サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/01

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。 - 2008/01
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年1月
   
   

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:4
昨日:117
累計:659,161


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年01月31日(Thu)▲ページの先頭へ
サイパン1月31日(木)

○ フィッテイェル知事、予算の天井を$160.1Mに設定
フィッテイェル知事は火曜日、CNMIの2008年度予算の天井を$160.1ミリオンと定めました。
フィッテイェル知事は議会への付託の中で、10月1日にスタートした2008年度の政府の合計運営財源は$171.368が見込まれていると述べました。
しかしながら、知事によると、Tobacco ControlとSolid Waste Revolving Fundsへの確実な消費税収入の確保、パブリック法10-1の下、強制送還資金収入確保、また、負債事業支払いは、$11.268ミリオンまで有効な運営財源を削減したとのことです。
したがって、この予算上の充当有効財源は$160.1ミリオンです。
これは政府の2007年度収入と現状の予算よりも少ない$3.029ミリオンです。
フィッテイェル知事は、彼の予算提案は減少する縫製産業収益を反映したものと述べ、更に期待された観光産業の成長がわずかな助けになるとしています。
彼によると、収益はまた、予定されている以下の条例・条項の継続する一時停止に負うものであると述べました。

• Public Laws 15-5 and 14-54 — 北マリアナ・カレッジとパブリック・スクール・システムへの外国人労働者ファンド費(充当)とPSSへの賭博ジャックポット税(充当)
• 4 CMC 1508(a) and (b) — Human Resources Development Fund への10%のポーカーフィー総合基金とリタイヤメント・ファンドへの50%。
• 4 CMC 1803(b) — マリアナ観光局へのホテル税70%とアルコール飲料税の25%とリタイヤメント・ファンドへのアルコール飲料税の25%。

フィッテイェル知事は、これらの一時停止されている収入からは$13.2ミリオンがもたらされ、充当への有効な額を含んでいると述べました。
来週、議会は政府機関のデパートメント・ヘッドからの予算聴聞を行います。
Ways and Meansの委員長Ray N. Yumul議員(共和党サイパン)は、デパートメント・ヘッドには彼らの予算提案に関する説明が1時間認められています。

○ 高位裁判所:重罪で有罪宣告を受けたFSM籍者が強制出国
高等裁判所は、コモンウェルスで重罪の有罪判決を受けたFederated States of Micronesia(マイクロネシアの連邦協定)国籍者は強制出国が適用されうる外国人であると主張しています。
最高裁判所の主席判事Miguel S. Demapan氏、Alexandro C. Castro判事、Pro Tem Jesus C. Borja判事は、Douglas Amaichy Phillip被告への強制出国命令を支持する命令判断を下しました。
最高裁判所は、連邦法はFSM国籍者はコモンウェルスに居住する外国人と判断しています。
Phillip被告は異議を唱えています。
FSM、マーシャル諸島、パラオの3つの独立自治が米国の自由協定圏(Compacts of Free Association)です。
北マリアナ諸島は米国によって管理された、これらの島々と一緒にパシフィック・アイランドの信託領域に応諾しています。
同時にFSM、マーシャル、パラオは独立自治を選び、北マリアナは米国の一部になることを決めました。

○ 20%賃金カットでCUC職員不運
CUC従業員は、彼らのサラリーの20%削減を知り動揺しており、その実施には合意していません。
CUCスポークスマン、パメラ・A.マティス氏は、この削減は10%のサラリー減額と毎月2日間の一時就業停止が含まれ、従業員全員が隔週金曜日休業となると説明しています。
「従業員は強く反発しています」とパメラ氏は述べ、CUCは賃金削減政策について知事と話し合うためのミーティングを要求しているとしています。

○ 新法案、最低賃金値上げの変更を求める
アメリカン・サモア代表団のEni Faleomavaega氏は議会に、経済的損害を被っているCNMIとアメリカン・サモアから賃金値上げ命令を免除することを認め、連邦最低賃金法を変更するための法案を提出しています。
意味深い同氏の法案、H.R. 5154は、CNMIとアメリカン・サモア両政府と米国務省(内務省)との協議の中で、島の経済上、影響の可能性がある彼らの決意への反対を基に、連邦労働局が現状の連邦賃金値上げを修正することを認めることを要求しています。

○ 管理行政、連邦最低賃金法を訂正する法案を歓迎
フィッテイェル知事は昨日、CNMIとアメリカン・サモアに適用する、邦最低賃金の変更を議会に申し出たEni Faleomavaega下院議員を賞賛しました。

○ 環境衛生の衛生検査結果発表
環境衛生公社はメディアへの公表で、2007年12月に小売、飲食事業者を対象に衛生検査を実施したと言っています。グレードは以下のとおりです。

グレードA
• ジェムズ・レストラン(ガラパン)Jhem’s Restaurant, Garapan
• サイパン植物園レストラン「パパゴ」Saipan Botanical Garden Restaurant, Papago
• オーシャンパレス・シャークズ・フィン(As Denni)Ocean Palace Shark’s Fin, As Denni
• LNマーケット(チャラン・カノア)LN Market, Chalan Kanoa
• ビアンカ・レストラン(サン・ホセ)Bianca Restaurant, San Jose
• ダウン・マーケット(ガラパン)Down Market & Butcher, Garapan
• ミロ・ビーチ・ホテル(ガラパン)Miro Beach Hotel Gift Shop, Garapan
• スター・ベスト・カフェ(ガラパン)Star Best Café, Garapan
• 島乃蔵レストラン(ガラパン)Shimanokura Japanese Restaurant, Garapan
• LJ`sBBQスタンド(ダンダン)LJ’s BBQ Stand, Dandan
• XOマーケット(グアロ・ライ)XO Market, Wholesale & Butcher, Gualo Rai
• DFSサイパン(空港店)DFS Saipan Retail, Airport
• DFSサイパン・ベーカリー(ガラパン)DFS Saipan Refreshment & Bakery, Garapan
• センチュリー・ホテル・トリベス・バー(ガラパン)Century Hotel Tribes Bar, Garapan
• サブウェイ・レストラン(ガラパン)Subway Restaurant, Garapan
• マーク・ファースト・フード&BBQ(ススペ)Mark Fastfood & BBQ, Susupe
• ニュー・タイムス・ストア(ガラパン)New Times Store, Garapan
• ニュー・マンナ(サンビセンテ)New Manna, San Vicente
• ニュー・アミガ・マーケット(サドッグ・タシ)New Amiga Market, Sadog Tasi
• パシフィック・サイパン・ホールセール(グアロ・ライ)Pacific Saipan Wholesale, Gualo Rai
• イージー・キッチン・レストラン(ガラパン)Esy Kitchen Restaurant & Bar, Garapan
• ジョーズ・バー&グリル(ガラパン)Joe’s Bar & Grill, Garapan
• ダイヤモンド・チャイニーズ・レストラン(ガラパン)Diamond Chinese Restaurant, Garapan
• Genpro ホールセール(アス・リート)Genpro Wholesale, As Lito
• キムズ・ミニ・マート、トーフ&ビーンズ(サン・ホセ)Kim’s Mini Mart, Tofu & Bean Spoutts Manufacture, San Jose
• ハファダイ・デリ・ベーカリー(ガラパン)Hafadai Deli Bakery, Garapan
• DJフィッシュ・モバイル(ススペ)DJ Fish Mobile, Susupe
• フレーム・ストア(サン・ホセ)Flame Store, San Antonio

グレードB
• カザン・レストラン(ガラパン)Kazan Restaurant, Garapan
• J&Nミニ・マートII J&N Mini Mart II, As Matuis
• カントン・レストラン(ガラパン)Canton Restaurant, Garapan

グレードC
該当なし。
健康衛生基準と規則、規制に深刻な違反が認められ、営業停止命令を出された事業者:
• クリスタル・ウォーター(パパゴ)Crystal Water Manufacture, Papago *9/19/07
• Bolin Xue 所有AAX 939 (owner, Bolin Xue) 道路傍での違法販売*11/01/07
• ABY 048 —道路傍での違法販売*11/05/07
• ジン・ジュー・レストラン(チャラン・カノア)Jin Joo Restaurant, Chalan Kanoa *12/19/07

○ エコノミスト:サイパンは12,000以上のホテル・ルームを持つことができた
(パート8)

現地エコノミストによると、もし、この数年起こった不運な出来事がなかったら、サイパンのホテル産業は今繁栄していたはずであるとしています。
William Stewart氏はメールで、1991年に提案された60以上の新ホテル、アパートメント、コンドミニアムなど、合計約12,000ルームが提案されていたと述べました。
その戦略計画の中で政府は、2006年時のサイパンの観光客に有効なホテル・ルームはわずか3,652と記録しました。
Stewart氏によると、1980年後期、サイパンでホテル・ビジネスが成長し、1990年初期、建設産業ブームが起こり、投資に関連した他の観光客が増えたとしています。、
しかし、日本の経済が下降を始めた時、いくつかの投資家は彼らの所有(地)物を売ることを決断した。
政府の戦略主導計画は、2002年から2006年、非常に多くのホテルが第二世代オーナーの手に移ったと記しました。
未だここで経営している大型ホテルは、サイパン・ワールド・リゾート(旧ダイヤモンド・ホテル)、フィエスタ・リゾート&スパ(旧第一ホテル)、アクア・リゾート・クラブ、ハファダイ・ビーチ・ホテル、サイパン・グランドホテル&カントリークラブ、チャラン・カノア・ビーチ・クラブ、ホテル・ニッコー・サイパン、これはその新オーナーによって名称変更が望まれています。
CNMIを去った日本人事業体は、利益が損なわれることを食い止められないと考えて決断したと同氏は述べています。
それは必ずしもCNMIの状況ばかりが原因ではないと彼は言っています。
他の理由には、より有利なマーケットへのシフト、ドル抑制地域からの撤退なども含まれるかもしれないと、同氏は更に述べました。
ホテル・ニッコー・サイパンの総支配人で取締役副社長のヒデオ・ニシゴオリ氏は、UMDAの同ホテル買収についての問いにコメントを避けました。
同氏によると、トップ・マネージメントが決定したことで、それについて彼は何も言うことはできないとのことでした。
(つづく)



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月30日(Wed)▲ページの先頭へ
サイパン1月30日(水)



今日のバラエティ紙のトップ記事は日本人投資家へのインタビュー・シリーズの7回目ですが、金八レストランのカマタ・ミサコさんのご指摘は、たぶん在留邦人の皆様の気持ちをはっきりと投影したものではないかと思います。

観光局も中央政府から予算をもらう立場である以上、多少の駆け引きもあり、一般側からは誤解される部分もあると思います。
つまり、観光局として政府予算を取るためには、掲げる事業計画にも多少の誇張が必要であり、それがある意味で非現実になることもあると思います。

そういう意味で言えば、現在の状況を認識していないのは観光局よりもCNMI政府そのものであり、いい加減な予算配分を行う国会が問題と言えるでしょう。
そのためには、やはり民間企業、特に観光産業に携わる日系企業の我々がきちんとした意見を発言していかねばならないと思います。

観光局は国営ですから、たとえ日本人(外国人)とは言えども、私たちも納税者の一人として積極的に発言、あるいは観光産業促進に関わっていくべきです。
ということで、今日の金八レストランのミサコさんのコメントは、私たち在住日本人のきちんとした意見、具体的な意見がメディアに載った記念すべきものではないかと思います。

ということで、知事や上下院の議員、政府関係者には是非読んで頂きたい記事のひとつでした。

○ MVA計画「夢」
(パート7)
長期日本人投資家は、観光局の戦略プランは「夢」に過ぎないと表現しています。
2006年−2010年の戦略主導は、アドホック・コミッティと現地企業グループSEDC(Strategic Economic Development Council)によって作成されました。
1980年からサイパンでビジネスを営む、金八レストランのオーナー、カマタ・ミサコさんは、MVAとそのパートナー達がCNMI観光産業のために作成した(ドラフト)、「非現実的な」5ヵ年計画は、彼らが「夢を見ている」と言っています。
彼女は、政府は計画を作成するにあたって現実性を見失うべきではないと述べ、MVAは更なる学習をすべきとしています。
CNMIは現状がどれほど悪化しているか悟るべきと彼女は付け加えました。
しかし、予算不足は常に目標達成を阻む永遠の理由であるとカマタさんは述べています。
「彼らは常に予算がない、お金がないと言いますが、それは我々がすでに承知していることであり、なぜ彼らはお金を求める以外の方法を考えることができないのでしょうか?」と彼女は付け加えています。
日本人観光客の更なる誘致は、大きな予算を要求する以外に行えるはずとカマタさんは述べ、しかし、政府、特にMVAは、経費を抑えたCNMIのプロモートには関心が無いように見受けられるとしています。
彼女は、テレビ・コマーシャルやレポートでサイパンを取り上げている多数のメディアが、日本には存在すると意見を述べています。
カマタさんによると、日本からの多数の宣伝広告会社(代理店)はサイパンで撮影を行いましたが、撮影料を値上げしたことで「落ち込んだ」としています。
CNMIによって課された高額の撮影料を支払うことができる、大きな予算を持つ現行のメディアしかサイパンでの商業撮影を行うことができないと彼女は言っています。
カマタさんは、「観光地として島の宣伝をしている日本のメディアの可能性をCNMIは理解していない」と述べました。
有名な日本人アスレチック・チームのサイパンでのトレーニングを誘致することも、島の宣伝のひとつの方法とも彼女は言っています。

パシフィック・イーグルの副社長マツモト・アヤさんは、日本からのテレビ、フィルム撮影隊(製作会社)は今、撮影料が安く、許可手続きが「非常に簡単」なグアムに行っていると述べています。

更に、観光客が好むスポット、マニャガハでの課金(費用請求)は現在、日本からの撮影隊の中で懸念されていると彼女は付け加えています。

MVAはすでに、観光客来島者の2007年から2010年までの成長目標を、より現実的なレベルに落としています。それは「我々は2005年10月のJAL撤退から完全に立ち直っていない」とする観光局ペリー・テノリオ局長の言葉に表されています。
彼は昨日、メールでのインタビューに答え、彼らの戦略は最初の「ロードマップ」であるとしています。
「それは石に刻まれたものではない」と彼は付け加えて「しかし、我々の観光産業を健康な状態に戻し、2010年までに年間750,000人に延ばすためのガイドである」と述べました・
(つづく)

○ USコミッティ:「NMIのゲスト・ワーカーは連邦化後6年、あるいはそれ以上滞在できるかもしれない」
連邦上院エネルギー・自然資源委員会は昨日、もし連邦化法案が法律となった場合、ゲスト・ワーカーはCNMIに2年以上は残れないと述べた、知事の特別法律顧問の声明に反駁しました。
匿名の委員会からの情報源では、Howard Willens氏もまた、「連邦高官達はH.R. 3079の下、パーミット・システムの開発と実施に幅のある決定権が与えられている」と述べたことを記しています。
もし、このゲスト・ワーカー・プログラムの規則が連邦判断次第であれば、「その時点でゲスト・ワーカーが2年後に出国させられるという断定が事実でないとわかるでしょう」と委員会情報源は語っています。
「新たな革新議会は、新CNMIだけの一時的ゲスト・ワーカー・プログラムが、現在のゲストワーカーに与えられると予想しています。これは、したがって、このプログラムが遂行されている間はCNMIに残るためのチャンスを労働者に与えるものです。また、この法案が法制定された日から、最低6年は確実となるでしょう。たぶんそれ以上が、ゲスト・ワーカーに過大依存するCNMIに与えられます」
Willens氏は土曜日のフォーラムで、彼が提起した、法案の推移期限条項の異なった解釈についての懸念としてH.R. 3079の条項を議論しました。
しかし、委員会の情報源によると、この法案は、ゲスト・ワーカーが、Hビザにおける現行の連邦法の下、ノン・イミグラント(非移民)労働者プログラムが与えられ、数で示す制限を除く参加がCNMIに認めることを提供しているとしています。
「実際問題として、連邦高官達は、新たな外国人労働者をリクルートする代わりに、連邦法の下、現状の熟練した、CNMIでの経験を持つ外国人労働者をCNMIに残すことを認める特典があることを認識している」と委員会情報源は述べました。
この法案の最終目的は、CNMIだけの一時的ゲスト・ワーカー・プログラムをゼロにし、ゲスト・ワーカーの数を減らすためのものではない、と委員会情報では言っています。
しかし、「ゲスト・ワーカーは引き続き、現状の連邦ノン・イミグラント・ワーカー・プログラム、あるいはHビザの下、無限にCNMI入国を可能となります」と言っています。
これはCNMIのパーマネント・レジデンスとUS国籍者に、大掛かりな現地民間企業での雇用機会を与えるでしょう」と情報源は述べました。
この法案は、盟約によって認められた、連邦イミグレーション管理運営をこの島に拡張しますが、特別な条項でCNMIの特殊な状況を満たすと情報源は付け加えました。
「したがって、この法案は、CNMIだけのゲスト・ワーカー・プログラム、CNMI/グアムだけのUSノン・イミグラント・ワーカー・ビザ・プログラムにおける数字的制限からの免除、CNMIだけの現状の確実なCNMI投資家のためのノン・イミグラント・ステイタス、CNMI/グアムだけの来島者を促進するビザ免除プログラムを設立します」と委員会の情報源は伝えています。
フィッテイェル政府はこの法案に反対しています。
すでにこの法案を通過させた連邦下院議会は、来月、上院で承認されることを期待しています。

○ 未成年者二人が窃盗容疑で逮捕
昨日早朝、チャラン・カノアのストアで未成年者二人が窃盗の現行犯で逮捕されました。
この未成年者二人は午後、保釈審議のため高等裁判所Kenneth Govendo判事の前に連行されました。
政府ではこの情報を公開していませんが、バラエティ紙の入手した情報では、彼らはチャラン・カノアのLing Lin Storeで午後1時に逮捕されました。
この未成年者たちはすでに商品を盗み出していましたが、ストアに取り付けられていたアラームが鳴り、警察が急行してストアの中で逮捕しました。

○ ゾーニングにズーミング
2月1日から実施される新サイパン・ゾーニング法のための準備に、人々がゾーニング・オフィスに群がりました。
「我々は、数多くの土地所有者や事業開発者がこの法律を真剣に取り上げていることを感謝している」とゾーニング管理官Steve Tilley氏は述べました。
「概ね、彼らは新基準に順応しない看板、彼らの現状のビジネスに引証をつけることを望んでいる。しかしながら、現状のビル、事業者、看板の所有主は何をすべきかについて混乱している」と彼は述べました。
ゾーニング・オフィスは新法へのこれらの応諾について所有者に確認するよう促しています。



今日のバラエティ紙のトップ記事は日本人投資家へのインタビュー・シリーズの7回目ですが、金八レストランのカマタ・ミサコさんのご指摘は、たぶん在留邦人の皆様の気持ちをはっきりと投影したものではないかと思います。

観光局も中央政府から予算をもらう立場である以上、多少の駆け引きもあり、一般側からは誤解される部分もあると思います。
つまり、観光局として政府予算を取るためには、掲げる事業計画にも多少の誇張が必要であり、それがある意味で非現実になることもあると思います。

そういう意味で言えば、現在の状況を認識していないのは観光局よりもCNMI政府そのものであり、いい加減な予算配分を行う国会が問題と言えるでしょう。
そのためには、やはり民間企業、特に観光産業に携わる日系企業の我々がきちんとした意見を発言していかねばならないと思います。

観光局は国営ですから、たとえ日本人(外国人)とは言えども、私たちも納税者の一人として積極的に発言、あるいは観光産業促進に関わっていくべきです。
ということで、今日の金八レストランのミサコさんのコメントは、私たち在住日本人のきちんとした意見、具体的な意見がメディアに載った記念すべきものではないかと思います。

