのリーダー、グレッグ・クルズ氏による抗議で参加したかどうか疑っています。
ディエゴ・T.ベナベンテ下院議員(共和党サイパン)は、集会は「大変な成功だった」と聞いたと述べ、この活動は自由の表現を祝うものと信ずるとしています。
同氏によると、仮にこの集会が連邦化に反対するものであったとしても、それは平和的秩序の中で催されたもので、連邦政府とのCNMIの関係に影響を与えるものではないとしています。
新たに選出されたサイパン評議員メンバーのレイ・B.カマチョ氏は、このパレードを支援したと述べ、それはこの人手によって感銘を与えたとしました。
これは、連邦下院法案H.R. 3079が法制定された時の「連邦化の影響を、現地住民が解り始めた」ということに他ならないと同氏は述べています。
彼は、その開始が「外国人労働者への大きなクエッション・マーク」になるだろうとしています。
カマチョ氏によれば、ゲストワーカーは、連邦化が彼らのCNMIの滞在と入国を更に制限する意味を持つことを知るであろうとしています。
ティナ・サブラン下院議員(無所属サイパン)と、12月の連邦化への「団結行進」のオーガナイザーのひとりは昨日、いかなる問題に対しても誰もがその見解を表現する権利があると述べました。
「私はこのパレードで表現された見解には同意しないが、一般常識に立って、彼らの意見を持ち、デモを行う権利を尊重する」と彼女は述べました。
昨日はマーティン・ルーサー・キング・デーで、彼女は「我々は市民の権利、表現の自由、集会の自由を祝福しました」と述べ、同時に、フィッテイェル政府の高官がこの集会に参加していたことに驚きはしなかったとしています。また、知事の見解と連邦化におけるタオタオ・タノは同じであるとしています。
連邦労働局オンブズマンのJim Benedetto氏は、別のインタビューで、彼は常に人々が権利を実行することを好んでいるとして、「すばらしいこと」と述べました。
しかしながら、彼はタオタオ・タノ集会に「千人以上」が参加したことが疑わしいと表現しました。
彼は、道路でパレードが通過するときに、このコンボイは76台の車しか数えられなかったと述べています。
同氏によると、もし、二千人がパレードに居たとすれば、1台の車に25人づつ乗っていなければならないとしています。
Stephen Woodruff弁護士と高校教師Ron Hodges氏もまた、タオタオ・タノの抗議を疑っています。
「明らかに二千人はいない」とWoodruff氏、しかし、「この集会が私を当惑させたのは政府高官の参加であり、外国人労働者の訴えを取り扱う上で、彼らは公平無私でいなければならないはずである」としています。
Hodges氏はタオタオ・タノの見込みは「単なるプロパガンダに過ぎない」と述べました。
タオタオ・タノのグレッグ・クルズ氏は、全ての支援者に感謝したいと述べ、特にパレードでの警察官のすばらしい職務に感謝するとしています。

○ 拘置所フード・ケータリング、未解決の論争
デパートメント・オブ・コレクションの所長によると、来週中にオープンする新拘置施設の囚人に誰が食事を提供するか未だ決まっていません。
金曜日のLino S. Tenorioコミッショナーのインタビューでは、フード・ケータリング・サービスに関する問題は未だ解決されていないと述べました。またOPA(Office of the Public Auditor)は未だこの問題にあたっているとしています。
テノリオ氏はOPAの「フィードバック」を待っていると述べています。
「我々は彼らの決定を待っており、もし、決定が下されれば、我々はそれに従います」とコミッショナーは述べました。
テノリオ氏は、DOC(Department of Corrections)のフード・ケータリング契約の入札者のひとつからの抗議を提示していました。
この入札者はDivision of Procurement and Supplyがその抗議を却下した後、OPAに訴えを起こしました。
テノリオ氏によると、「すべての入札者は入札手続きを行う資格があり、DPASの決定を争う権利があるとしています。
先月、Bolis-R-Us Catering のマネージャーTheresita B. Daza氏は、DPASが彼女の入札抗議を却下する決定に訴えを起こしました。
この契約は二番目に低い入札額のMJ Kitchenette & Cateringが獲得しました。
Daza氏は、要求に応諾した入札者は彼女の会社だけだったと訴えました。
テノリオ氏は、フード・サービスは新施設がオープンするときの、熟考すべき事柄の中のひとつに過ぎないと述べました。
同局ではこの施設のオープン準備に23名の新職員を雇用しています。