知事や上下院の議員、政府関係者には是非読んで頂きたい記事のひとつでした。

○ MVA計画「夢」
(パート7)
長期日本人投資家は、観光局の戦略プランは「夢」に過ぎないと表現しています。
2006年−2010年の戦略主導は、アドホック・コミッティと現地企業グループSEDC(Strategic Economic Development Council)によって作成されました。
1980年からサイパンでビジネスを営む、金八レストランのオーナー、カマタ・ミサコさんは、MVAとそのパートナー達がCNMI観光産業のために作成した(ドラフト)、「非現実的な」5ヵ年計画は、彼らが「夢を見ている」と言っています。
彼女は、政府は計画を作成するにあたって現実性を見失うべきではないと述べ、MVAは更なる学習をすべきとしています。
CNMIは現状がどれほど悪化しているか悟るべきと彼女は付け加えました。
しかし、予算不足は常に目標達成を阻む永遠の理由であるとカマタさんは述べています。
「彼らは常に予算がない、お金がないと言いますが、それは我々がすでに承知していることであり、なぜ彼らはお金を求める以外の方法を考えることができないのでしょうか?」と彼女は付け加えています。
日本人観光客の更なる誘致は、大きな予算を要求する以外に行えるはずとカマタさんは述べ、しかし、政府、特にMVAは、経費を抑えたCNMIのプロモートには関心が無いように見受けられるとしています。
彼女は、テレビ・コマーシャルやレポートでサイパンを取り上げている多数のメディアが、日本には存在すると意見を述べています。
カマタさんによると、日本からの多数の宣伝広告会社(代理店)はサイパンで撮影を行いましたが、撮影料を値上げしたことで「落ち込んだ」としています。
CNMIによって課された高額の撮影料を支払うことができる、大きな予算を持つ現行のメディアしかサイパンでの商業撮影を行うことができないと彼女は言っています。
カマタさんは、「観光地として島の宣伝をしている日本のメディアの可能性をCNMIは理解していない」と述べました。
有名な日本人アスレチック・チームのサイパンでのトレーニングを誘致することも、島の宣伝のひとつの方法とも彼女は言っています。

パシフィック・イーグルの副社長マツモト・アヤさんは、日本からのテレビ、フィルム撮影隊(製作会社)は今、撮影料が安く、許可手続きが「非常に簡単」なグアムに行っていると述べています。

更に、観光客が好むスポット、マニャガハでの課金(費用請求)は現在、日本からの撮影隊の中で懸念されていると彼女は付け加えています。

MVAはすでに、観光客来島者の2007年から2010年までの成長目標を、より現実的なレベルに落としています。それは「我々は2005年10月のJAL撤退から完全に立ち直っていない」とする観光局ペリー・テノリオ局長の言葉に表されています。
彼は昨日、メールでのインタビューに答え、彼らの戦略は最初の「ロードマップ」であるとしています。
「それは石に刻まれたものではない」と彼は付け加えて「しかし、我々の観光産業を健康な状態に戻し、2010年までに年間750,000人に延ばすためのガイドである」と述べました・
(つづく)

○ USコミッティ:「NMIのゲスト・ワーカーは連邦化後6年、あるいはそれ以上滞在できるかもしれない」
連邦上院エネルギー・自然資源委員会は昨日、もし連邦化法案が法律となった場合、ゲスト・ワーカーはCNMIに2年以上は残れないと述べた、知事の特別法律顧問の声明に反駁しました。
匿名の委員会からの情報源では、Howard Willens氏もまた、「連邦高官達はH.R. 3079の下、パーミット・システムの開発と実施に幅のある決定権が与えられている」と述べたことを記しています。
もし、このゲスト・ワーカー・プログラムの規則が連邦判断次第であれば、「その時点でゲスト・ワーカーが2年後に出国させられるという断定が事実でないとわかるでしょう」と委員会情報源は語っています。
「新たな革新議会は、新CNMIだけの一時的ゲスト・ワーカー・プログラムが、現在のゲストワーカーに与えられると予想しています。これは、したがって、このプログラムが遂行されている間はCNMIに残るためのチャンスを労働者に与えるものです。また、この法案が法制定された日から、最低6年は確実となるでしょう。たぶんそれ以上が、ゲスト・ワーカーに過大依存するCNMIに与えられます」
Willens氏は土曜日のフォーラムで、彼が提起した、法案の推移期限条項の異なった解釈についての懸念としてH.R. 3079の条項を議論しました。
しかし、委員会の情報源によると、この法案は、ゲスト・ワーカーが、Hビザにおける現行の連邦法の下、ノン・イミグラント(非移民)労働者プログラムが与えられ、数で示す制限を除く参加がCNMIに認めることを提供しているとしています。
「実際問題として、連邦高官達は、新たな外国人労働者をリクルートする代わりに、連邦法の下、現状の熟練した、CNMIでの経験を持つ外国人労働者をCNMIに残すことを認める特典があることを認識している」と委員会情報源は述べました。
この法案の最終目的は、CNMIだけの一時的ゲスト・ワーカー・プログラムをゼロにし、ゲスト・ワーカーの数を減らすためのものではない、と委員会情報では言っています。
しかし、「ゲスト・ワーカーは引き続き、現状の連邦ノン・イミグラント・ワーカー・プログラム、あるいはHビザの下、無限にCNMI入国を可能となります」と言っています。
これはCNMIのパーマネント・レジデンスとUS国籍者に、大掛かりな現地民間企業での雇用機会を与えるでしょう」と情報源は述べました。
この法案は、盟約によって認められた、連邦イミグレーション管理運営をこの島に拡張しますが、特別な条項でCNMIの特殊な状況を満たすと情報源は付け加えました。
「したがって、この法案は、CNMIだけのゲスト・ワーカー・プログラム、CNMI/グアムだけのUSノン・イミグラント・ワーカー・ビザ・プログラムにおける数字的制限からの免除、CNMIだけの現状の確実なCNMI投資家のためのノン・イミグラント・ステイタス、CNMI/グアムだけの来島者を促進するビザ免除プログラムを設立します」と委員会の情報源は伝えています。
フィッテイェル政府はこの法案に反対しています。
すでにこの法案を通過させた連邦下院議会は、来月、上院で承認されることを期待しています。

○ 未成年者二人が窃盗容疑で逮捕
昨日早朝、チャラン・カノアのストアで未成年者二人が窃盗の現行犯で逮捕されました。
この未成年者二人は午後、保釈審議のため高等裁判所Kenneth Govendo判事の前に連行されました。
政府ではこの情報を公開していませんが、バラエティ紙の入手した情報では、彼らはチャラン・カノアのLing Lin Storeで午後1時に逮捕されました。
この未成年者たちはすでに商品を盗み出していましたが、ストアに取り付けられていたアラームが鳴り、警察が急行してストアの中で逮捕しました。

○ ゾーニングにズーミング
2月1日から実施される新サイパン・ゾーニング法のための準備に、人々がゾーニング・オフィスに群がりました。
「我々は、数多くの土地所有者や事業開発者がこの法律を真剣に取り上げていることを感謝している」とゾーニング管理官Steve Tilley氏は述べました。
「概ね、彼らは新基準に順応しない看板、彼らの現状のビジネスに引証をつけることを望んでいる。しかしながら、現状のビル、事業者、看板の所有主は何をすべきかについて混乱している」と彼は述べました。
ゾーニング・オフィスは新法へのこれらの応諾について所有者に確認するよう促しています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月29日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン1月29日(火)

○ 連邦化、電力危機が日本人投資家の苦難に追い討ち
(パート6)
日本企業経営者コミッティ(JBEC)によると、差し迫ったローカル・イミグレーションの連邦化、新ローカル労働法、CUCに立ち向かう問題などが、CNMIの日本人投資家に反対の影響を与えているとのことです。
コミッティの副会長ヨウイチ・マツムラ氏によると、すでに2年前の日本航空の撤退によって「呆然」となっている投資志向の日本人観光客は、CUCの危機による更なる問題に被害をこうむっているとしています。
日本人投資家のオペレーション・コストは、これらの変化の結果として「信じられないほどの」高値となりつつあります。
1996年から時給$3.05であった最低賃金は現在$3.55で、連邦法によって命じられた第二回目の50セントの値上げは、今年の5月に開始されます。
CUCの高額電気料金と通告のない停電もまた、「CNMIにメガ・インベスター」を呼び寄せることを「不可能」にさせているとマツムラ氏は述べました。

二者択一 Alternatives

JBECと他の日本人投資家によって経営されている個人企業は、CNMI政府が中小の投資化に焦点を絞るべきだと考えています。
「大手投資家は来ないが、中小の投資家は未だ我々でも誘致でき、CNMIが未だ投資家に好意的であることを示すことができるとマツムラ氏は言っています。

しかし、パシフィック・イーグルの副社長アヤ・マツモト氏は、CNMI政府は小口投資家にはあまり注意を払っていないように見えるとしています。
彼女は、日本からの小口投資家はJAL撤退の影響もやわらかく抑えていると述べています。

提言

新たな日本人投資家を連れてくるためには、CNMIは土地の所有制限に関する問題を解決すべきであるとマツムラ氏は述べました。
「我々は、現在の投資家と始めるべきで、彼らの土地リースを延長することによって、彼らを長く留まらせることが重要である」と彼は付け加えました。
マツムラ氏は、「日本にいる潜在投資家からの問い合わせは、サイパンの現状の投資家に直接行われるもので、これらの質問は、現地での投資家の現在の条件(状況)についてのものである」としています。
同氏によると、例として、パッケージ・ツアーを開発するには、政府と観光局が共同して更なる航空便の誘致を行うべきであるとしています。
ノースウェスト航空は日本の主要都市から飛んでおり、もし可能ならば、サイパンへのフライトを、成田からの夜便でダブルにすべきであるとマツムラ氏は述べ、「これに皆が絞り込むことが重要で、出来るだけ早く取り組むべきである」と付け加えました。
もし、更なる観光客がCNMIに訪れれば、日本人投資家もまた島に戻ってくるであろうと彼は言っています。
マツムラ氏によれば、CNMI政府はよりいっそう投資家に好意的になるべきとのことでした。
更に同氏は、沖縄のように、CNMIはその歴史を展示紹介すること、「美しい自然」を保護することで独自の開発を行うべきであるとしています。

ガラパンの鳥秀レストランのオーナー、ヒデオ・ミヤザワ氏は、CNMIは観光客のためのアクティビティをもっと増やすべきであると述べています。
また、サイパンはすでに「美しいさんご礁」を持っており、文化センター、更なるリゾートも持つべきであるとのことです。

マツモト氏は彼女の言葉の中で、ゲスト・ワーカーはCNMIのビジネス成長に多大な貢献をしていると述べています。
彼女は、外国人労働者と現地人の間を別け隔てるべきではないと述べました。
「この島で我々は全員が納税者であり、ゲスト・ワーカーもまた、彼らのお金をここで使う消費者でもあり、彼らは我々のビジネスをより強化させる手助けをしている」とマツモト氏。
(つづく)

○ 選挙職員
テニアンのUnited Natibu Associationとタオタオ・タノに関心を持つ全員が、タオタオ・タノCNMIとDinanaタオタオ・タノとのコラボレーションで、今月、選挙職員構成が行われます。

○ 清掃隊
(DEQ) — The Division of Environmental Qualityの清掃隊は今回、2月2日土曜日午前8時、フィエスタ・リゾート&スパの南、ガラパンのマカカ・ビーチからゴミ拾いを行います。
ボランティア参加者は午前10時まで清掃を行います。詳しくはDEQ:664-8500まで。

○ MVA、Weddexに出席
(MVA) — 最近、マリアナ政府観光局はハネムーン旅行地としてCNMIを宣伝するため、韓国のソウルで行われる第29回年次Weddexに参加しました。
Weddexは、殆どの観光客と最も長い歴史を持つ、韓国の最も大きな範囲の結婚式に関する展示会です。
第29回Weddexには200件以上のウェディングとハネムーンに関連した企業が7つの異なった地方から参加し、訪問者の数は7万人でした。
MVAはまた、7月16日から20日まで開催される第30回Weddexにも参加する予定です。

○ 来月また2つの縫製工場が閉業
労働局は今、Mirage Company Ltd.とCommonwealth Garments Manufacturing Inc.が2月10日で閉業する通知を受け取っており、縫製業従業員の中で再就職を希望する者にトランスファーの申請手続きを至急に行うことを明らかにしています。
二つの縫製工場を運営している一社は、Gil San Nicolas労働局長に閉業の通知を送りました。
総支配人のCalvin Ye氏によれば、労働者は連邦とコモンウェルスの法律に従って、先月すでに通知が行われてあるとしています。
Rose Ada-Hocog管理官によると、労働局ではこの閉鎖の結果として職を失う、Mirageから19名の縫製従業員とコモンウェルスの労働者11名をリストに上がっているとしています。
更に彼女は、Poongin Inc.の昨日の閉鎖の後、労働局のリストには117名の解雇者リストもあると述べました。
同社のマネージャーLee Byun Bok氏は彼の通達の中で、この閉業は「連邦最低賃金の申請によって持ち込まれた経済状況と、中国、他のアジア諸国との競争、CNMIでの事業維持コストの上昇、注文の不足などによるものとしています。
Ada-Hocog氏によると、縫製工場に配置された労働局捜査官は現在、出国を選んだ労働者と、CNMIで新たな就職を望む者を確認中とのことです。

○ 2件の強盗事件が警察に報告
警察は、今週、チャラン・ピアオとサンビセンテで起こった別の2件の強盗事件に応じました。
DPSによると、土曜日に起こった強盗事件で男性一人が襲われ、また、覆面二人組が水曜日にサンビセンテでストアに押し入ろうとしたとのことです。
DPSの報告では、水曜日の強盗未遂はサンビセンテのHong’s Marketで」、午後3時04分に通報されたとしています。
覆面をした二人組が野球のバットとナイフを持ってストアに押し入り、キャッシャーに現金を要求しました。
しかし、キャッシャーの息子もまた野球のバットで武装し、容疑者の背後から立ち向かったところ、容疑者はティント・シールドの貼られた白のセダンに乗ってダンダン方面に逃走したとのことです。
バットを持った容疑者は痩せ型で、黒の長ズボンと赤の長袖シャツを着ており、もう一人の容疑者はブラウンのシャツを着ていたそうです。
その3日後、警察はClean Laundryの反対側で起きた強盗事件に向かいました。
捜査官の発表では、覆面をした二人組がナイフを突きつけて男性を襲ったとのことです。
被害者はランドリーに反対側に駐車していたところ、二人組に引きずり出されたとのことでした。
一人が被害者にナイフを突き付け、もうひとりが車の中を物色したとしています。
被害者が携帯電話で警察に通報しようとしたところ、ナイフを持った強盗に暴行を受けたとしています。
容疑者は3人目の容疑者の運転する白のセダンで逃げました。
強盗は被害者の携帯電話を持ち去ったとのことです。
しかし、被害者は容疑者の車のライセンス・プレート「ACG-855」を控えていました。
DPSでは、対応した警察官と刑事は、この車はコブラ地区の住人のものであることが判明、詳細を調べるため押収したとしています。
容疑者逮捕には至っておらず、事件は捜査中です。

○ 労働局は今、不完全な申請書にあたっている
保留中の申請書見直しがほぼ全て行われた労働局は今、不完全な申請による「周期的な仕事の波」に直面しています。
労働局ディレクター、Barry Hirshbein氏は土曜日にインタビューで、彼らは保留中の申請書見直し中に発見された不備者との約束を交わしたとしています。これらの中には2007年4月の日付もありました。
加えて、彼らは、申請の中の「修正が必要である」との良い知らせを受けています。
同氏によると、今月から雇用主は「雇用手続きで非常に重要な」完璧な申請書を提出する努力をさせるとのことです。

○ レジス氏:知事に新たな新内閣人事を通知
広報官チャールズ・レジス氏によると、フィッテイェル知事は、彼の内閣人事を注意深く行っており、今月末までにその最終通知を出すであろうとしています。
「近日中に通知がもたらせることを期待している」とレジス氏はバラエティ紙に語りました。同氏によると、知事は片手落ちの決定はしたくないとしています。
また、「いくつかのオプション」が見直され、行政によって検討されていると述べています。
「決定は協議を基に、注意深くアプローチされるであろう」と彼は付け加えました。

○ CUC、燃料配送で遅れ、原因で停電
消費者からの集金期限超過とCUCの予算制限で、現状の燃料供給は緊迫しています。少量ガロンの燃料はパワープラント補充に少量しか配給されていません。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月28日(Mon)▲ページの先頭へ
サイパン1月28日(月)

○ Willens氏:ゲスト・ワーカーは連邦化後2年でNMIを去るべき
知事の特別法律顧問は土曜日、もし連邦化法案が法律になれば、ゲスト・ワーカーは彼らの雇用契約の最後まで残ることができるが、法の施行後「2年以上はない」と述べました。
Howard Willens氏はガラパンのポーキーズ・バーで行われたフォーラムで、この法案の変遷プログラムは最も異論のある条項の中にあり、期限の解釈が異なっており、現在、米上院で保留中になっているもので、それは個々がH.R. 3079に賛成か反対かによるとしています。
フィッテイェル政府は、今年、法となることが予想されるこの法案に反対しています。
同氏によると、この法案は連邦職員に新たなCNMIゲスト・ワーカー・システムを開発するための判断に幅を与えています。
更に彼は、変遷プログラムの下、削減された外国人労働者数が有効な年が、いよいよ競争が熾烈になり「産業(と産業の中の企業)に異なった影響を与える決定に必然的に関わるであろう」としています。
Willens氏によると、この法案は一時的ノン・イミグラント(非移民)労働者におけるCNMIの依存を削減することを目指すものであるとのことです。
CNMIには現在、約19,000人の非移民外国人労働者がおり、H.R, 3079は島に、国会の法施行後、この数字を増やすことを禁じていると同氏。
非移民外国人労働者の数は2013年までにゼロにされねばならず、Willens氏によると、これは議会の初期版で用意された期限より4年早いものであるとしています。
H.R. 3079はまた、CNMIの職業指導学校のための予算が用意されますが、現地コミュニティ・メンバーの一部によると、島は、非移民労働者数が削減される民間企業の仕事への十分な現地労働者を持つという保証にはならないとしています。
Willens氏によると、この法案は推移期限の1年あるいは更なる延長−5年まで−を準備していると述べています。
連邦労働局長は、他の連邦高官とコモンウェルスで協議後、延長承認の権限が与えられていると述べました。
しかし、と彼は述べ、「このような延長は、全面的に連邦高官の判断であり、延長が要請あるいは承認させることへの責任はないと述べ、更に、この延長は外国人労働者数の削減をゼロにすることが要求されていますが、推移期限延長中の年毎に少量削減が認められると思われる。

○ 日本人グループ:NMIは未だ「すばらしい可能性」がある
(パート5)
THE Japanese Business Executive Committee(邦人企業代表者連絡会)と観光局は、CNMIへの観光客観光誘致に共同で働きかけています。
「この島は未だすばらしい可能性がある」と同コミッティの副会長ヨウイチ・マツムラ氏は述べています。
同氏はバラエティ紙に、彼らのグループはMVA、政府と共に、その最大のマーケットである日本人観光客を刺激することで、現地観光産業の活性化を促進するため働いていると語りました。
同コミッティは、島の多様な日本人企業が集い、2002年3月11日に生まれました。
2年後に、観光産業に貢献することを主な目的とする非営利組織(NPO)となりました。
マツムラ氏は、日本人投資家は観光産業に投資するためにCNMIに来たと述べ、島の美しさとゴルフ・コースは依然としてCNMIのメイン・アトラクションであるとしています。
「CNMIは目の前に海の見えるゴルフ・コースを提供している。それはすばらしいビーチの景観、トロピカルな気候、そしてわずか日本から3時間である」と同氏は述べ、2005年10月の日本航空撤退が、観光産業を「停滞させ」、当地の数多くの企業に影響を及ぼしたとしています。
更に同氏は、残っている投資家は未だにもがき苦しんでいると述べました。
政府とMVA観光局は、4年間で観光客1億人を呼び込むとする彼らの初期目標を訂正しています。
MVAマネージング・ディレクターのペリー・テノリオ氏は金曜日のインタビューで、JAL撤退の(ダメージ)から「完全な回復をしていない」ため、2007年から2010年の来島者成長目標を削減したと述べました。
2007年度の日本からの観光客目標数312,500人から、MVAのマーケット・プロジェクションは200,000に引き下げられました。
本来の目標375,000人は現在250,000人となり、2009年の目標437,000人は300,000人、2010年の500,000人は現在375,000人となっています。
MVAによると、この日本からの来島者数は、その訂正した2007年度目標を7.6%(215,196人)を超えましたが、これは撤回した目標には届きませんでした。
減少している日本からの来島者数はMVAにとって大きな問題であるとテノリオ氏は述べています。
MVAの努力は観光地としての島のプロモートと拡大を含んでおり、市場拡大の発展段階である韓国、中国、ロシア、グアムからのミリタリーなどにも踏み出しています。
テノリオ氏によると、MVAはまた、観光産業の経営者を含むメンバーでアドホック・コミッティを形成し、その計画実行にあたっています。
更にテノリオ局長は、CNMIの挑戦は、航空サービス問題に向けることで、ホテルや他の観光産業関連企業航空会社に有益性を復元させる道を見出すことであり、異なった人種の観光客を暖かく出迎えることであると述べました。
(つづく)

○ マーシャル諸島、燃料不足に直面
燃料供給の減少−燃料タンカーの遅延は、マーシャル諸島の主要電力会社に今週、灯りを保つための奪い合いを引き起こしています。
韓国からのSK Networks燃料タンカーは、マーシャルのエネルギー会社のタンクが枯渇する5日前の、今週木曜日にマジョロに到着する予定されました。
しかし、その到着は韓国を襲った嵐のため、先週の出発が遅れ、2月1日に押し戻されたとユーティリティ・ジェネラル・マネージャーのウィリアム・ロバート氏は金曜日に発表しました。

○ 法律化、Kumho Asianaの土地リースにおけるオープン・ガバメント条例要求を提訴
一人の法律家は、12月に交わされたKumho Asianaと政府の土地リース合意の承認に関する議会からの書類を要求しています。
前高等裁判所判事Edward Manibusan氏の法律事務所は1月10日にオープン・ガバメント条例要求を送りました。
Manibusan氏はラオラオ・ベイに承認された40年の土地リースに関する全ての記録のコピーを見ることを望んでいます。
これら書類には、全てのコミッティ報告、合同審議、合同決議に至る投票記録、同様にこの議題に関する各議事録が含まれています。
同氏はまた、ラオラオ土地リースに関する政府公社によって提出された報告書、書類、通知、議会によって用意された全ての法的見解、往復書簡を見ることを望んでいます。
The Open Government Actは、同様に含まれたこの問題に関するいかなる個人、企業から受託したコメントと交信、公的通知を要求します。
Kumho Asianaが提案したラオラオ・ベイのリース合意は、9月に議会に提出されました。上下院はこのリースにおける条例の審議を、当初11月に設定しましたが、論争が原因で日程が遅れました。
12月に、議会は最終審議を終え、ラオラオ・ベイ・ゴルフコースの新所有者にカグマンの所有地の40年のリースを承認しました。
両院議会は、Kumho Asianaの提案する、ゴルフ場施設に$100ミリオンのリゾート建設開始が署名された161ヘクタールの土地リースを満場一致で承認しました。
この施設完成は2009年7月が予定されています。

○ タオタオ・タノ、テノリオ氏に反駁
タオタオ・タノCNMIのグレッグ・クルズ会長は、先週KSPN2ニュースでワシントン代表のピート・テノリオ氏によって発言されたコメントに反駁しています。
クルズ氏によると、テノリオ氏はタオタオ・タノがローカル・イミグレーション・システム連邦化法案H.R. 3079に反対していることで、間違った情報、間違った指導を行っていると述べたとしています。
「テノリオ氏は、私も2007年8月15日のH.R. 3079に反する証言をしたことを忘れたようだ。もし間違った指導をしているものがいるとすれば、それはテノリオ氏だ。テノリオ氏は内務省と結託している。CNMIの現地血統民族との相談と全面参加抜きでイミグレーション連邦化法案をすばやく通過させることは、コモンウェルスの人々を露骨に無礼なことである」とクルズ氏は述べ、「我々が合意するか否かの総合統一見解不足に関する、我々のワシントン代表の無視と無関心は、パブリック・オフィスにおける非倫理的、違法行為である」としています。

○ 労働局「保留はもうない」
土曜日、労働局ディレクターBarry Hirshbein氏によると、労働局の棚には保留事件は整理されたとしています。
Hirshbein氏は、12月13日に新労働局ディレクターに任命された後、2007年4月にさかのぼるいくつかと10,000件の申請に取り組み始めたと述べました。
同氏は先週の金曜日、同日に提出された申請をすでに見直ししていたと述べ、3つの棚に収められていた保留中の書類は現在、空であるとしています。
別のインタビューで、管理官Rose Ada-Hocog氏は、これら書類の手続きは今30日以内で行われていると述べています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月26日(Sat)▲ページの先頭へ
サイパン1月26日(土)

今日はトリビューン紙の土曜版からの記事のご紹介ですが、トップニュースは二つの事件記事でした。

○ ロウソクから出火−チャランカノア
木曜日夜、チャランカノア第二地区の家が、ロウソクの火から引火しました。
ほぼ全焼したこの家には誰も居なかったため、この火事による怪我人は報告されませんでした。
昨年の10月以来、ロウソクの火から起こった火事は三度目です。
この家は木製住宅であったため熱と煙が拡散し、天井が倒壊しました。
DPSスポークスマン、レイ・オグムロ氏によると、昨日の捜査では偶発的な事件としています。
「放火、故意による出火ではない」とオグムロ氏。
捜査では、家屋の所有者David C. Angui氏が、家に電気がなかったため、ベッドルーム室内を照らすためにロウソクを用いていたことを示しています。
2007年11月15日、ロウソクの火による出火でチャラン・ラウラウの民家でキッチンが焼失した事件がありました。

○ バンザイ・クリフでツーリストが強盗被害
木曜日の午後、バンザイ・クリフで二人のツーリストが3人組の強盗に襲われました。
一人は財布と黒のパナソニック社製デジタル・カメラを盗られました。
被害者は共に日本人で、警察によると容疑者の容貌は、バットを持った男が身長175cmくらいで中肉、ベージュのシャツに濃い色のズボンにスリッパ姿、もう一人はナイフで脅し、170cmくらいで裸足、グレーのシャツに長ズボンだったとしています。
更に三人目の男は容疑者たちの車の運転手で容姿は確認できなかったとのことです。
警察によると、2人の観光客はバイクを借りて運転、バンザイ・クリフからの帰り道で一人が転倒し、もうひとりの25歳の友人が助けに戻ったところ、白い車が通り過ぎたが、すぐに彼らのところに引き返してきたとのことです。
そこで、ナイフとバットを持った覆面の男が車から降りてきて、彼らの所持品を要求し、ツーリストの一人が財布を手渡すと、容疑者は彼のデジタルカメラを取り上げたとのことです。
被害者はホテルに戻り、警察に通報しました。
DPSではNMIクライム・ストッパー・プログラムが、犯人逮捕につながる有力な情報提供者に$1,000の報奨金が与えらと説明しています。
今月、すでにサイパンでは7日間で4件の強盗事件が発生しています。

○ 雇用一時停止措置(モラトリウム)は4年で段階的停止
Hiring moratorium to phase out in 4 years
CNMI政府は、今年から4年の期限内で外国籍労働者の雇用を段階的に停止します。
パブリック法15-108の下、雇用規則と規制によれば、雇用一時停止措置は2008年1月1日でビジター・インダストリーへの適用を止めます。ビジター・インダストリーはホテル、航空会社、航空機サービス、ツアー製作者、ツアー・ガイド、ツーリスト・トランスポーテーション、ツーリスト・スポーツ、チャーター、レクリエーションサービスなどを網羅します。
この規則は労働局長Gil M. San Nicolas氏によって、先週の木曜日にコモンウェルス・レジスターに提出されました。雇用規則と規制は、完全に外国人労働規則と規制に取って代わりました。
2009年1月1日、このモラトリウムはサービス・インダストリーの適用を停止します。
サービス・インダストリーとは、会計、法律家(弁護士)、銀行と財務サービス、医療と健康管理サービス、メンテナンス、修理、レンタル・サービスなどです。サービス・インダストリーはまた、レストラン、ケータリング・サービス、小売・卸売サービス、ベーカリー販売、小包配送サービス、鑑定・調査サービス、教育サービスなども含まれます。
2010年1月1日、モラトリウムは農業、漁業、水産業、林業、土地管理職などへの適用を停止します。
最終段階の2011年1月1日、モラトリウムは規則に従い、残された全てのポジションを失効します。
このモラトリウムが段階的に行われる間、規則はモラトリウムに6つの免除があるとしています。
規則に表明されているこの免除は、「経済成長と開発の限定された範囲と、コモンウェルスの税基盤保存に離れて設定された範囲」です。
免除、規則はスタンダード・フォームでの訴えと労働局長によって却下あるいは承認されるものと定めています。

○ サブラン氏、決議に反対投票
ティナ・サブラン下院議員は昨日、サイパンの北側の島々に放送聴取圏を拡大することを促している、グアムのラジオ局を推薦する決議に反対する彼女の投票について弁明しました。
今週初めに行われた審議での決議に、唯一反対したサブラン議員は、それは「決議である」という彼女の同僚による愚弄にも関わらず彼女の立場に立っています。
「議会が採択した決議の私の理解は、彼らは重要な達成と画期的な出来事を留保するべきであるというものです。私は正直、この決議が基準を満たしていないと思った」と彼女は述べました。
彼女がこの決議に反対するもうひとつの理由は、ミクロネシアに侮辱的なものであったことに気づいていたと彼女は述べました。
しかし、最も重要な理由は、「人々がいつか議会の記録を確かめるかもしれず、その時、議会がこの決議を採択したことが判明します。的確に、私たちは我々が取り組むべき問題点に更に没頭すべきです」と彼女は述べました。
同氏は、この決議は下院議会の公式見解で、私は真剣に取り扱っていると記しています。
決議はKUAM's Isla 63に、ローカル・ミュージックのプログラムを作成することでチャモロ・ランゲージと文化を奨励させるため、その運営者、Calvoファミリー、を推薦しています。
それはまた、島の北側、パガンとアスンシオン島に届く変圧力を上げることによって、CNMIにAM局の改善ができるとしています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月25日(Fri)▲ページの先頭へ
サイパン1月25日(金)


週末の金曜日、今日も特別なニュースありません。
バラエティ紙に掲載されている「日本人投資家」のインタビュー・シリーズは、今日で4日目です。中々表立って発言しない日本人ですが、この特集記事では割と現実に近いサイパンの実情が、邦人経営者の皆様によって語られていると思います。
こうした見解がもう少し島内に波及すれば、多少なりとも変化は現れてくるのではないかと、期待がもたれます。

○ 日本人投資家はNMIを助けようとしている
Japanese investors say they’re trying to help NMI
(パート4)
CNMIに長年住んでいる日本人投資家は、島の経済にすでに大きな掛け金を投じており、それが彼らの本国からの他のビジネス・スポンサーを招き入れる試みを起こさせている。
Pacific Eagle Enterprise Inc., のアヤ・マツモト副社長によると、長期日本人投資家たちは、日本からより多くの投資家を誘致することのできる最適な人々であるとしています。なぜならば、彼らはここでの投資が良いものかどうかを伝えることができるからです。
投資を望む日本の人々は、ここの投資家にサイパンについて尋ねる、とマツモト氏。
日本からの投資が見込まれる投資家は、他の誰よりもまず、彼らの友人を信じることがより適切であると彼女は言っています。
彼女によると、だから、日本で島のプロモートを望むときは、すでにここに居る日本人投資家が、CNMI政府による相談役となるべきです。
しかし、マツモト氏とターシ・ツアーズ財務管理総支配人タカシ・マツモト氏によれば、日本人投資家のほとんどが、1兆もの人口を持つ市場、中国に興味を示しているとしています。
中国と競うことは挑戦です。マツモト氏はそう述べましたが、北マリアナ日本人協会はCNMI政府と一丸となって、更なる島への投資家、観光客の誘致に引き続き努力しています。
彼女によると、彼らはMVAと共に日本の「シルバー・マーケット」をターゲットに働きかけています。
これは60歳以上の日本人のグループで、「大変重要な」市場となると考えられています。
マツモト氏は、ホテル、トラベル・エージェンシー、コミュニティ・パートナーとのコラボレーションで、今年の4月にキャンペーンを計画していると述べました。
更に彼女は、彼らは日本のシニア層に向けた特別な取り扱いを行うことを望んでいるとしています。
数多くのシルバー・マーケット政策が、過去、議会で取り上げられましたが、なんら法制定には至りませんでした。
マツモト氏の夫ウィリー氏は北マリアナ日本人協会の副会長で、ビューティ・CNMIのようなコミュニティ・グループの活動にも参加しています。
日本人協会は、島のイメージ改善を補助する他の活動に関わっていると彼女は述べています。
日本人ツーリストがCNMIを訪れる沢山のすばらしい理由をもっていると同氏。
サイパンは日本からわずか3時間で、トロピカルな風土と景観の魅力を持っています。
北マリアナは1914年から1944年まで日本によって統治されていました。
マツモト氏によると、CNMIを訪れている幾人かの日本人ツーリストで、喘息や皮膚炎を持つ人々がこの島でその症状が良くなっています。
サイパンの他の長期投資化、キンパチ・レストランのミサコ・カマタ氏もまた、島のイメージを増進するコミュニティ活動に積極的に関わっています。
彼女は、ガラパンのツーリスト区域を更に活発にさせるため、パセオ・デ・マリアナス・プロモーターズINCを組織しました。
マツモト氏は、ツーリストは依然として現地日本人投資家たちのターゲット市場であり、観光産業の更なる促進は大変重要であると言っています。
しかし、日本の数多くの投資家たちが、現在の「変動的状況」と、ここでのビジネスをためらっている感触を持っていることを彼女は知っています。
(つづく)

○ 議会パネル、カバー・オーバー・ファンドの全面開示を求める
下院議会Ways and Means Committeeは財務局長Eloy Inos氏に、連邦政府との和解調停CNMIのカバー・オーバーに関する書類の全面開示を求めています。
カバー・オーバーは連邦政府によってCNMI住民から徴収された税金を照会されコモンウェルスにそれが送付されます。
水曜日、House Ways and Meansのレイ・N.ユマル委員長がイノス氏に通知を送り、連邦とコモンウェルス政府の間の、昨年一年間で結論付けられたカバー・オーバー和解調停に関するいかなる全ての書類をパネルに用意することが要請されている。
クリスマス・ホリデー前、カバー・オーバー・ファンドの中の$26.4ミリオンがCNMI政府によって受領されました。政府は納税者への税還付金の支払い資金に使用することを決めました。
これらの支払いに先立って、CNMI政府は2001年からの支払猶予税還付金、約$34ミリオンを負っていました。
ユマル氏は、和解合意に応じて、連邦政府によってCNMIに支払われた額に関する書類を見ることを望んでいます。
彼によると、税還付に支払うことに費やした一部と、和解合意で受け取った資金のいかなる残額も、彼の委員会の精査のために用意されなければならないとしています。
議会メンバーはまた、コモンウェルス法に一致した優先する立法上の割り当てを抜きにして還付支払いが行われていたかどうかの法的見解も要求しています。
CNMI法は還付の支払いにリベート・トラスト・アカウントを設置します。
1998年に始まっている、CNMI政府は、税還付金の支払いのために政府に支払われた、少なくとも総額の50%を、総予算から別けて保有することが義務付けられました。
この比率割合は2001年に75%に引き上げられました。
カバー・オーバーの支払いは、税還付のために政府に支払われた額が検討されているかどうか、議会メンバーは知りたがっています。

○ 結婚詐欺の男、空港で逮捕
水曜日の午後、空港で日本に向かうフライトでサイパンを離れようとしていた37歳の男が、結婚詐欺で逮捕されました。
午後1時40分に逮捕されたMohammad Wahiduzzaman容疑者は、昨日、保釈審議のため高等裁判所Judge Kenneth Govendo判事の前に連行されました。
Govendo判事は現金$25,000の保釈金を設定しました。
Wahiduzzaman容疑者の弁護士Joey San Nicolas氏は、保釈申請訂正聴聞を要求しました。これは判事が承認し、本日午後3時30分にこの問題が聴取されます。
Wahiduzzaman容疑者は身柄拘束のため拘置局に送還されました。
同氏はShanna Marie Kaipat氏と彼女の友人からの隔離が命じられました。
イミグレーション捜査官Erwin Flores氏の調書によると、同氏はWahiduzzaman容疑者が結婚詐欺に関わっていたとの通知を受けたとしています。
もし、彼らが米国籍者と結婚すれば、CNMIのいかなる外国人居住者も近親者のステイタスを取得できます。これは依然としてここで認められています。また、彼らのIRステイタスが有効な限り、米国籍者に制限されたいくつかの職に応募できます。
Flores捜査官は、1月19日に裁判所に提出した彼の調書で、Kaipat氏はWahiduzzaman容疑者が彼女との婚姻によって入国していたことを捜査官に伝えたと記しています。
Kaipat氏によると、Wahiduzzaman容疑者は彼女に、もし結婚を承諾すれば、彼女に$10,000を支払うと言ったとしています。
Kaipat氏とWahiduzzaman容疑者は2006年12月22日にサイパンの市長室で結婚しました。
Kaipat氏は捜査官に、彼らが夫婦として一緒に住んだことはなく、ずっと別居してい暮らしていたと語りました。
Kaipat氏はは初回、$4,000をWahiduzzaman容疑者から受け取り、2006年12月27日にIRエントリー・パーミットの申請を提出しました。

○ 立法議員数名、グアムの米軍建設はNMIの利益
昨日、下院議会メンバーの数名は、日本の沖縄からグアムへの米軍の移転が現地経済に利益を生むであろうと言っています。
ティナ・サブラン下院議員(無所属サイパン)によると、CNMIはグアムの米軍建設からの利益を得るため、この問題に積極的に参加し、更なる機会を見つけるべきであるとしています。
彼女は、米国の担当者とグアムの彼らの関係者がCNMIを訪れるかもしれないと述べ、CNMIはこの米国担当者たちに美しい自然を紹介し、誘致すべきとしています。
その他の議員からも、この軍事施設建設に関連して、CNMIでの新たなビジネス・チャンスが得られる可能性に言及しました。
グアムへの移転は、約$13 billionから$15 billionで、米海兵隊8千人と彼らの家族約9千人が関わっています。

○ ストア・オーナー暴行
Man charged with assaulting store owner

火曜日、ダンダンのストアのオーナーを襲ったとして22歳の男が起訴されました。
主席検事Jeffery Warfield Sr.は2カウントの凶器による暴行と刑事上の危害で、Vincent Muna容疑者を起訴しました。
起訴状によると、ムーニャ容疑者は1月14日にJeon Je Cheonを襲いました。
Warfield検事の提出した情報によると、ムーニャ容疑者は被害者に石を投げつけ、Jeon Je Cheon氏を大きな石で打ちのめそうとしました。
また、同容疑者は被害者のストアの中の商品に損害を与えました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月24日(Thu)▲ページの先頭へ
サイパン1月24日(木)

○ 日本人来島者2007年度25.7%減
(パート3)
JSTA(Japan-Saipan Travel Agents Association)の報告によると、昨年1年を通じて各月の日本からの来島者数は、2006年度の同月に比べ、一定して下がっていました。
この報告は、島の大手旅行代理店8社— Nippon Travel Agency, PMT, Pacific Development Inc., Hit Tours, R & C Tours Saipan Inc., HIS Saipan Inc., Hankyu Travel and Paupau Tours.−によって取り扱われた日本からの観光客来島者が基にされました。
これらトラベル・エージェントはひとつに限らず、比率変化における「顕著な数字」を記録しました。
2006年度の日本人来島者合計237,120人から、トラベル・エージェントの集計は176,241に落ちました。これは25.7%減でした。
ヒット・ツアーズのツーリスト数は前年度対比で2007年は55.1%まで落ち込みました。同時にPMTは同期間で19.2%減を記録しました。
ターシ・ツアーの会計管理総支配人タカシ・ムラカミ氏によると、日本人来島者合計数は25%減で、これは2005年の日本航空撤退の結果、損失した席数とほぼ同数としています。
「航空便の席数が増えれば、観光客も増える」と同氏。
現在何が起こっているかというと、航空便席数の削減で来島者が減少していると、同氏は付け加えました。

なぜJALはサイパンから撤退したのか?