○ 現地共和党、ブッシュ大統領のNMI訪問を求める
島の共和党代表はブッシュ大統領のCNMI訪問を招聘しています。
後に大統領となる当時の副大統領George H.W. Bush氏と、元大統領ジミー・カーター氏は北マリアナを訪問しています。しかし、もし、Roman “Bo” T. Palacio氏の招待が受け入れられたならば、現在の国民を統率する現職の大統領として初めて島へ足を踏み入れることになります。
同氏は、先週の共和党ナショナル・コミッティのウィンター・ミーティングで大統領に会ったと述べました。
同氏によると、大統領は「ワシントンから1万マイルも離れたコモンウェルスへの訪問の可能性について興奮した様子だったと述べています。
彼は個人的にブッシュ氏と会ったのはこれが初めてではないが、はす機会を得たのは今回が初めてであったとしています。

Palacios described the president as an “exceptionally intelligent, personable person who loves to joke.”

The NMI Republican Partyは、9月にミネアポリスでのナショナル・コンベンションに向けて、2月23日に更に6名の代表を選びます。
この6名は現地党首のトム・パンゲリナン氏とGOPナショナル・コミッティウーマンのメリーロウ・アダ氏と合流します。

○ 労働局は雇用主にゲストワーカーのトランスファーを認めることを奨励
労働局は、雇用申請における書類不足など雇用主の間違いによる、外国人労働者の新たな雇用主へのトランスファーの機会を与えています。
労働局ではまた、当初却下したIgloria D. Buenaventuraをコックとして雇用するSegundo Posadasの申請を、管理官Jerry Cody氏は、この労働者のトランスファー救済の要請を認める命令を下しました。
BuenaventuraをPosadas’ Segundo Barbecueで就業することを認める、条件付トランスファーが承認された3ヵ月後、労働局は2007年2月15日に、従業員自身による住居確保宣誓書とその他要求事項の最新の検査実施を含む、申請不備通知を発効しました。
労働局はこれらの不備を正すいかなる書類も提出されなかったとしてPosadasの申請を却下しました。
Buenaventuraは、彼がPosadasで昨年の11月7日まで働き始めたことで、コンディショナル・グラントが有効であったと信じていたと、聴聞で証言しました。
彼は、労働局の却下と争わないが、新雇用主を見つけることが許可されることを望んでいます。
労働局はPosadasがこの不備について知っていながら、数ヶ月間何も講じなかったと結論付けました。
Buenaventuraの立場は「この却下を尊重することに異存はないが、彼は今回トランスファーの許可が与えられるべきである」としています。
彼は本国送還を避けるため、30日以内にトランスファーの申請を行わねばなりません。
Cody氏は、Posadasに1年間の外国人労働者の雇用資格剥奪を命じました。

○ OPA新たな人事雇用を望む
Public Auditorのマイク・サブランしによると、OPA(Office of Public Auditor)は2年間のスパンで10人以上の専門スタッフを失っているとしています。
これらの人材はより良いキャリアーを、新たなチャレンジあるいは新天地に持ち越しており、そのほとんどが米本土にいると彼は述べました。
彼は更に、OPAはその有能な人材と機能を継続させるための補充雇用がされていないと述べました。
同氏は、7年以上前にパブリック・オーディターになったとき、OPAは全部で39名のスタッフを持っていたと述べています。
「現在は22名に落ちている」として、2名の法律顧問、3人の管理支援スタッフ、2名が捜査ユニットに任命され、海外渉外1名、残りが監査ユニットであるとしています。
2007年度、総合資金機関から1%の寄与を含め、OPA予算は$3.1ミリオンでした。
同氏は、OPAはわずか$1.6ミリオンしか使用しておらず、残りの予算は総合資金に戻したとしています。
彼のスタッフに専門的、多様なスキル・トレーニングを施した後、サブラン氏はOPAではその空職を補充するため雇用の準備がすでに整っているとしています。

○ LPG価格、ブタン・ガス値上げ
グアムの供給事業者の値上げに準じて、LPG、ブタン・ガスは昨日値上げされました。
Wushinは1月14日、LPG・1ガロンの価格を33セント値上げすると発表しましたが、競合社もあり、実際には18セントの値上げしか実施しませんでした。
同社は昨日、1ガロン$3.50、90ポンドLPGの価格を$113に値上げしました。
50ポンドは$66.50、20ポンドは$29.50となりました。
ブタン・ガスのホールセーラーは1ボックス$16.75から現在$19.50になったと発表しました。