「損益を出しているからです」とムラカミ氏は述べ「しかし、それは必ずしもツーリストがここに、もはや来たくはないという意味ではない」としています。
同氏によると、商業飛行機にはビジネス・クラス、エコノミー、カーゴ部の、3つのセクションがあると述べています。
エコノミー・クラスを満たす飛行機だけが収益を生むものではないと、同氏は付け加えました。
観光地の航空会社は通常エコノミー・クラスを満たすだけですとムラカミ氏。
JALの撤退前でさえ、他の航空会社は日本人がビジネス目的で飛ぶ中国へのルートにシフトしたと同氏は述べています。これら乗客はファースト・ビジネス・クラスと貨物運搬で飛ぶことをむしろ好んでいます。
ムラカミ氏によると、航空会社はサイパンや他の観光地でリゾートを体験するための観光客を運ぶより、中国へ飛ぶことが「より高い生産力」を得ます。
中国にへばりつく日本人、と同氏は述べ、ビジネス・ベンチャーにとって通例であるとしています。
しかし、更に彼は、航空会社は時々、観光地の政府の抑制の及ばない何かを基に決定が行われるとしています。
日本人レジャー旅行者はJALのチャーター便を通じて未だ旅行をするかもしれません。しかし、村上氏によると、サイパンはグアム、ハワイ、バリと比較されていると言っています。
これがCNMI政府と現地民間企業が「この絵に入る」場所です。そして、より魅力的な観光地を作るために何かを行うことですと彼は述べました。
「そしてこれが、我々がマリアナ観光局と共に密接に働いている理由です」と付け加えました。
MVAのデータは2006年度の280,292から、2007年度の日本人来島者215,196に落ちたことを示しています。これは26%の減少です。
観光客全体は1998年以来下降しています。
CNMI政府は日本からの更なるチャーター状態で傾いていますが、これらの援助もまた、現地日本人投資家によれば、定期便は現地経済に「ずっと良い」ものになるとしています。
しかし、航空会社の視点からは、とムラカミ氏は続けて、航空機のビジネス・クラスとカーゴ・セクションで満たすことができれば、定期便で利益を出すことができると述べました。それはツーリストばかりでなく投資家にも同様に要求されています。

○ フィッテイェル知事、8名の雇用を保証、1名は給料上限免除
フィッティエル知事は多様な政府事務室に8名の至急雇用を保証しています。そのうちの1名は給料上限法から免除されています。
エマージェンシー・オフィスの医師、管理職員II、レントゲン医師の3つのポジションはDPHで承認されました。全員がCHCに任命されます。
レントゲン医師はDPH局長Kevin Villagomez氏によって要求されました。同時に管理職員IIは2007年6月8日に辞職した後任となります。
労働局には、知事が2名の雇用を承認し、労働法執行見習いのポジションに就きます。
労働局長Gil M. San Nicolas氏によると、これらは、すでに同局を辞めているJoseph Ngiratreked とSina Niwoの後任になります。
高等裁判所には、主席判事の法執務、法執行官代行理見習い、副法廷書記3名が、知事に承認されて雇用されます。
フィッテイェル知事はまた、年間$50,000の給与上限を設定する法律から、パブリック・ヘルスの1名を免除しました。
CHCエマージェンシー・オフィスのDr. Patrick J. Tong医師は$112,500を受領します。

○ 行方不明漁師の捜索断念
行方不明になっている48歳の漁師の捜索は、昨日終了しました。
DPS広報担当官Lei Ogumoro氏によると、日曜日から行方不明になっているSkaruno M. Renguul氏の捜索は、昨日午後6時で打ち切られたとしています。
Renguul氏はカグマンのマリン・ビーチで蟹取りをしているときに高波に呑まれました。
オグムロ広報官によると、DPSボーティング・セーフティ・セクションのメンバーとダイブ・レスキュー・チームが、EMO(Emergency Management Office)とCPAポリスと共にRenguul氏を懸命に捜索したとしています。
オグムロ氏はまた、20名の警察官と消防士が救出捜査に関わったと述べました。

○ 事業所有者が元従業員ともう一人を、契約不履行で訴える
ダラスに拠点を置く会社による契約不履行を訴えた事業のオーナーは、二人の人物が「彼らの所有する利益」のため、彼の会社を使ったと言っています。
殺虫剤コントロール・サービスで契約された事業社Pestex Co. Inc.,のオーナー、Jose T. Deleon Guerrero氏はによると、彼の前従業員と他の人物が、彼らの所有供給物のための商品をUnivarから購入しました。
同氏は、これらの人物が彼の会社Pestex Companyを通じたビジネス取引を使ってUnivar USA Inc.に化学薬品を発注したと言っています。
彼は、この化学薬品がPestex ではなく、Advance Groupの利益のために購入されたとしています。
PestexはUnivarによって、商取引購入代金$6,851.03の未払いで契約不履行の訴訟を起こされました。
Deleon Guerrero氏によると、彼の前従業員Eleazar Yumul Sigua と彼のパートナーRalph Yumulを2006年5月に高等裁判所に提訴したと述べました。
被告と彼らの会社Advance Group LLCは契約不履行、不公平業務実行、信託業務不履行、業務不正干渉、詐欺などで訴えられました。
この訴訟は未だ法廷闘争中です。Deleon Guerrero氏はMichael Dotts弁護士による代表を立て、同時にVictorino DLG Torres弁護士が被告人代表となっています。
被告人はDeleon Guerrero氏に対し、反訴を提訴しました。

○ 労働局、雇用主が従業員の期限切れ小切手を取り替えることを望む
労働局は、数名の労働者が彼らの労働審判和解調停後、取得せずに、すでに期限切れとなっている小切手の再発効について、雇用主に「口論を起こさせない」ことを望んでいます。
同時に労働局管理官Rose Ada-Hocog氏は、外国人労働者に請求者のない小切手を彼らのオフィスに取りに来るよう、彼らの要求を繰り返しました。
彼女によると、たとえ期限が切れている小切手でも、同局は当事者に新たな小切手の再発効を通知するとしています。
同氏によれば、前雇用主と和解合意している外国人労働者は、常に彼らの小切手を確かめるべきで、それはまた同局に「支払い中であるか未払いなのか、最新の記録」を得る機会をも与えます。
同氏によると、彼らのオフィスには、1992年当時の日付の$100,000相当もの和解金小切手が未集金のまま残されているとしています。
ほとんどの小切手が6ヶ月のみ有効と表示されています。
これらの小切手は2007年6月以前に発効されたもので、有効期限を完了しており、彼らがすでに労働局の行政命令に応諾しているため、雇用主は新たに別の小切手を発行する義務はありません。
しかし、同氏は、「もし彼らが申し出れば、期限切れ小切手を再発行するための十分な配慮」を持つ雇用主はいるとしています。
労働局では、外国人労働者の請求者不明の未集金小切手が200件あまり、データベースに未だ入力中であるとして、本国に帰還しているこれら労働者に連絡を取り、郵送もしていると述べています。
Ada-Hocog氏によると、労働局は、小切手に表記された受取人以外の人物への小切手発効はしないとしています。
もし、当事者自身がこの小切手を受け取れない場合は、米国籍者によって公証された法的権限を持つ人物であれば可能であると付け加えました。

○ ポーカー・ライセンス料の再割り当て法案
ポーカー・マシーンから生まれるライセンス費を再配分するための法案が下院議会に提出されています。
Victor B. Hocog議員によって草案された、H.B. 16-2は、サイパン、ロタ、テニアンの64件のポーカー・マシーンから集金されるライセンス費の100%を充当することを目指しています。
Hocog議員(無所属ロタ)によると、現状のライセンス費は各マシーン$10,000です。
この数字から、彼は、この法案はおよそ$4,000を自治政府に提供し、同時に$6,000を総予算に当てるとしています。
「すべてのライセンス費は、ライセンス発効に先立って支払われており、無返金である」と法案は示しています。
この法案によれば、64のマシーンからのライセンス費だけを再配分させ、同時に残されたマシーンは現状の予算充当に留め置かれます。
この法案は、財務局がサイパン、ロタ、テニアンの予算割り当てを取り扱う機関となることが示しています。
同氏は、各マシーンから集金されるライセンス費の$10,000で、合計$640,000が捻出できると見込んでいます。
同氏はまた、他の法案H.B. 16-3も提出しました。この法案は、賭博運営によるグロス税の5%を財務局の特別会計に当てるというものです。この特別会計からのお金は、コミュニティの教育プログラム、雇用、健康管理に使用されるものとなっています。

○ 労働局、二つの却下を反転
労働局は2件の決定を反転させ、2名の外国人労働者に、彼らのパーミット申請手続きの別の機会を与えています。
労働局は以前、その雇用証明書が疑わしいとして、ASG CorporationのErwin E. Vergara雇用申請を却下しました。
聴聞において、雇用主の人事マネージャー、Nanette Cabrera氏は労働局の示す証明書について、十分な説明を行いました。
Cabrera氏が新たな証明書を提出し、他の部分の適切な提出を行った後、ヒーリング・オフィサーHerbert Soll氏は却下を反転を申し渡しました。
もうひとつの却下は、Zhang Chunliの雇用を望むLiberty Corp.に関わる件です。
会社が4年以上その従業員の会計を行わなかったことで、労働局はZhangへの雇用主のパーミット申請を却下しました。
新雇用、Chunliは未だCNMIに入国していません。
会社の社長Kuan Y.Leungはヒーリングに出席、会社の従業員勤務表を提出しました。
しかしながら、労働局はヒーリングに代表を送ることができず、Sollは、書類審査ユニットによる手順に従って、彼の知識を基に妥当な書類審査に従って決定を下したとしています。
この申請は、Soll氏によれば、手続きが行われるべく命令がとられているとしています。この時点で、同氏は労働局の以前の決定、申請却下を反転する命令を下しました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月23日(Wed)▲ページの先頭へ
サイパン1月23日(水)

○ NMI土地法は日本人投資家にとっての大きな懸念
(これはCNMIの主要な投資と観光市場の歴史と現状、また、時代を超えたその下降がどのように現地経済に影響を及ぼしているか、における論説の第二部です)
ほとんどの日本人投資家が、CNMIの土地リース・システムがサイパンを去っている第一の原因だと言っています。
ホテル・ニッコー・サイパンの総支配人で取締役副社長のニシゴオリ氏は、投資家は米国のどこでも土地を所有することができるが、CNMIではできない、と述べていました。
政府の土地資源経営管理は「投資家を招聘していません」。
CNMI憲法第12条は「コモンウェルス内の不動産所有地における長期所有権と永久取得は、北マリアナの血統人物に制限される」と明言しています。
私有地は55年までリースが可能です。また、公共地は、初めに25年までのリースを行うことができ、15年だけ延長が可能です。
ニシゴオリ氏によると、CNMI法の下、外国投資家はリース契約が終了した時点で、土地所有者への彼らの投資を引き上げるとしています。
「これで、何故我々が投資しなければならないのでしょう?」彼は尋ねました。
彼はまた、CNMI政府の行動に一貫性がないと指摘しました。それは、政府が外国投資家の窮状について本当に「真剣に考慮している」のか、怪訝に思わせるものであるとしています。
彼は、CNMI政府のシステムは投資家に「興味を引くものではない」と言っています。
「公共料金」、と更に彼は述べ、サイパンの投資家が直面している問題を示しています。
「この(CUC)問題−グアム、ハワイでもこのような事態を私は見たことがない」と彼は述べました。

最悪の年

Pacific Eagle Enterprises, Inc.,のアヤ・マツモト副社長は、20年近くサイパンでビジネスを行ってきて、2007年が最悪の年であったとしています。
彼女もまた、CNMIの土地法が「問題のひとつ」であると考えています。
「過去このような苦難を経験したことはない」と彼女は述べ、更に、彼らはすでに米本土、グアムあるいは日本へ移ることを計画していたとしています。
しかし、今月初め、彼女と夫ウィリー氏は、話し合って残ることを決めました。
「私の夫はこの島が好きです」と彼女は述べ、サイパンに20年以上暮らし、現地住民との強い関係もすでに作り上げているとしています。
しかしながら、他の投資家に彼らの残っているリース期間を過ごす困難さがあります。
リースが数年残る彼らの所有地を誰も引き継いではくれず、「誰かに売るのことも難しい」と彼女は言っています。
この島は、更に、「大変小さな市場」で、成長は無いとしています。
パシフィック・イーグルは建設資材と、サイパンのほとんどのホテルにエンジニアリング機器の供給業者です。
1987年の開業後間もなく、サイパンでの「投資ブーム」が始まり、ダイヤモンドホテル、ホテル・ニッコー・サイパン、コーラルオーシャンポイント、アクアリゾート・クラブ、ハイアット・リージェンシー、プルメリア・リゾートなどの一連の開業を目の当たりにしてきました。
1992年、パシフィック・イーグルは、ビジネス・コンサルテーション活動に参加することよって、サイパンでのビジネス設立におけるキー的役割を担いました。
パシフィック・イーグルはまた、主要現地企業のオフィスとアパートのメンテナンス管理を始め、ロタ、テニアンの市場を開拓するまでになりました。
土地法と並んで、マツモト氏によると、CNMIへのフライトの縮小とここでのビジネス設立の複雑さなども、サイパンでの外国投資家に悪影響を及ぼしているとしています。
「チャーター便は助けになるが、日本からの定期便が本当に必要である」と彼女は述べました。
サイパンに彼らの投資を開始した20年前は「大変簡単なシステム」で行えたと、彼女は思い起こしました。
しかし今は、と彼女は述べ、複雑な事項が沢山義務付けられているように見えるとしています。
加えて現地法に応諾すること、マツモト氏によると、投資家は連邦法と上手く取引すべきであるとしています。

厳しい時代

ガラパンのキンパチ・レストランのオーナー、ミサコ・カマタ氏は、CNMIの外国投資家が直面する主な問題の中からローカル土地法を挙げています。
彼女はによると、大きな投資家は、土地の所有ができないため、島に彼らの資金投下を躊躇するとしています。
55年リースの残り32年を持つカマタ氏は、現状の法律はローカルにとってだけ良いものであるとしています。
彼女は現地住民の懸念も理解しているとして、ほとんどの投資家が彼らのビジネスのためより長いリースを望んでいると述べました。
議会で「沢山の話し合い」が行われているが、「何も変わらない」と指摘しました。
現在、カマタ氏によると、彼らもまた、日本人来島者の減少に立ち向かっているとしています。
日本人ツーリストは他のビジターより多く費やす、サイパンのビジネスにとって依然として最高の市場であるとしています。
「誰も日本航空が撤退するとは思っていなかった」と彼女は述べ、2005年10月のJALのサイパン便停止決定に言及しています。
ガラパンの鳥秀レストランのオーナー、ヒデオ・ミヤザワ氏は、日本人の定年退職者を誘致するべきと述べました。
彼によると、これら退職者のほとんどが退職後の安穏地を探しており、政府からの需給年金額は各自月$3,000に達するとしています。
彼の友人退職者のほとんどが、タイ、フィリピンなど他のアジア諸国に彼らの資金を投資する引退を選んでいるとしています。
ミヤザワ氏は、彼のリース契約期限の11月に、ガラパンの新たな場所に彼のレストランを移転しました。
「高額なリース料とCUCの請求額をこれ以上支払うことができないため」、彼は新たな場所を見つける決断をしました。
更に彼は、「じきに、ことが上手く運んで欲しい」と述べました。
(つづく)

○ タオタオ・タノ:「寡黙な大多数」が集会に参加
TAOTAO Tano CNMI Associationのグレッグ・クルズ会長は、日曜日の彼らの集会に千人以上が参加したことを疑う人々は、村の住民と、島の周りで行われた自動車パレードの支援を表明していた「寡黙な大多数」の残りを見ていないと言っています。
集会批判者はガラパン・フィッシング・ベースに集合した車の中の人々を見ただけである、と同氏は述べています。
同氏によると、「彼は懐疑論者に反駁することには気乗りしなかったが、噓つき呼ばわりされることを望まない現地の人々のため、我々の集会に千人以上が集ったことを説明する」と述べました。
クルズ氏によると、午前9時45分から午前11時に間に、ガラパン・フィッシング・ベースに集まったこれら参加者は集会参加者の一部で、彼らの大多数は村の異なったポイントで待っていて、島の各村に向けた自動車パレードに参加したものでした。
彼の見積もりでは、コンボイに参加した車は350台以上であったとしています。

○ 下院議会、9月に知事から予算案2件を受領
フィッテイェル知事は、2日間のスパンの中で、2008年度予算案の2つの異なったヴァージョンを、第15回議会に提出しました。
2007年9月10日、知事室は、適用のための$168.771ミリオンの予算財源を証明した、「2008年度予算送信」と名付けられた書類を伝達しました。
しかし、9月12日に知事は、「2008年度予算送信」と名付けられた、額面$160.1ミリオンが証明された予算財源を送りました。
昨日、House Ways and Means Committeeの委員長レイ・N.ユマル下院議員(共和党サイパン)は、この「相違」について、知事代行のティモシー・P.ビラゴメズ氏に通知しました。
フィッテイェル知事は昨日、「投資家と会うため」フィリピンに居ました。
ビラコメズ氏への書簡でユマル氏は「提示された2つの書類を基に、適用を証明された予算財源の中に約$8.6ミリオンの相違がある」と述べています。
ユマル氏は知事代行に、適用のための2008年度予算財源を「明確かつ識別」することを求めました。

○ オーバーステイ外国人逮捕
2001年に許可が失効した不法滞在外国人が昨日逮捕されました。
中国人Qing Cheng Zhangは昨日午後、保釈聴聞のため高等裁判所に連行されました。
政府は、同氏の入国許可の条件と期限の応諾不履行で、被告人を強制送還するよう望んでいます。
裁判所に提出された供述調書によると、被告人は2000年11月にSai Chi US Int. Inc.のキッチンヘルパーとして働きに来たと記されています。
被告人のパーミットは2001年11月25日に失効しました。
同調書には、被告人が彼の雇用主に対し労働審判を求めましたが、当事者双方の和解合意の後これを取り下げました。
被告人は労働局にコンセンサル・トランスファーの申請を行わず、CNMIでの一時雇用許可は発効されていません。

○ 行方不明犬
飼い犬が、月曜日の午前10時30分頃から行方不明になっています。
この雄犬は、家族の住居ダンダンのPalasyo Courtで最後に目撃されています。
この犬は雄のrottweiler3歳で黒毛、足がブラウンです。
もし見かけたら、288-2575 Rudyもしくは234-6866 Jocelynまで。

○ マリアナス・マーチ・ミーティング
(MMAC) – The Marianas March Against Cancer team captainsは、2月6日水曜日、ハイアット・リージェンシーのチャモリニアン・ルームで午後5時30分からミーティングを行います。
The Marianas March Against Cancer Committeeでは、前回と興味あるチームキャプテン全員を招待しています。この会議は来る2008年度の癌撲滅マリアナス・マーチに関する重要なミーティングです。
詳細はChris A. Concepcionまで。chrisaconcepcion@gmail.com.

○ テブテブ氏、サイパン代表団の新会長
サイパンとノーザン・アイランドの議会代表メンバーは昨日、彼らの新しい役員を選出しました。
Ramon S. Tebuteb下院議員(共和党サイパン)が会長に選ばれ、Francisco S. Dela Cruz下院議員(コビナント党サイパン)が副会長、Justo S. Quitugua下院議員(民主党サイパン)がフロア・リーダーにそれぞれ選ばれました。
新委員会役員はまた、19メンバーが出席した審議でも指名されました。
Luis P. Crisostimo上院議員(民主党サイパン)と下院マジョリティ・リーダーのOscar M. Babauta下院議員(コビナント党サイパン)は棄権しました。
Ways and Meansの会長はRay N. Yumul下院議員(共和党サイパン)が指名されました。
Babauta議員はNatural Resourcesの座長、Tina Sablan下院議員(無所属サイパン)はPublic Utilities, Transportation and Communications、Rosemond B. Santos下院議員(共和党サイパン)はJudiciary and Governmental Affairs、Edward T. Salas下院議員(共和党サイパン)はCommerce and Tourism、Ralph DLG. Torres議員はHealth,

○ パーミット申請「スポンサーシップ」謀略の調査でスパークする
労働局では、5名の外国人労働者の労働パーミット申請中における訴訟中に、不法なスポンサーシップ・スキムを含む雇用主の活動の捜査を開始しました。
Maria E. Pelisamenによって提出された申請を却下した以前の労働局の決定を、行政命令が肯定した後、同局は、雇用主になるはずであった彼女と数名の家族が「労働者に労働・入国書類を偽造入手した謀略につながる刑事犯罪容疑があった」と記しました。
この事件は高等裁判所で未だ保留となっています。
2007年8月29日、労働局はPelisamenのDaisy C. Gopez, Nila A. Isip, Maria C. Licop, Myrna L. Campos and Clovita S. Buzonらの雇用申請を、多数の不備訂正を雇用主の不履行として却下しました。
雇用従業員はまとまって個人訴訟を起こし、聴聞が2007年12月26日に予定されましたが、Pelisamenは出廷しませんでした。
聴聞官Jerry Cody氏による行政命令によると、各申請書はおびただしい不備が含まれており、雇用主はこれを修正しませんでした。そのため、この申請の却下は正当とされました。
労働者はこの却下に争うことなく、労働局の聴聞中に、新たな雇用主へのトランスファーの機会を求めていただけであることを伝えました。
労働局はこの要請に反対するつもりは無いが、もし、捜査中に労働者が具体的な違法な企てに関わっていたことが解れば、いかなるパーミットも破棄する権利を保有していると述べました。
Cody氏は労働者に、もし彼らが何らかの形で「スポンサーシップ」スキムに関わっていることが将来発覚した場合、強制送還の可能性も含め厳しい法的措置が課せられうことを伝えました。
各労働者は、新雇用主を見つけるため、45日のトランスファー救済措置の承認を受けました。

○ サンアントニオ・ストアでの強盗を食い止める
サンアントニオのストアに覆面をしてナイフを持った強盗が押し入り、強奪を試みましたが、キャッシャーが彼女の夫に知らせたため逃げ出しました。
DPSの調べでは、事件が起きたサンアントニオのスマイル・ストアからは何も盗まれず、誰も怪我をしていないと発表しています。
DPSによると、1月16日水曜日の午後11時22分、強盗事件発生の通報があり、サンアントニオの事件現場に警察官が駆けつけました。
強盗は緑色の長袖シャツにフードと黒いマスクで顔を覆っていたとのことです。
DPSでは情報提供を求めています。
連絡先はCrime Stoppers at 234-7272.まで。

○ 下院議会、4つの決議を採択
昨日行われた第一回下院議会特別審議で4つの決議が採択されました。
Ray N. Yumul議員(共和党サイパン)によって提案された下院同一権限決議16-1は、10月1日に始まった2008年度の収入と財源を確認しました。
また採択された合同決議、H.J.R. 16-1は、Heinz S. Hofschneider下院議員(共和党サイパン)によって提出されました。これは、CNMI高等裁判所の決定に応諾し、下院議員の追加人員2名を認めるものです。これにより、下院議席数は18から20に増えました。この決議は、P.L. 15-71による修正として、2007年度 Budget Authority Actとその割り当ては、新下院メンバー2名に予算付けを行わないことを記しました。
Stanley T. Torres下院議員(共和党サイパン)は、合同決議16-3を提出し、全会一致で採択されました。この決議は、グアムのラジオ局KUAM, ISLA 63とCalvo Brothers、そして、「ローカル音楽とプログラミングを通じ、チャモロ言語と文化の存続を向上させる活動」を認めるものです。
4つ目の決議は、連邦労働局Occupational Safety and Health AdministrationのRegion IX管理官を定年退職したFrank Strasheim氏に、「CNMIの男女労働者の保護を与えるために彼の特技・知識を臨時に寄与する」ことを一任することが採択されました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月22日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン1月22日(火)

本日火曜日の新聞は記事数が多かったので、バラエティ紙を中心にご紹介します。
また、現在PTIサーバーの調子が悪いようで、アップロードに時間がかかってしまうので、その他の記事は、追って掲載させて頂きます。
今日のトピックスでは、日本人の経営者の方々のコメントが載っていて興味深かったです。これはシリーズとして取材をしていくようです。

○ 何故彼らはここに来て、何故去っていくのか
(シリーズ1.)
−青い海、青い空、白い砂−日本人投資家と観光客をCNMIに引きつけた日本人のトロピカル・アイランドの魅力とその美的感覚、また、コモンウェルスの経済問題が悪化しているにもかかわらず、依然として多数の日本人ビジネスがここに残る主な理由がそこにあります。
バラエティ紙によってインタビューされた日本人投資家によると、根本的に彼らの同国人の需要を満たすためにCNMIに来たとしています。
ニッコー・ホテル・サイパンの総支配人で取締役副社長のヒデオ・ニシゴオリ氏によると、日本人観光客をひきつける島の可能性から、1988年にサイパンでの投資を決定したと述べています。
同社は、適切な場所に建設されることを確実にするため、サイパンでのホテル建設に先立つ3年から4年の計画を描きました。
同氏によれば、彼は未だ島の自然環境が日本人観光客を引き付けていると信じているとしています。
「日本人はトロピカル観光地を求めているというイメージがあります」と同氏は述べ、更に、同氏のホテル・ビジネスは1996年まで「大変良かった」とニシゴオリ氏は思い起こしました。
最近、CNMIから「退出」する最新の日本人投資家のホテル・ニッコーがUMDAに取得されたと発表がありました。
ガラパンのキンパチ・レストランのオーナー、ミサコ・カマタ氏は、1980年に彼女の両親が開業したことを思い起こしています。当時はガラパン地区のビジネスは非常に少なかったとしています。
「とても静かだった」と彼女は述べました。
彼らは、島のトロピカル・ビューティが日本人観光客を魅了することを知って、サイパンに投資しました。
グアムでの生活経験があった彼女の両親は、サイパンも同様にビジネスが行えると信じました。
彼女によると、当時はわずか3〜4軒のレストランがあっただけで、毎日の売り上げは「大したこと」はなかったとしています。
「売り上げが$100か$200あったら、それで十分幸せでした」と彼女は語っています。
しかし、彼らのビジネスは年毎に良くなり、1990年初期にはピークを迎えました。
2001年に米国が攻撃された911の前でさえ、日本経済は「悪い時期」を迎えていたため「彼らのビジネスはすでに「落ちこんでいっていった」と彼女は述べました。
彼女によると、日本経済は、後に破裂するためだけの泡のような急成長をしたとしています。
鳥秀のオーナー、ヒデオ・ミヤザワ氏は、サイパンでレストランを開業したとき、異なったモチベーションを持っていました。
彼は、島に来る日本人観光客が欠乏したため、2001年10月にサイパンでのレストラン経営に投資したとしています。
911テロが日本人ツーリストを怖がらせたことで、彼はローカル住民を対象にした真の日本料理店を思いつきました。
彼がこのレストランを開業したとき、すでに島には多数の日本人がいたと言っています。
しかし、鳥秀のメニューとサービスは、サイパンを訪れる日本人観光客の減少にも関わらず、ビジネスの存続が許されるものと彼は信じていました。
ミヤザワ氏は、ローカル住民の味を分析し取り込み、現地風な日本料理を用意することを学んだと述べました。
彼は現地の食べ物もまた提供していると述べています。
彼は彼のレストランが、日本人ツーリストよりも現地人の中で一般的であると思っています。
経済は悪化していると彼は述べ、しかし、彼のレストランはローカル・マーケットに未だ頼ることができると述べています。
「もし、私が日本人観光客を当てにしていたならば、生き残れなかっただろう」とミヤザワ氏は述べ、「現地の味にしたことが幸いした」としています。
1997年に横浜おかだやストアの総支配人としてサイパンに来たミヤザワ氏は、サイパンに美しさ、特にそのラグーンが日本人を島に呼び寄せていると述べました。
(つづく)

○ タオタオ・タノ集会は混じったリアクションを導いた
日曜日、Taotao Tano CNMI Association Inc.によって導かれた自動車パレード集会は、連邦化反対のためなのか、単に「安全に楽しんでいる」かのいずれかによって、コミュニティのメンバーから異なったリアクションを導きました。
これら連邦化反対は、このイベントと最終的にひとつの声を上げた現地住民を讃えると同時に、「千人以上」がタオタオ・タノのリーダー、グレッグ・クルズ氏による抗議で参加したかどうか疑っています。
ディエゴ・T.ベナベンテ下院議員(共和党サイパン)は、集会は「大変な成功だった」と聞いたと述べ、この活動は自由の表現を祝うものと信ずるとしています。
同氏によると、仮にこの集会が連邦化に反対するものであったとしても、それは平和的秩序の中で催されたもので、連邦政府とのCNMIの関係に影響を与えるものではないとしています。
新たに選出されたサイパン評議員メンバーのレイ・B.カマチョ氏は、このパレードを支援したと述べ、それはこの人手によって感銘を与えたとしました。
これは、連邦下院法案H.R. 3079が法制定された時の「連邦化の影響を、現地住民が解り始めた」ということに他ならないと同氏は述べています。
彼は、その開始が「外国人労働者への大きなクエッション・マーク」になるだろうとしています。
カマチョ氏によれば、ゲストワーカーは、連邦化が彼らのCNMIの滞在と入国を更に制限する意味を持つことを知るであろうとしています。
ティナ・サブラン下院議員(無所属サイパン)と、12月の連邦化への「団結行進」のオーガナイザーのひとりは昨日、いかなる問題に対しても誰もがその見解を表現する権利があると述べました。
「私はこのパレードで表現された見解には同意しないが、一般常識に立って、彼らの意見を持ち、デモを行う権利を尊重する」と彼女は述べました。
昨日はマーティン・ルーサー・キング・デーで、彼女は「我々は市民の権利、表現の自由、集会の自由を祝福しました」と述べ、同時に、フィッテイェル政府の高官がこの集会に参加していたことに驚きはしなかったとしています。また、知事の見解と連邦化におけるタオタオ・タノは同じであるとしています。
連邦労働局オンブズマンのJim Benedetto氏は、別のインタビューで、彼は常に人々が権利を実行することを好んでいるとして、「すばらしいこと」と述べました。
しかしながら、彼はタオタオ・タノ集会に「千人以上」が参加したことが疑わしいと表現しました。
彼は、道路でパレードが通過するときに、このコンボイは76台の車しか数えられなかったと述べています。
同氏によると、もし、二千人がパレードに居たとすれば、1台の車に25人づつ乗っていなければならないとしています。
Stephen Woodruff弁護士と高校教師Ron Hodges氏もまた、タオタオ・タノの抗議を疑っています。
「明らかに二千人はいない」とWoodruff氏、しかし、「この集会が私を当惑させたのは政府高官の参加であり、外国人労働者の訴えを取り扱う上で、彼らは公平無私でいなければならないはずである」としています。
Hodges氏はタオタオ・タノの見込みは「単なるプロパガンダに過ぎない」と述べました。
タオタオ・タノのグレッグ・クルズ氏は、全ての支援者に感謝したいと述べ、特にパレードでの警察官のすばらしい職務に感謝するとしています。

○ 拘置所フード・ケータリング、未解決の論争
デパートメント・オブ・コレクションの所長によると、来週中にオープンする新拘置施設の囚人に誰が食事を提供するか未だ決まっていません。
金曜日のLino S. Tenorioコミッショナーのインタビューでは、フード・ケータリング・サービスに関する問題は未だ解決されていないと述べました。またOPA(Office of the Public Auditor)は未だこの問題にあたっているとしています。
テノリオ氏はOPAの「フィードバック」を待っていると述べています。
「我々は彼らの決定を待っており、もし、決定が下されれば、我々はそれに従います」とコミッショナーは述べました。
テノリオ氏は、DOC(Department of Corrections)のフード・ケータリング契約の入札者のひとつからの抗議を提示していました。
この入札者はDivision of Procurement and Supplyがその抗議を却下した後、OPAに訴えを起こしました。
テノリオ氏によると、「すべての入札者は入札手続きを行う資格があり、DPASの決定を争う権利があるとしています。
先月、Bolis-R-Us Catering のマネージャーTheresita B. Daza氏は、DPASが彼女の入札抗議を却下する決定に訴えを起こしました。
この契約は二番目に低い入札額のMJ Kitchenette & Cateringが獲得しました。
Daza氏は、要求に応諾した入札者は彼女の会社だけだったと訴えました。
テノリオ氏は、フード・サービスは新施設がオープンするときの、熟考すべき事柄の中のひとつに過ぎないと述べました。
同局ではこの施設のオープン準備に23名の新職員を雇用しています。

○ 現地共和党、ブッシュ大統領のNMI訪問を求める
島の共和党代表はブッシュ大統領のCNMI訪問を招聘しています。
後に大統領となる当時の副大統領George H.W. Bush氏と、元大統領ジミー・カーター氏は北マリアナを訪問しています。しかし、もし、Roman “Bo” T. Palacio氏の招待が受け入れられたならば、現在の国民を統率する現職の大統領として初めて島へ足を踏み入れることになります。
同氏は、先週の共和党ナショナル・コミッティのウィンター・ミーティングで大統領に会ったと述べました。
同氏によると、大統領は「ワシントンから1万マイルも離れたコモンウェルスへの訪問の可能性について興奮した様子だったと述べています。
彼は個人的にブッシュ氏と会ったのはこれが初めてではないが、はす機会を得たのは今回が初めてであったとしています。

Palacios described the president as an “exceptionally intelligent, personable person who loves to joke.”

The NMI Republican Partyは、9月にミネアポリスでのナショナル・コンベンションに向けて、2月23日に更に6名の代表を選びます。
この6名は現地党首のトム・パンゲリナン氏とGOPナショナル・コミッティウーマンのメリーロウ・アダ氏と合流します。

○ 労働局は雇用主にゲストワーカーのトランスファーを認めることを奨励
労働局は、雇用申請における書類不足など雇用主の間違いによる、外国人労働者の新たな雇用主へのトランスファーの機会を与えています。
労働局ではまた、当初却下したIgloria D. Buenaventuraをコックとして雇用するSegundo Posadasの申請を、管理官Jerry Cody氏は、この労働者のトランスファー救済の要請を認める命令を下しました。
BuenaventuraをPosadas’ Segundo Barbecueで就業することを認める、条件付トランスファーが承認された3ヵ月後、労働局は2007年2月15日に、従業員自身による住居確保宣誓書とその他要求事項の最新の検査実施を含む、申請不備通知を発効しました。
労働局はこれらの不備を正すいかなる書類も提出されなかったとしてPosadasの申請を却下しました。
Buenaventuraは、彼がPosadasで昨年の11月7日まで働き始めたことで、コンディショナル・グラントが有効であったと信じていたと、聴聞で証言しました。
彼は、労働局の却下と争わないが、新雇用主を見つけることが許可されることを望んでいます。
労働局はPosadasがこの不備について知っていながら、数ヶ月間何も講じなかったと結論付けました。
Buenaventuraの立場は「この却下を尊重することに異存はないが、彼は今回トランスファーの許可が与えられるべきである」としています。
彼は本国送還を避けるため、30日以内にトランスファーの申請を行わねばなりません。
Cody氏は、Posadasに1年間の外国人労働者の雇用資格剥奪を命じました。

○ OPA新たな人事雇用を望む
Public Auditorのマイク・サブランしによると、OPA(Office of Public Auditor)は2年間のスパンで10人以上の専門スタッフを失っているとしています。
これらの人材はより良いキャリアーを、新たなチャレンジあるいは新天地に持ち越しており、そのほとんどが米本土にいると彼は述べました。
彼は更に、OPAはその有能な人材と機能を継続させるための補充雇用がされていないと述べました。
同氏は、7年以上前にパブリック・オーディターになったとき、OPAは全部で39名のスタッフを持っていたと述べています。
「現在は22名に落ちている」として、2名の法律顧問、3人の管理支援スタッフ、2名が捜査ユニットに任命され、海外渉外1名、残りが監査ユニットであるとしています。
2007年度、総合資金機関から1%の寄与を含め、OPA予算は$3.1ミリオンでした。
同氏は、OPAはわずか$1.6ミリオンしか使用しておらず、残りの予算は総合資金に戻したとしています。
彼のスタッフに専門的、多様なスキル・トレーニングを施した後、サブラン氏はOPAではその空職を補充するため雇用の準備がすでに整っているとしています。

○ LPG価格、ブタン・ガス値上げ
グアムの供給事業者の値上げに準じて、LPG、ブタン・ガスは昨日値上げされました。
Wushinは1月14日、LPG・1ガロンの価格を33セント値上げすると発表しましたが、競合社もあり、実際には18セントの値上げしか実施しませんでした。
同社は昨日、1ガロン$3.50、90ポンドLPGの価格を$113に値上げしました。
50ポンドは$66.50、20ポンドは$29.50となりました。
ブタン・ガスのホールセーラーは1ボックス$16.75から現在$19.50になったと発表しました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月21日(Mon)▲ページの先頭へ
サイパン1月21日(月)

みなさんこんにちは。
いつも「サイパンあぐっぱ」をお読み頂きありがとうございます。
拙い翻訳ではございますが、北マリアナ・サイパン島在住の日本人の皆様に少しでも多くの情報をお伝えしようと頑張っております。

さて、昨日気がついたのですが、なんと18日の記事が欠如していました。
これは、たぶん掲載時にアップロードの最終確認を行っていなかったため、エラーが出ていたものと思われます。
昨日、もう一度掲載をし直そうと思いましたが、新聞記事はリアルタイムで動いているので、今更過去のニュースを載せても仕方がないと思い、あきらめました。
せっかく書いた記事が欠落したので、多少落ち込みましたが、今後はアップロードの確認に注意するようにします。

ということで、週明けの21日月曜日、本日はマーティン・ルーサー・キング・デーでホリデーです。
民権運動の指導者としてアメリカの歴史に残るマーティン・ルーサー・キング牧師の偉大な功績にあやかって、本日は現地住民による集会パレードのニュースからお伝えしていきましょう。

○ 連邦化に対する自動車パレード集会に千人ほどが参加
タオタオ・タノCNMI協会によれば、政府職員と島の3政党からの著名人物を含む千人もの現地住民が、現地ローカル・イミグレーション・システムの連邦化への反意を示す「団結集会」に参加したとしています。
同グループのグレッグ・クルズ会長によると、ガラパンのフィッシング・ベースから始まった自動車パレードに、100台を超える自動車が集い、この集会への参加者は、外国人労働者のイミグレーション・ステイタスの改善を求めて行われた12月7日の「団結デモ行進」の数にほぼ匹敵するとしています。
クルズ氏は、現地住民は過去数ヶ月、タオタオ・タノと一緒に集ったことは無かったと言っています。それは「我々は平和を愛する人々−現地人は沈黙している」からだとしています。
彼らは外国人労働者に反対はしておらず、この集会は「我々がここに居るということ−現地住民はここにいるということを皆に知らしめることが基本です」とクルズ氏。
自動車パレードの編成を手助けした青年センター・コーディネーターのケン・コンセプション氏は、パレードはガラパン・フィッシング・センターに戻る前に、マッピまでの道程でコブラ、カグマン、キャピタル・ヒルを通過したと述べました。
集会に参加した政府関係者は、広報官チャールズ・レジス氏、DLNR(Department of Land and Natural Resources)局長のイグナシオ・デラ・クルズ氏、知事のシニア政策顧問レイ・マフナス氏、知事の身体障害政策プログラムの特別補佐トーマス・J.カマチョ氏、労働管理官ローズ・アダ−ホコッグ氏、司法局長マシュー・グレゴリー氏などが含まれていました。
また、スタンレー・T.トレス下院議員(共和党サイパン)、前下院議員シンタ・M.カイパット氏(コビナント党サイパン)も集会に参加しました。
広報官レジス氏によると、パレードが島を巡って行った時、道路脇で支援者が大手を挙げウェイブを行っていたとしています。
同氏は、現地人口の「寡黙な人々」は連邦化に反対しているが、概ね「政治的活動も声も上げていない」と述べました。
「昨日の集会は」と彼は付け加えて、「連邦化への真剣な反意の初めての顕示」であったとして、「これが初めての重大な不満の反映である」と述べました。

根本問題
この集会が連邦化法案H.R. 3079における連邦上院の評議に影響を与えることができるかと問われたとすれば、レジス氏は「連邦議会は進めるであろうし、大統領が法制定に向けて署名するであろう。しかし、私は、人々がここで信ずることは、これを主要な問題として彼らの否同意を表明することである」と述べました。
レジスによれば、この集会は「現地住民が連邦化に不安を持っており、その影響をすでに理解していることを大変明らかにしている」としています。

決起
アダ−ホコッグ氏は現地住民が立ち上がるときが来ていると述べました。
「何年間も」と彼女は続け「我々は政党と色によって分けられてきた。今、我々にとって、以前我々がひとつであったように、立ち戻る時である」と述べました。
集会の指導者によると、彼らは連邦政府が連邦議会を召集し、現地イミグレーションの連邦化を行った「メソッドとプロセス」に反対しているとしています。
彼らは、特にこれらがホームランド・セキュリティ問題に関わることが有効ではないと反論しています。
現状のCNMIと米国イミグレーション法は、連邦と地方の厳しい審査と調査を除いて、コモンウェルスの国境を越える旅行でいかなる外国人の入国も禁じています。

経済
前下院議員のカイパット氏によると、もし連邦化が開始されれば、外国人労働者は本国に帰国させられ、島の経済に影響を与えるとしています。
同氏は現地経済の開発は外国人労働者の寄与を認めています。
「CNMIは、未だ外国人労働者を必要としており、同時に政府は民間企業に現地人を供給しています」と彼女は述べ、更に「政府は他の政府と同様に、自国民に優先して雇用を与えています」と彼女は述べました。
DLNR局長のイグナシオ氏はCNMI自治を支援し、連邦化に反対すると述べ、「なぜならば盟約は我々の内政管理の権利を与えている」としています。
同氏は、この集会は「我々は北マリアナの人間であり、CNMIは連邦の州ではないということを再認識させることを目的としているが、連邦のように我々を扱う道は多様である」と述べています。

○ CPA理事メンバー3名、ハワイの宴会へ出発
先週、CPA (Commonwealth Ports Authority)の理事メンバー3人がハワイのホノルルに出張しました。
アントニオ・カマチョ氏、コニー・イグソマー氏、マーティン・ツデラ氏は、1月17日、18日に予定されたパシフィック・ポート会議に出席するため、1月14日にCNMIを出発しました。
CPA運営スタッフの一人、ロタの副港湾マネージャー、ケルヴィン・ホコッグ氏は代表団に参加しました。
この3名の理事メンバー各自の経費(旅費)は$3,900で、合計$11,700が掛かりました。これはホノルルでの滞在費1日$250が含まれています。
CPA理事長のレックス・I.パラシウス氏によると、旅費は連邦資金では無く、彼はこのグループに参加しないことを決定したとしています。
彼は、カマチョ氏がこの会議についてCPAに報告書を提出するであろうと述べました。
カマチョ氏は港湾施設委員の理事長を務め、ハワイで輸送会社のHorizon Lines社と
「彼らの会議の議事は、予定されているグアムの軍事施設建設のための港湾の準備について討議されます。我々の港は貨物コンテナで使用されるからです」とパラシウス氏はバラエティ紙に語りました。
同氏は、メンバーの出張を決定したのはCPA会長だけではいとしています。
「メンバー数人は彼らの権利の一部と感じているため、私には出張をコントロールすることは困難である」と同氏は述べ、「同機関に追加の経費が生じるので、私は彼らと共に行動しないことを選択した」としています。
Association of Pacific Ports(パシフィック港湾協会)のウェッブ・サイトによれば、CPAは会議出席のため昼食を提供し、これは$1,000の同機関への負担となります。
パラシウス氏は、彼らは一人$395の参加費用も支払ったと述べ、メンバーの帰国は来週としています。
2日間の会議はホノルルのヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジで行われました。

○ NMIの新矯正官23名
金曜日、サイパン・ワールド・リゾートで行われた卒業式(授与式)で、23人の若い男女がCNMI矯正官としての宣誓を行いました。
23名の士官候補生−男子20人と女子3人−第二回矯正官アカデミーを卒業し、高等裁判所デヴィッド・A.ワイズマン判事の前で、コモンウェルスの法務執行官として彼らの宣誓を行いました。
4ヶ月のトレーニングを経たこの新矯正官達は、John Patrick Mendiola Arriola, Kevin Quiambao Babauta, Felix Jonathan Maratita Camacho, Jason Torres Camacho, Herman Vincent Cepeda, Roma Velma Manglona Dela Cruz, Giancarlo Pierre Evangelista, Jeremy Ray Faisao, Mariano Quitugua Falig Jr., Manuela Johnson Guerrero, Luis Taisakan Iguel Jr., Anthony Hemon Laniyo, Kenneth Nicholas Camacho Leon Guerrero Jr., Benjamin Mason Mamino Lizama Jr., Betry Seman Mike Jr., Linda Mendiola Ongelungel, Bradford John Camacho Peter, Vicente Rosario Repeki, Jordan Darin Mendiola Reyes, Vince Anthony Sablan, Leeson Wabol Skilling, Lino Abraham Pagsanjan Tenorio Jr. ,Romaldo Lisua Teregeyo Jr.の23名です。

○ 議長:フィッテイェル知事は新予算案を提出すべきでない
フィッテイェル知事は議会に新予算案を提出はしないでしょう。
アーノルド・I.パラシウス議長によると、これは金曜日に議会メンバーとの会談で知事が明らかにしたことです。
同氏によれば、知事は彼らとの会談中、立法議員に「十分な質問」をさせなかったとしています。
火曜日、同氏は、下院はCNMI財源と歳入における予算決議を採択したと述べました。
「新予算案は」と彼は続け、「the House Ways and Means Committeeの委員長であるレイ・N.ユマル議員(共和党サイパン)によって提出されるだろう」と述べました。
知事は、9月に彼の2008年度予算提案総額$160ミリオンを提出しました。
2008年度は昨年の10月1日に始まりました。
「我々は知事の原案申請を検討するであろう」とパラシウス氏は述べ、更に概算で議会は同意しているとしています。
同氏によると、下院は、内閣によって提案された「説明」を基にカバー・オーバー資金を含めないであろうとしています。
「第15議会で我々が提議したものが何であれ、同計算からカバー・オーバー資金を引いたものが基本的であった」
金曜日の会議はまた、ピート・P.レジス上院議長によって導かれた上院メンバーも含まれていました。
休会した今月初旬以前に、第15回議会は、知事によって提言された政府有給休暇の停止を含めなかった$168.771を通過させました。

○ 政府4機関、監査再調査中
パブリック・オーディターのマイク・サブラン氏は、政府4機関が現在、監査再調査を行っていると言っています。これらの機関は、リタイヤメント・ファンド、CPA、グアム連絡機構事務局、サイパン市長室によって管理された高等教育財務補助支援(Secondary Higher Educational Financial Assistance)の4機関です。
サブラン氏によると、監査再調査は同機関自身と数名の立法議員からの要請であったとしています。
同氏によると、OPAはCPAマネージメントの要請で3つの「仕事が進行中」であるとし、その再調査は、人事、周旋、出張と、メンバーの公的代表関するものであるとしています。
OPAは現在、その報告書ドラフトを作成中です。
水曜日、OPAは信託委員会による要請で、資金のリタヤメント・プログラムを再調査するためフィールド・ワークを開始しました。
サブラン氏はこのファンドの再調査に、OPAに提言申請が求められた4名のスタッフが指名されているとしています。
「リタヤメント・ファンドは大変支持されています。また再調査を要請したのは彼らです」とサブラン氏は述べ「我々は未だフィールド・ワーク中で、実際のテスティングは水曜日に始めた」としています。
同氏によると、プレゼンテーションとブリーフィングは、キャピタル・ヒルのファンドのオフィスで行われたとのことです。
立法議員は生徒からの苦情の議題がある、SHEFAの性能全体を調べるよう求めました。
サブラン氏によれば、彼はOPA再調査の報告については立法議員に大要を伝えており、最終ドラフトは直に完了されるとしています。

○ 労働顧問は今ローカル・バーのメンバー
労働局の法律顧問は、高等裁判所主席判事ミゲール・S.デマパン氏によって金曜日、CNMIバー協会の新メンバーとして宣誓を行いました。
Eleanor Oducayen Nisperos氏はインタビューに答え、「ここサイパンで法の実務ができるということを実感している。私は職業復帰を熱望している」と述べました。
Nisperos氏は副検事補Mike Nisperos Jr.氏の夫人で、カリフォルニアで政府弁護士を36年、判事を15年を務めました。
Nisperos婦人は、California Unemployment Insurance Appealの理事の、行政法務判事の座長を退任しています。
同氏夫妻は2007年2月に当地に居住しました。

○ 火曜日に二つの議会審議
1月22日火曜日、議会で2つの審議が行われます。
• Saipan and Northern Islands Delegation, 9 a.m., organizational session
• House of Representatives, 2 p.m.
詳細は483-3935もしくはe-mail tinasablan@gmail.comまで。

○ 二つのレストランのオーナー、負債未払い、詐欺で訴えられる
ガラパンで二つのレストランを所有する投資家が、負債未払いと詐欺で訴えられました。
In Taek Hwang氏は弁護士Rexford C. Kosack氏を通じ、Woo Young Lee氏と同氏の会社Eastern Hope Corp.,に対し、彼の保証金$250,000とLee 氏へのローン約$75,000の返却を求める訴えを起こしました。
Lee氏はガラパンのレストラン、「きらく」と「らくえん」を経営しています。
訴状によると、Hwang氏はLee氏によって、3年間で月額$55,000のEastern Hope 社とのマネージメント契約に加わるよう誘われたとしています。
訴えによると、同社のLee社長が原告に、二つのレストランの経営で平均月額$55,000の純利益があったと偽装したと訴えています。
訴状では、Lee氏は2003年6月に、韓国での彼の負債を支払うために現金が不足していたと述べられており、Lee氏は「彼自身の資金繰りのため、二つのレストランの経営機会を持ちかけるためEastern Hopeで起こすことを決めた」としています。
2003年6月、Lee氏はHwang氏にふたつのレストランの経営を認める、Eastern Hopeとのマネージメント契約に加わるよう持ちかけました。
Hwang氏はEastern Hopeとの契約で月額$55,000を支払うよう要求されました。
原告は、もしEastern Hope社の平均利益が月額$55,000であれば、レストランでミール・パッケージを含めることにより、顧客数を増やすことができると決意しました。
Hwang氏は$250,000の保証金を支払い、2003年10月1日から2006年9月10日終了までのマネージメント契約を開始しました。
2004年、この費用は交渉され月額$47,000に減額されました。
2004年9月、Lee氏とHwang氏はローン契約を結びました。原告は被告に$55,000を貸し、月2%の金利を支払うことで合意しました。
被告は2004年から2005年まで期日どおりローンを支払いました。
原告と被告は2005年10月に別のローン契約を結び、Lee氏は月2%の金利で$50,000を借りました。
訴状では、観光産業の低迷でレストランへの顧客が減少したと記しています。
Hwang氏は月額のマネージメント料を支払うことが困難となり、10月から契約期間終了まで全額を支払うことができませんでした。
Hwang氏はEastern Hope Corp社へのマネージメント料$141,881.16を負いました。
マネージメント契約の期間は2006年9月30日で終了し、保証金は契約完了までのものでした。
この保証金は原告に戻されるものでありますが、被告は二つのローン同様、保証金の支払いができませんでした。
被告は、純利益を通じて二つのローンと保証金が支払われるまで、マネージメント料なしでレストラン経営を継続することを原告に申し出ることで問題を解決しました。
原告はこの申し出を受け、2007年12月までレストラン経営を継続しました。
訴状は、Lee氏が原告に、すでのマネージメント合意契約は終了したと訴え、2007年8月5日に立ち退き通知を与えました。
2006年10月1日から2007年8月12日まで、Hwang氏は二つのレストラン経営で純利益を得ておらず、$39,715.24の損失で経営したと訴状で述べられました。
原告は、詐欺罪、マネージメント契約不履行、$55,000ローンの不履行、$50,000ローンの不履行、マネージメント契約延長の不履行で提訴しました。
原告は$480,000の総合損害賠償、$250,000の契約延長履行による賠償、$480,000の詐欺による賠償、$35,750の1%の金利、$50,000のローン契約不履行による賠償、弁護士費用、裁判費用、Lee氏のための救済費用その他を求めています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月19日(Sat)▲ページの先頭へ
サイパン1月19日(土)

本日はサイパン・トリビューン紙土曜版からのご紹介です。
今日は特に大きな記事はありませんでした。
興味深いのは、明日、CNMI連邦化に向けて、賛成派と反対派が集会を行うというもので、マーティン・ルーサー・キング牧師の「人権運動」に重ねて、両者の言い分が一般に広くアピールされます。
タオタオ・タノの現地住民グループは自動車によるパレードを予定しており、その後はBBQパーティというのもサイパンらしい集会だと思います。

○ 「連邦化」反対派、賛成派、日曜日に活動予定
イミグレーション連邦化の支援者はアメリカン・メモリアル・パークの清掃を行います。同時に反連邦化グループは明日平和的集会を予定しています。
12月7日のデモ行進を組織したグループは昨日、日曜日の午前9時から午後まで、ナショナル・パークの清掃を行います。
同グループによると、このイベントはマーティン・ルーサー・キングのメッセージである、非暴力と社会正義を広めるための40日間の活動「キング・デイ・オブ・サービス」の一環であるとしています。
「2007年12月7日のデモ集会の指導者たちは、日曜日の奉仕活動に参加することによって、ユニティ・マーチの理想と原理活動を継続し、全ての国籍、文化背景、宗教、職業を問わず、コミュニティの全てのメンバーの参加を呼びかけています」とユニティ・ムーブメントは新聞で声明を述べています。
「この清掃(クリーンアップ)は、マーティン・ルーサー・キング・デイのために準備されたもので、このウィークを迎えるために公共公園での楽しみを広げるためのものです」と同グループは付け加えました。
このユニティ・ムーブメントはまた、マーティン・ルーサー・キング・デイ記念の中のアフリカン−アメリカン文化保存委員会によって組織された活動の一般参加も促しています。
特に、労働者とコミュニティ・メンバーは、アメリカン・メモリアル・パーク野外公会堂での基調演説の後、続いて行われるミニ・マーチ(小規模行進)に参加するよう励まされました。
マーチの指導と集会は3時のミニ・マーチに従って、同公園の駐車場エリアで午後2時30分に始まります。この基調演説プログラムは、ハワイ大学のキャサリン・タカラ博士を迎えて、同公園の野外公会堂で午後4時30分に開催されます。
「全てのユニティ・ムーブメント(団結運動)が支援する組織と個人は、このイベントへの参加に熱中しています。キング博士の理想である、あらゆるものへの非暴力、公平、正義に我々約束を再び主張するために参加して下さい」とオーガーナイザーは述べました。
タオタオ・タノ・シチズン・グループは一方で、政治的グループと他の現地コミュニティ・グループと共に、議会のCNMIイミグレーション連邦化に反対を示すため、日曜日に集会を行います。
オーガナイザーは、この集会は「CNMIの外国人労働者人口の政治的活動が、改善されたイミグレーション・ステイタスを確実にするための熱烈な叫び」に答えるものであると言っています。
参加者は、ビーチロードのクリスト・レイ教会を横切ったガラパン・フィッシング・ベースに午前10時に集合します。自動車パレードは午前11時に始まり、フィッシング・ベースでバーベキューと持ち寄りの昼食会が催されます。
「我々CNMI住民の圧倒的多数が連邦化には強く反対しています。しかし、彼らは彼らの見解を明らかにせず、発言していません」とタオタオ・タノ会長で、シチズングループの代表グレゴリオ・クルズ氏は述べ「このイベントは、抗議を除く連邦化反対に集う我々全ての住民の機会である」としています。
同氏は、CNMI住民は連邦化反対を掲げ「CNMIの経済と現地自治政府の偉大なる脅威」を叫ぶべきであるとしています。

○ 縫製理事の期限延長
連邦裁判所は、縫製産業に対する訴訟で残っている$2ミリオン以上の配給執行を実施するため、縫製監督理事会の期間を再び延長しています。
NMI連邦地方裁判所Alex R. Munson主席判事は、配給計画と和解調停に従って、全ての残された資金の配給を受け取る命令の中で、2008年7月31日まで理事の期間を延長させる命令を下しました。
もともとの理事の期間は2007年7月29日まででした。裁判所はこれを2007年12月31日まで延長、そして今回再び、2008年3月21日まで延長しました。

○ 労働局、元クラブ・タブーのオーナーの資格剥奪
労働局はクラブ・タブーを所有していた会社に対し、労働訴訟での和解合意不履行で外国人労働者の雇用を禁じました。
労働局聴聞管理官Jerry Cody氏は、Pacific Belle Inc.のコモンウェルスでの外国籍労働者の雇用資格を剥奪しました。
同社は、従業員の賃金未払いによる労働訴訟による和解合意によって、賠償金の支払いを命じられましたが、この合意内容を履行しなかったため労働局から資格剥奪を受けました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月17日(Thu)▲ページの先頭へ
サイパン1月17日(木)

も○ CPA高官2名を雇用、$2MプロジェクトOK
CPA理事会は金曜日、サイパンの$2ミリオンの契約を認可しました。また、しばらく空席であった役員席に2名を雇用します。
CPA理事長レックス・I.パラシウス氏によると、理事会の人事委員会は、2006年当時、エグゼクティブ・ディレクターであったクライド・K.ノリタ氏と監査役であったジョージ・パリカン氏の辞職によって空席となっているポジションを求人広告を出す準備をしています。
2007年9月、理事会はノリタ氏の後任にスタンレー・トレス・ジュニア氏の指名を承認しました。
しかし、これは同機関の現在のポリシーと指名の「再評価と再査定」に従って撤回されました。
トレス氏は知事の信任厚いスタンレー・トレス下院議員(共和党サイパン)の息子です。
「理事会は(新役員と監査の)雇用を認め、CPAがすでに現在求人を行っているため、人事委員会では業務内容と最低資格を検討している」とパラシウス氏は述べました。
同氏は以前、「CPAが持つ、これらのポジションへのお金」を至急に適切に充当しなければ、倒産しかねない「財政難」であることを表明しました。
理事会は1月28日に、このポジションのための求人広告の詳細を完了するための会議を設定しています。
同氏によると、$2ミリオンの契約は、サイパンの荷積み橋2桁の修復修理に関わるセキュリティ・アクセス・プロジェクトのためのものです。
「この契約は、修理が必要なサイパンの老朽化した2つの荷積み橋の修復のために、承認されました」とパラシウス氏は述べ、この橋の修復コストは各$1ミリオン以上であると付け加えました。
彼によると、このプロジェクトはFAA(連邦航空管理局)からのグラント(助成金)によって予算付けされたものとしています。

○ 第16回議会で「予算案」総合修正
下院House Ways and Means Committeeの新委員長、レイ・N.ユマル議員は、10月1日から始まった2008年度予算案修正を議会提起すると言っています。
月曜日に召集された第16回国会以前に、$168.7ミリオンの予算が第15回議会を通過しましたが、審議なきまま休会されました。
共和党サイパンのユマル議員によると、前回の下院案にはコンパクト−インパクトの$5.5ミリオンが含まれており、財務局の説明に従って、この連邦資金は追加収入として適応することができず、新政策では削除されるであろうとしています。
ユマル議員は、彼らはまた提案されたロタとテニアンにそれぞれ$8.2ミリオンの充当を期待していると述べました。
「各島への$8.2ミリオンは、彼らの落ち込んだ運営を実際に傷つけるであろう。また、我々はそれを再検討する必要がある」と同氏は述べました。
なぜならば、とユマル氏は述べ、2007年9月付で議会の提出した$160.1ミリオンの原案は、その「提案権限」が知事に尋ねられているからであるとしています。
「我々はその予算メモが未だ有効かどうか知りたい」とユマル氏は述べ、彼らはまた、一時解雇に直面している397名の政府職員に対する知事の計画も知りたいとしています。
観光産業の修復の重要性を指摘し、ユマル議員はMVA(観光局)への提案された予算を再検討すると述べました。
第15回議会はMVAに$6ミリオンを推薦しました。これは、知事によるとプロモーション実施のためには$8ミリオンを充当すべきとされました。
ユマル氏は、上院のFiscal Affairs Committeeに予算に関する推薦をシェアするよう求めるとしています。
「我々は系統立ててアプローチしていきます。数字のマジックで遊ぶつもりはありません」とユマル氏は述べ、「厳しい数字になると思う。財務局による収入と有効な適用が明確にされないものは省略する必要がある。それらのひとつがカバー・オーバーである」とユマル氏は述べています。

○ 縫製労働者8名、差別で雇用主を訴える
8名の縫製労働者が、3つの縫製事業家を人種による差別雇用で訴えています。
Espie Estinilie Alcaraz, Marieta P. Baluso, Susana L. Guinnacao, Remedios E. Lorenzo, Merlita Masangkay, Agnes A. Oclarino Mosquera, Zenaida G. Rotao,Jeanie DLC. SantosらがStephen C. Woodruff弁護士を通じ、Hansoll Textile, Ltd., Top Fashion Corp. Handsome Textile Saipan Corp.の3社を相手取って、昨日、連邦裁判所に提訴しました。
原告らはTitle VIIの違反の下、契約不履行、暗黙の信任と公平な扱い不履行、などの行為による訴訟を起こしました。
彼らは、損害賠償、所得損失、雇用手当て、報償、雑費、重大な損傷、懲罰的、戒め的ダメージ、弁護士費用、裁判所が適切と思うその他救済を求めています。
Top Fashion、 Hansoll、Handsome 3社は縫製産業における姉妹会社です。
原告らは3社の従業員でフィリピンからの外国人労働者です。
訴えによると、Top FashionとHandsomeは従業員をシェアすることで合意されており、2006年5月、Top Fashionと Handsomeの役員が原告らに、Handsomeが2006年7月で閉業することを伝えてきたとしています。
そして、2006年3月に始まり2006年6月まで、Handsomeは100名以上の中国人労働者を姉妹会社のTop Fashionにトランスファーさせたとしています。
原告らはHandsomeによってトランスファーされず、Top Fashion.での就業が与えられませんでした。
訴状によると、フィリピン人と中国人労働者の間で、雇用期間、トランスファー、雇用機会と就業が異なった取り扱いがあり、「被告に雇用された原告たちはこの形と実行からはじき出された」としています。
この訴状では、これらの処置が国籍を基にした差別であるとしています。

○ 政府、不法滞在ゲスト・ワーカーの出国を望む
イミグレーションによると、労働法及び義務付けられた入国許可に違反している外国人労働者は出国させなければならないとしています。
政府の労働、出入国証明、書類システムを基に、Wen Song Li, 31歳に発効された外国人労働者の入国許可は2007年2月15日に失効しました。
Wen Song Liはトランスファーのための申請はまったくしていません。
更に彼女はイミグレーションによる一時労働許可も発効されていません。
彼女はCNMIでの10ヶ月の不法滞在が発見されました。
政府の記録によれば、Liは2004年12月から2005年7月までMicro Pacific Incでアイロン係として働いていました。彼女は2006年2月、Concorde Garment Manufacturing Corp.でもアイロン係として働いていました。

○ 重罪を引き起こした男、出国に直面
重罪を起こした男が現在、出国手続きに直面しています。
Jiahuan Chen、30歳は、共謀して債務取立てで暴利を貪っていました。
司法局とイミグレーション・サービスは、高等裁判所において、同容疑者の強制送還手続きを提出しています。
裁判所に提出された調書によると、同容疑者は中国からの外国人労働者でCNMIでの重罪を関わったことにより、彼の入国条件、期間の服従を怠ったとしています。
同容疑者は、2002年にCNMIに入国、すでに閉鎖した事業者Sako Corpで裁断師として働いていました。
彼のパーミットは2002年12月13日に発効され1年で失効しています。
2007年12月21日の裁判所の記録には、同容疑者が78ヶ月の懲役を言い渡されていることが書かれています。
この判決で同容疑者は連邦刑務所に拘束されました。
同容疑者は債務取立てで暴利を貪った共謀罪1カウントので起訴されました。
起訴状によると、彼はこの犯罪に2003年4月から2003年7月まで関わったとされています。
彼は2004年2月に判決を受けましたが、米国の第九巡回法廷に控訴しています。
連邦法廷は、2007年12月14日にChen容疑者に対し、現地イミグレーション高官による出国命令手続きを命じました。
同容疑者は3年間の保護観察を受けていました。

○ フィッテイェル知事、2009年のCIP予算で$11.2Mを求める
フィッテイェル政府は米内務省島問題管轄室に、2009年の主要改善プロジェクト予算額を求めています。
火曜日に申請されたCIPへの提案で、知事は$11.2ミリオンを要求しました。
2009年度、CNMIに準備される追加助成金は、現地政府の財務運営と報告によって行われた「改善」結果となるとされています。

○ KRNM 閉業
パブリック・ラジオ局KRNMは、CNMI経済崩壊の結果として営業を近々停止します。
10年前から始まった同局は、北マリアナ・カレッジが主催していましたが、最近の予算削減でその運営を終了します。
KRNMはCNMI初の公共支援ラジオ局で、広告を取っていません。
同ラジオ局は、NMCが2008年度終了までの継続を求め、2008年9月30日までとして、5月末日までの$70,000の予算を伝えてきたとしています。このラジオ局を継続運営するためには年間$150,000が必要となります。
KRNMはFederal Communications Commissionによって非営利局として認可されています。このライセンスの更新は残り8年で、もし、この局が売却された場合、非営利局として運営されるにも関わらず、パブリック・ラジオとして聴取者を支援する必要はありません。
このラジオ局の取得に関する詳細は、www.krnm.org, もしくは234-5766, また、e-mail at carlp@nmcnet.edu.

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月16日(Wed)▲ページの先頭へ
サイパン1月16日(水)

○ NMI、CIP資金の$10.2ミリオン取得
訪島中の連邦役員は昨日、CNMIへの新たなCIP(主要改善プロジェクト)助成金の$10.2ミリオンを発表しました。
内務省島問題事務局高官Nikolao I. Pula氏とTom Bussanich氏、この事務所の予算とグラント・マネージメント課の高官は昨日、フィッテイェル知事とのグラント(助成金承認)合意書に署名しました。この席には上院議長ピート・P.レジス氏、アーノルド・パラシウスが列席しました。
Bussanich氏によると、このCIP資金は、プエルト・リコのゴミ捨て場に$3.7ミリオン、サイパン・ポータブル・ウォーターに$2.3ミリオン、カグマン・下水プロジェクトに$1.7ミリオン、ロタのエコ・ツーリズム・プロジェクトに$1.2ミリオンが充当されます。
同氏はまた、この他にも島のプロジェクトに予算割りした連邦資金があり、ゆっくりと運用するとしています。
「我々に必要なことは、明確なプロジェクトを再考することです」と彼は述べ、「2008年度、我々はこれらのプロジェクトを承認しました。なぜならば、排水、固形廃棄物、発電プロジェクトに集中する必要があるからです」としています。
Bussanich氏によると、他のCIPの状況についてCNMI高官と話し合ったとしています。
広報官チャールズ・レジス氏は、昨日の連邦高官とのミーティングをコモンウェルスにとっては「肯定的」なものであったと表明しています。
同氏は連邦イミグレーション法案とCUCに関する問題もミーティングで話し合われたとしています。
出席した立法議員達、議会と内閣にとって「良いスタート」であったと彼は付け加えました。

○ TAGA航空、滑走路への侵入報告怠る
CPAのRex I. Palacios局長は、タガ航空チャーター・サービス社が滑走路への侵入に関わり、この事件をFAA連邦航空管理局に報告しなかったと言っています。
パラシウス局長はFAAに、先月初め、空港トランスフォーマーを傷つけたこの事件についての報告を提出するよう求められました。
FAAは「航空機の離発着のために指定された地表の保護区域での不適切な人物、車両、航空機に関わるいかなる事件」となる滑走路への侵入を明示しています。
同社は2005年からチャーター・パーミットを運営していますが、この事件についてはコメントを避けています。
パラシウス氏が得た報告によると、同社はFAAによって義務付けられた事故報告を怠ったとしています。

「もし、パイロットが至急にこの事件を報告していれば、この問題はこれほど深刻にはならなかったかもしれない」とパラシウス氏は述べ、CPAはタガ航空にトランスフォーマーの修理費用支払いを命じたとしています。
「FAAはCPAに我々が行った処置と報告を提出するよう求めてきた。そこで、彼らは我々の調査を基に、タガ航空を営業停止にするかどうか決定するでしょう」とパラシウス氏は説明しています。
同社は経営を再開する前に、2日間の自主停止をしました。
連邦運輸局はもし、タガ航空社が米国籍者による所有であることを証明できなければ、同社のエアー・タクシー許可を取り消すと脅しました。
同社はこの命令に反対を提出するための期間が2008年1月22日まで与えられています。

○ 退職年金基金の投資、$5Mまで落ち込む
リタイヤメント・ファンドによると、国際市場の「ネガティブ・リアクション」で、CNMIの投資資金価値は$5ミリオンまで落ち込んだとしています。
2007年9月30日の同基金は、国際市場での投資総額$479.037を記録しましたが、先週$474,401ミリオンまで落ち込みました。
同基金の会長Juan T. Guerrero氏は、米国経済の衰弱によるもとして、国際市場を反映した結果であると述べています。
同氏によると、2007年度がCNMIの投資にとって最良の年であったとして、2007年度は約$60ミリオンをはじき出したとしています。

○ The Society for Human Resource Management第一回総会
The Society for Human Resource Managementは、ワシントン代表のピート・テノリオ氏をゲストに招き、1月17日(木)にPICで総会を行います。
受付開場は午前11時15分で費用はメンバー$15、一般$20で昼食付です。
テノリオ氏はイミグレーション連邦化とCNMIへの影響について話します。
この昼食会議では、同協会の2008年度理事と役員の就任式も行われます。
詳しくは: Tommy Kennington at 234-7976, fax 235-7789または、e-mail address hr@picsaipan.com; Frannie T. Salas, francestsalas@gmail.com; Polly Deleon Guerrero, pdlguerrero@mymarianas.com.までどうぞ。

○ フィリピン人労働者の直接雇用のための新ガイドライン
フィリピン領事Wilfredo DL. Maximo氏によると、フィリピン海外雇用管理局は2008年度POEAメモNo.4を発効しました。これは、フィリピン人労働者の直接雇用、特にフィリピン労働管理局長のよる承認が義務付けられた、雇用に先立つ雇用契約、直接雇用労働者の出国手続きを明確にするために用意されたものです。
2008年1月15日以降に明確、証明された、ビザ、パーミットが発行されたすべての雇用契約は、新しい義務と手続きの手順を踏む必要があります。
詳しくはPhilippine Overseas Labor Office at 235-3411,
または、 e-mail polo@pticom.com.まで。

○ タオタオ・タノ、連邦化法案でミーティングを設定
本日1月16日水曜日、午後7時から、イミグレーションの現地管理を取り去る、連邦議会で審議中のH.R. 3079法案について、すべての現地血統民チャモロとカロリニアンのための緊急会議が行われます。
タオタオ・タノでは現地血統民の権利を守るための集会として、メディアに通知しています。詳しくはGreg 256-2325 またはDiego at 288-6146まで。

○ タオタオ・タノ、連邦労働局オンブズマンを批判
現在、論争中のP.L. 15-108開始をめぐって、地元血統民グループが連邦労働局オンブズマンを批判しています。
タオタオ・タノグループのグレッグ・クルズ会長は、連邦オンブズマンJim Benedetto氏が外国人労働者に、彼らの雇用主に対する未払い賃金の申し立てを起こすよう「強制」していると言っています。
Benedetto氏は電話でのインタビューに答え、我々は連邦議会による命令で、業務を遂行しているだけであると述べ、もし、賃金未払いに遇している外国人労働者がいれば、どのように彼らの集金を手助けできるかを行っているとしています。
クルズ氏はこのBenedetto氏の行為に同意していません。
「これは連邦管理官としてふさわしい行為ではない」として、Benedetto氏が昨年行われた同法案に対する外国人労働者たちのデモ行進に参加したことも指摘しました。
クルズ氏は、このような行動は「捜査官の信用」に関わると批判しています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月15日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン1月15日(火)

今日もたいした記事はありません。
CUCのパワー・プラント補修作業で、このところ停電が頻発しているようです。
これは電子機器などにとってはきわめて悪影響となり、機器の損傷を招きますのでくれぐれもご注意下さい。

○ 新議会、旧問題
第16回上院は昨日、下院議会と共に、島の発電危機と政府のリタヤメントシステムの関する問題に向けた解決を図っていくことを誓いました。
満場一致で選出された上院議長のピート・P.レジス氏は、彼の前任者ジョセフ・M.メンディオラ氏の「傑出した」指導力を讃え、「引き続き協調精神」で堅く結束しました。
1997年に初当選したレジス氏は、第13回上院議長と、サイパンからの初めての議会役員職を1998年以来務めています。
副議長、フロア・リーダー、議会書記もまた、満場一致でフェリックス・T.メンディオラ氏(コビナント党ロタ)、ジュード・U.ホフシュナイダー氏(共和党テニアン)、マリア・T.パンゲリナン氏(民主党サイパン)が選出されました。
CNMIの最年長立法議員で上院議長3期務めたマングローニャ氏はフロア・リーダーシップを固辞しましたが、PUTC(パブリック・ユーティリティ、トランスポーテーション&コミュニケーション・コミッティ)の長を務めることになると思われます。
「彼はこの職務が適任である」とレジス氏はバラエティ紙に語りました。マングローニャ氏はエンジニアリングの学士号を持っています。
新上院議長は、委員会指導者の委任は後日発表すると述べました。
同氏はスピーチの中で、「立法議員は、島民生活を更に困難にさせるためではなく、楽なものにさせるために役員に選出されている。島民は困難な時期に直面しており我々の回答に期待している。我々の仕事は容易ではない。事実、終わりのないCUCの問題に我々は直面している」と述べました。
同氏はCUC問題に向けて「我々は燃料価格を操作することはできないが、CUCを改善に導くことは可能であり、より有効で効果的な維持を図る」としています。
同時に、同氏は政府の定年退職者が直面している「疑念」を示しました。
「定年退職に向けて完璧な長い道程を歩んで来ている人々の年金が脅かされており、長年我々のために誠実な公的職務をしてきた彼らに何が残るのかということが、現在
これに加えて、「盟約条項セクション902」に言及し、CNMI政府と連邦政府の解釈(認識)の違いについて、連邦議会との関係を良好に保ち、CNMIの繁栄を導く姿勢を示しました。
16名の上院議員の第一回組閣討議は、午前10時40分にレジス氏によって開会宣言されました。

○ サイパン・カジノ計画再開
11月の住民投票で却下されたカジノ提案を推進したTHE CNMI Indigenous Entrepreneur Inc.,は再度、投票に向けて運動を始めました。


次の選挙は2009年に予定されています。
前議長でカジノ計画のリーダー、ペドロ・R.ゲレロ氏は、昨日のインタビューに答え、島の人々はカジノ提案に反対票を投じたが、別の方法で彼らに問いかける努力をしているとしています。
「我々はもう一度カジノ嘆願(投票)を行い、前回の選挙における大衆の意見に耳を傾け、もう一度人々に訴えます」とゲレロ氏は述べました。
彼によると、この提案は運動期間に行われた一部にいつくかの落ち度があったことが原因で却下されたとしています。
「我々には十分な時間、十分な人、十分な資金が無かった。したがって、我々は実際には、選挙日前に多くの人々に届かなかった」と彼は述べました。
ゲレロ氏は選挙後、「多数の人々」がこの提案に反対票を投じたこと後悔したと述べました。「彼らは今、投票すべきであると言っている」と同氏は述べています。
彼と他の提案者は最近会い、更に彼らは、サイパンでのカジノが島の経済を回復させる鍵となると信じているとしています。

○ 連邦資金、CUCパワー・プラント訪問
CUCスポークスマンのパメラ・マティス氏によると、CUCは訪島中の連邦担当官(役員)らを、サイパンのメイン・プラントに連れて行くとしています。
この役員達は水曜日から火曜日まで滞在し、現地発電の状況と復旧作業に連邦資金がどのように使われているかを調べます。
マティス氏によると、一定のエンジン製造に必要な発電機の多数の部品発注と契約交渉を数ヶ月間にわたって行ったとしています。
内務省によって承認された資金が発表され、事業体2社が主力パワー・プラントでの能力回復作業を行っているとCUCでは言っています。
マティス氏によると、この契約には次回のオーバーホールのための部品も含まれているとしています。

○ 水曜日の電力供給制限(CUC)
木曜日から16時間以上行われているCUCの作業は、水曜日に主力パワー・プラントの欠陥発電機2基のうちの1基の再稼動を完了しました。
作業員は引き続き、第二パワー・プラントのユニット補修と同時に別の発電機の緊急修理を行います。
サイパンのパワー・プラント2箇所で継続しているこれら修理のため、エネルギー不足による停電と電力供給制限が行われます。
水曜日のエネルギー不足は最低5メガワット、これは3つのメージャー・ホテルの電力使用量あるいは、3箇所の村の消費量と同等です。
停電スケジュールは消費者の需要によります。保護管理地区は制限されますが停電は避けられます。
このスケジュールはまた、発電機の稼動を基としていますので、他のエンジンに不備があれば、更なる停電が生じます。
(予定は以下のとおり)
• 2-4 p.m., Feeder Seven — Lower Base to Tanapag, Achugao, San Roque, As Matuis, Marpi; Feeder Four Partial Only — Talafofo, As Teo, Papago and Kagman I, II, III
• 4-6 p.m., Kiya Four -- San Jose, Susupe, south, to Chalan Kanoa
• 6-8 p.m., Kiya Two — Lower Dandan, Afetna, As Perdido, San Antonio, Chalan Piao, southern Chalan Kanoa, and portions of Fina Sisu.
• 8-10 p.m., Kiya 1 — Chalan Kiya, Kanat Tabla, most of Dandan, Fina Sisu (NMC), As Terlaje, part of San Vicente, Airport, main streets in As Perdido, As Gonno, and Koblerville

○ 女性、行方不明
1月8日火曜日、午前9時15分、Rosalia Theresa Mettao Galangさんの夫から、彼の妻がチャラン・ラウラウの自宅から居なくなったとDPSに通報がありました。
最後に目撃されたGalang婦人は、ブルーのリバイス社製の長ズボンと明るい青色で両袖が縞柄の長袖シャツを着ていました。
2007年12月30日(日)の午前10時から11時頃、彼女が自宅から散歩していたところが家族の最後の目撃です。
DPSではRosalia Theresa Mettao Galangさんに関わる情報を求めています。
DPS at 664-9001/2 or call 664-9042 or -9055 or 287-9103.

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月14日(Mon)▲ページの先頭へ
サイパン1月14日(月)

○ 基金理事長、下院決議に難色
リタイヤメント・ファンドの保管理事長で、前上院議員のジャン・T.ゲレロ氏は、第15回議会で採択された、同機関に相反する法的措置を開始する決議を「無作法なもの」と表現しました。
加えて、「与えられた一部個人の利益を保護しようとしている」と言及しました。
この決議は、議会法律顧問に、不足した雇用主掛け金で政府機関の職員の退職手当を一時停止させるため、リタイヤメント・ファンドを裁判所に移すことを指示しています。
議会のよると、これはそのメンバーとの基金契約上の関係の違反と、米国憲法とCNMIの違反とであるとしています。
ゲレロ氏は異議を唱えます。少なくとも第15回議会を去る3名の議員が退職を主張したが、期限締め切りを満たしていなかったと彼は記しました。彼は詳細を語りませんでした。
彼は「これら未だ退職されていないメンバーのための、彼らの手当ては未だ設定されておらず、従って我々は彼らの配当を減少させていない」と付け加えました。
議会によると、この基金は年金プログラムを守るための手段として判断せねばならないとしています。
「これは大変に無責任な表明である。まるで、我々がどこで資金を調達するかは、彼らはまったく関係がないといっているようなものである」とゲレロ氏。
この基金はそのメンバーのお金を保護する信託業務です。
同氏は第16回議会がこの基金の問題を取り扱うことを望んでいます。
また、彼は、彼の前任者のジョセフ・C.レジス氏は審議会メンバーに入っていることを記しました。
2007年11月20日、基金保管理事は継続した政府の、機関への全額出資不履行のため確定したメンバーの期限の配当の手続きを停止する決議を採択しました。また、確かな法律の通過は年金プログラムへの損害を与えると考えられました。

○ ワシントン代表のオフィスは予算$900Kが必要
ワシントンDCへの島民代表は、少なくとも$900,000を彼のオフィスへの本年度予算として用意するよう、新議会に求めています。
ピート・A.テノリオ氏によると、政府の歳入減少で予算削減が予想される中で、彼は彼のスタッフ・メンバー11名の住宅手当と給料をそれぞれ10%と25%の削減を実施しているとしています。
「私は新議会との仕事を期待しており、資金不足は私の島民への責任を十分に果たす能力を危うくすることを、彼らに納得させるよう試みる」と同氏は土曜日、メディアに伝えました。
彼は、彼のオフィスの2008年度予算$900,000は「妥当な」額であるとしています。
1月9日の開始にあたり、彼は、彼のスタッフメンバーの住宅手当と給料を削減することを表明するとしています。
「これは我々が行うべき犠牲である」と同氏は述べ、「私のスタッフ全員に給料の10%削減と住宅手当の25%削減を負わす」としています。
この決定は、ワシントンの彼のスタッフ7名に受け入れられたと述べています。
メンバーの3名はサイパン、1名がロタです。
各職員は住宅手当として約$1,500が用意されています。
昨年度、テノリオ氏のオフィスは$1.33ミリオンの予算を受けています。
2008年度予算案は第15回議会によって通過しましたが、第15回乗員議会によって無視され、$950,000がテノリオ氏のオフィスに推薦されました。
彼のオリジナル提案額は$1.29でした。
ワシントン代表は、第16回下院議会で新たな関係となることを光栄に思うと述べました。
「皆、新たな顔ぶれを見たがっている」同氏は述べ、「現在、議会は共和党のコントロールとなり、更に均衡が取れる」としています。「皆が、島民のための正しい行動においてよりいっそうの注意を払うだろう」と述べました。
テノリオ氏は共和党議員です。

○ CUC、パワー・プラントに契約労働者を雇用
米国、日本、シンガポール、オーストラリアからの事業体が雇用され、現在、サイパンの主要発電プラントの改善の手続きを行っています。
CUCの局長Anthony C. Guerrero氏のよれば、「この仕事は、サイパンの主要発電投資を保護するために重要なことであり、最も手早く確実な電力供給の改善を提供するものです」としています。「我々は今、これらの事業体を結集することで、細分化したエンジン部品の供給、メンテナンス問題の根本的解消、最も標準的な供給者を目指し、プラントの根本的改善を提示しています」と同氏は述べています。
CUCは、主要改善予算プロジェクトから再編成された総額$6.5連邦資金を米内務省の承認の後、すべてのプラント修復と契約に使用しました。
12月初旬に始められた再建は、シンガポールから、前Man B&W Germany社のMan Diesel社が配置され、第一ユニットの7メガワットの発電機で業務を始めました。
DCM of Guam社は、プラントを9ヶ月間の主要再建を$5ミリオンで契約されました。
日本の三菱社は発電機の主要部品の供給、同時にオーストラリアの事業体CBM Technologies 社とグアムを本拠地とするSAI Traders社が配置されました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月12日(Sat)▲ページの先頭へ
サイパン1月12日(土)


さて、本日土曜日はサイパン・トリビューン紙の土曜版からです。
まずはトップ記事は横領事件のニュースでした。
その他は過去の記事の重複でしたので掲載はしません。
ということで、明日は休刊です。

○ FBI、財産管理者を逮捕、法律家もマネー・ランドリーング不正送金容疑
FBI連邦捜査局は昨日、Luis K. Pelisamen氏を逮捕、また、弁護士のJoseph Aldan Arriola氏をマネー・ランドリーングと不正送金の疑いで捜査中です。
連邦政府は、Pelisamen氏、Arriola氏をRita Kaipatの所有財口座から$625,575を盗んだ容疑で起訴しました。
両容疑者は共謀してマネー・ラウンドリング、送金詐欺、不正送金に関わった疑いと、2カウントのマネー・ランドーリング容疑がかけられました。
昨日行われた事情聴取で、NMI連邦地方裁判所法廷Alex R. Munson主席判事はPelisamen容疑者に対し「今回においては」保釈を認めませんでした。
罪状認否は月曜日の午前9時に予定されました。
連邦副検事補Eric O'Malley氏はサイパン・トリビューン紙に、Arriola容疑者の所在を突き止めることができなかったため、未だ拘束はしていないと語りました。しかしながら、同氏はすでにArriola容疑者の消息はつかんでいるとしています。
Pelisamen容疑者は Kaipat所有財の管理者を務めていました。Arriola容疑者はPelisamen容疑者の調査顧問を担当していました。高等裁判所は、この所有財の中の金銭が紛失していたことが判明した後、両容疑者をこの所有財から追い出しました。
Pelisamen容疑者はRita Kaipat (Kaipat estate)の所有財管理人として法廷指名されました。また、Vicenta Kaipat氏は2005年9月27日にArriola容疑者をこの管理人を相談役を担当するため雇用されていました。
高等裁判所の命令に従い、Pelisamen容疑者はすでに管理者としての彼の業務補償として、完璧な支払い$161,500を受領しました。
高等裁判所の命令によって、Kaipat所有財の管理者は、同所有財口座からのいかなる金銭引き出しも裁判所からの委任を得ることが義務付けられていました。
この事件は、数ヶ月にわたり、両容疑者が結託して Kaipat所有財口座から金銭を得ていたものです。
両被告人の申し立てによれば、2005年11月28日に、Kaipat所有財持ち物である資金をバンク・オブ・グアムからバンク・オブ・ハワイに移し、これによってサイパン、ハワイ・ホノルル間の通信送金を行っていたとしています。
2005年11月30日から2006年5月10日までに、両被告人はKaipat所有財から不正小切手66枚を画策したとしています。
この手順によって、両被告はArriola容疑者宛のこの不正小切手でKaipat所有財から総額$219,000を引き出し、現金化、あるいは各自の個人口座に入金していたと供述しています。
また、両被告はKaipat所有財からPelisamen容疑者宛あるいは同被告の妻のMaria Estrella Dela Cruz Pelisamen宛に総額$386,500の不正小切手を振り出したことも供述しています。
この小切手は、起訴によると、現金化、あるいは例証としてPelisamen夫人所有の口座に入金されました。
2005年12月15日、両被告はKaipat所有財口座から額面$10,000の不正小切手を用い、Pelisamen容疑者によって2005年日産フロンティアの購入頭金に使用されていました。
2005年12月20日、両被告は同様の不正小切手で$10,075を引き出し、この車両の更なる支払いに当てていました。
2005年11月28日、両容疑者は、義務付けられたCNMI、ハワイ間の電信で額面$1.38ミリオンのキャッシャーズ・チェック(現金為替)を特別洗浄させました。
2007年10月、警察はPelisamen 容疑者を、入国許可期限の失効が近づいていた多数の外国人労働者に、有料でスポンサーシップ手続き契約を行ったとして逮捕しました。
この事件は未だ高等裁判所で保留となっています。

○ 6日間で第三番目の強盗事件
木曜日午後、マッピ地区のスーサイド・クリフで二人の観光客が、Taser gunを持ち覆面をした二人組に襲われました。
スーサイド・クリフでの強盗は6日間で第三番目の強盗事件となります。
被害者は35歳、31歳の韓国人女性で、ナイキ社製黒のポーチ、白Arenaバッグ、現金、JVCカムコーダーとテープなどを奪われました。
DPSの調べによると、この二人組の強盗は高電圧のスタンガンのようなもので脅し、金品を要求したとのことです。
また、容疑者が逃げ去る際に、被害者の車のタイヤを鋭利な物を使って切り裂いたとのことです。

○ 12月の来島者安定
釜山、大阪からの増便で、12月の来島者数は前年度対比で35,556人から36,765人へと5.9%へと伸び上がりました。MVAの集計では11月は2.12%の伸びを示しています。
主要マーケットの日本からの数は引き続き緩やかな減少で13%減でしたが、2007年10月の41%減、11月の21%減に比べ、多少の回復が期待されます。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月11日(Fri)▲ページの先頭へ
サイパン1月11日(金)

本日は久しぶりにバラエティ紙とトリビューン紙のヘッドライン・ニュースの見出し記事が違っていました。
今年2回目の強盗被害は、民家・アパートが襲われ65歳の女性が被害に遭いました。
益々物騒な事件が増え始めたサイパンですが、皆様もくれぐれもご用心下さい。
では、本日の両紙ヘッドラインからお伝えしていきます。


○ 強盗事件再び
今年2件目の強盗事件が火曜日、フィナシス・ハウスで起こり、65歳の女性が被害に遭いました。
DPSでは、午後2時32分、フィナシスのYYKアパートで強盗被害の通報があり、警察が急行したとのことでした。DPSの調べによると、二人組の男が入り口のやや開いていたドアから侵入し、被害者の財布をつかんで逃げようとしたところ、被害者がこれを拒み揉み合いとなり、もう一人の容疑者が持っていたTASERで被害者の顔を押さえ引き離し、財布を持ち去ったとのことです。
DPSによると、犯行時、第三の容疑者が運転していたと思われる黒の4ドアセダンが建物の前で目撃されています。
被害者は軽い傷をおったとDPSは報告しています。
容疑者は黒のスキー・マスク、黒の長袖シャツ、黒のズボンをはいており、身長は170cm前後だっとのとこです。
ライム・ストッパー234-7272では情報を求めています。

○ パシフィック・ガーディニアで税和解調停
コモンウェルス開発局CDA(Commonwealth Development Authority)では、旧パシフィック・ガーディニア・ホテルの所有権を売却することで、税務局への税金未払い分に当てて和解調停を結ぶことを望んでいます。
財務局長Eloy Inos y氏は昨日、両機関は調停案について討議中であるとしています。
パシフィック・ガーディニアは政府への不動産税$1.4ミリオンを負っています。
もし、財務がこの和解に合意すれば、CDAはパシフィック・ガーディニアの売却手続きの20%を中央政府に与えることになります。
「これは真剣に調べる必要があり、私の意見としては、あまり奨励はしない」と述べ、パシフィック・ガーディニアの税債務が「相当な額」であるとしています。
昨年、CDAによるオークションで、多数の事業者がその所有権の入手に興味を示しましたが、いずれも税債務$1.4の支払いは含まれませんでした。
「当然われわれはCDAとそれについて話す必要があります。なぜならば、それは確かな額でオークションにかけられましたが、同時に税債務が残っているからです」とイノス氏は述べ、政府がその所有地の獲得に乗り出すかもしれないとしています。
同氏はパシフィック・ガーディニアの税問題は「たいへん複雑」と表現しています。
「我々は少なくともパシフィック・ガーディニアの債務・負債のいくつかを満たすパッケージにまとめる必要がある」とイノス氏は言っています。
この未払い税債務には、ホテルとそのビーチサイド・バー土地の一部が関わっています。
CDAはパシフィック・ガーディニアを$1.1ミリオンで売却することを望んでいますが、承諾する「満足のいく入札」は受けていません。
トリプルJは$2.6ミリオンで買収を望んでいますが、所有地の税債務を除いて55年の分割払いとしています。
CDAは2003年にローンの支払い不履行で同ホテルを提訴し、同ホテルは2006年3月にその営業を停止しました。
パシフィック・ガーディニアは、1985年7月から1993年3月までの数種のローンでCDAに$2.69ミリオンの債務があり、このローン補償として抵当権が起こされました。

○ 自動車セールスの下降は生活費の上昇に起因
生活必需品や公益費・電気料金を含む生活費(一般消費財)の上昇は、CNMIにおける自動車セールス下降の一部要因です。
コモンウェルス・オート・ディラー協会のダグラス・A.バーマン会長によると、これは「遭い重なってなだれのように押し寄せてきたもの」としています。
現状の自動車販売の動向にはパターンはないが、いったん落ち込めば「市場に何か急激な好機が訪れるまで」回復は困難である同氏は述べています。
最新の報告書では、2006年度の販売台数999台に比べ、2007年度はわずか632台と36.74%の落ち込みとなりました。
この主な原因として一般消費財の急騰を挙げており、同氏はこの状態を「我々は穴の開いた同じボートに乗りこんでいる」と表現しています。

○ パワー・プラント1のエンジン修理継続
CUCはプラント1のエンジン修理のため、昨日より電力供給が不足していることを発表しました。修理は本日も継続して行われるため、一部電力供給が不足するおそれがあります。
該当範囲は以下のとおりです。
• 11 a.m. to 1 p.m. — Feeder One, Lateral/Limited Streets, the Annex; DFS, Bank of Guam, Chinatown
• 1 to 3 p.m. — Feeder Two, partial only, south Garapan along Beach Road to San Jose
• 3 to 5 p.m. — Kiya Four partial only, Mt. Carmel south, parts of Susupe, south Chalan Kanoa
• 5 to 7 p.m. — Kiya Two, partial only, at the San Antonio Mobil gas station to As Gonno and toward Southern High School, portions of Chalan Kanoa to Hopwood Jr. High
• 7 to 9 p.m. — Feeder Four, partial only, Talafofo, As Teo, Papago and Kagman I, II, III
これら地区の停電は、もしサイパンの管理保護が終了すれば行われません。
CUCではこのエンジントラブルの原因は重要が高すぎたため起こったとしています。

○ CUC従業員賃金カット
知事の監督下、CUCの全従業員は10%の至急の賃金削減に直面しています。
賃金カットはまず、非主要職員が労働時間を8時間カットされます。
支払い窓口(会計部)とオペレーション(運営)部における危機的重要職員を除いて、すべてのCUC職員は今から週72時間体制となります。CUCは給料日以外の金曜日を休業します。
フィッテイェル知事によるCUC管理は、非常事態管理が延長されました。
知事は先月の指導宣言において、CUCのモービルからの燃料供給への支払いに現地資金$5ミリオンを再編成しました。
「継続した資金の再編成は、内閣の職員への支払いと運営を継続させる能力を脅かしている。CUCはCNMIの人々に電力供給サービスを継続させるため自ら経費削減を行わねばならない」と知事は述べました。
2007年12月5日に、知事はCUCの燃料費不足のため非常事態宣言を公布し、2008年1月4日にこの延長を宣言しました。
知事は、前議会がこの燃料備蓄と所有の問題について懸念していたことを繰り返し述べています。

○ 今週、ネオ・ファッション閉業
縫製製造会社ネオ・ファッションINCは、今週の土曜日にサンアントニオの工場を閉鎖しますが、その従業員のほとんどがCNMIでの職を求め、滞在を望んでいます。
サイパン・トリビューン紙は昨日、労働局から、今週閉業する同社の影響を受けて失業する従業員は外国人88人、現地人13人と知らされました。
労働局捜査官は、このうちの26名の外国人労働者はすでに中国に発っており、残りの62名が新たな雇用主を探していることを明らかにしました。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月10日(Thu)▲ページの先頭へ
サイパン1月10日(木)



○ 今年最初の強盗事件
今年初の強盗事件が土曜夜にチャランカノアのLing Linストアで起こりました。
事件は午後9時48分にDPSへの報告がありました。
初期捜査によれば、二人組の男が店に押し入りオーナーの金を要求したとのことで、一人は手に鉈を持ち、オーナーを叩いて脅したとのことです。
オーナーは恐怖を感じて現金を手渡すと、強盗はすぐに逃げました。
ストアの監視カメラはこのとき作動していませんでしたが、事件の最中に怪我をした人はいませんでした。
容疑者の風貌はグレーの長袖シャツに黒いマスク、もう一人の容疑者はシャツは着ていましたがマスクはしていませんでした。
容疑者は二人とも痩せ型で身長170cm前後だったとしています。
この事件に関する情報はクライム・ストッパー234-7272まで。

○ 職を求める現地人の数は未だ高く、雇用されたのごくわずか
昨年、労働局の雇用サービス・トレーニングを通じて求職中の現地人の数は2006年の集計よりも高いものとなりましたが、彼らの数名だけが時給$3.05で民間企業に雇用されました。
Alfred Pangelinanディレクターによれば、雇用・トレーニング部は雇用主が求人広告に来るところです。
それは現地人と外国人のための空職がどのくらいあるのかを見極める責任を担っています。
同部の最新のグラフは、2007年度四半期の3期で求職登録を行った現地人は2,114人で、これは2006年度の集計より高いものであることを示しています。
この登録申請数は2005年に急激に増えました。
このグラフは2,114人の登録申請者の342人だけが雇用されたことを示しています。
2006年は2,098人中421が雇用されています。
2001年では登録者わずか681人で、242人が雇用され、2002年には登録者数が558人に下がりしたが、ほとんどが雇用されました。
2003年に再び上昇しましたが、雇用数はわずか320人でした。2004年は1,268人に対して雇用は292人、2005年は1,809人に対して雇用は389人でした。
パンゲリナン氏は昨日のインタビューで、求職登録をした現地人の増加について3つの要因を挙げました。
同氏によると、毎年600から700人の新卒者があり、全員が進学のために島を出ることはなく、「島に残った者が登録に来ている」としています。
He said 600 to 700 young local residents graduate from high school every year. Not all of them go off-island to attend college, “and those who stay behind are registering with 第二の要因はビジネスの閉業です。
「ビジネス閉業の結果、多数の現地人労働者が職を失っています」と同氏は述べ、ビジネスの閉業ごとに、新たな職を見つけられない解雇労働者は少なくとも20%になるとしています。
登録申請者数が増えた最後の理由として、これらの現地人は現在、労働局プログラムに従って「エデュケーション・パス」を終わらせていることです。
この「パス」は、彼らの雇用サービスが職業登録と委託期間の中でコミュニティを、どのように手助けするかを現地人に教えます。
これらの雇用された数が過去数年にわたって、なぜ同レベルなのかについて、同氏は二つの要因を指摘しました。
第一に、雇用主が現地人労働者を雇用することについて「真剣」ではないとしています。
雇用主は彼らの外国人労働者を維持することを欲し、「現地人労働者の入る環境を歓迎しない」としています。
「しかし、それは今、P.L. 15-108の結果として変わりつつある」と彼は述べ、フィッテイェル政府によって制定された新労働法を照会しています。
もうひとつの要因は、現地人労働者自身が民間企業で職を見出すための真剣さが十分ではないとしています。
しかし、それは労働局が彼らの手助けを何もしていないという意味ではないと同氏は述べ、現地人の雇用のほとんどが彼のオフィスの努力によるものとしています。
「雇用主が現地求職者には資格がないと言う時、我々は何故彼らが現地人に資格がないのか理由を見つけます。そして我々は交渉し、腰を据えて雇用主に何が法で義務付けられているかを思い出させます」と同氏は述べています。
しかし、これら雇用された数は低いものです。なぜならば、多数の現地人労働者は面接と履歴に関わる「求職技能の原動力を理解する必要」があるからです。

○ ウェイター、前雇用主を差別で告訴
レストランでウェイターとして雇われていた外国人労働者が、2007年度の契約打ち切り後、この雇用主を差別で訴えています。
Invictus T. Feliciano氏はStephen C. Woodruff弁護士を通じて昨日、Eastern Hope Corpに対する訴えを連邦裁判所に提出しました。
Feliciano氏は法と証拠に従って、懲罰的損害賠償と損失した所得を求めています。
彼はまた、補償と他の損害、妥当な弁護士費用と経費、更に裁判所が妥当と考える救済を求めています。
同氏は被告によって2000年5月からウェイターとして雇用され、2007年2月13日まで就業しました。
同氏は被告のキラク日本レストランとラクエン韓国BBQレストランに配属されました。
訴状では、原告は満足いく模範となる勤めを果たしたと表明しました。
しかし、この「一流の勤務遂行」にも関わらず、2007年1月13日に、被告は原告に「営業が芳しくない」として彼の契約を更新しないと通告されました。
この訴えによると、原告の解雇から間もなく、被告は同レストランで韓国人と中国人のウェイターとウェイトレスを雇用したとしています。
訴状では、被告の解雇理由は口実であり、実際には原告は彼の国籍のために解雇されたと訴えています。

○ DPS:運転者の教習法律の規則ドラフトは現在AG’sオフィス
DPSコミッショナーのRebecca Warfield氏によると、運転教習義務条例2006を開始する規則のドラフトは現在、コメントと見直しのため司法局長室にあります。
「コメントがどのくらいの期間かかるかは私にはわかりませんが、コメント期間が終了した時点で我々は、このプログラムを実行することが必要であるかどうか、多少の変更を行い、一般によるコメントを評価します」と同氏は先週のインタビューで答えました。
運転教習義務条例(The Mandatory Driver Education Act of 2006)は、2006年8月25日に法制定に署名されました。
この法律はDPSコミッショナーに、実施のための規則ドラフトを2007年5月25日までに作るよう要求しました。
この法律はCNMIの運転者が、安全に自動車を運転することに関する法規則を遵守することを目的としています。
同条例は全ての初期運転免許証申請者、連邦司法管轄からの免許証を取得していない外国人と常習交通違反者に適用されます。

○ 第15回議会、124のパブリック法の施行を躍起になって宣伝する
任期を終えた議長は、124のパブリック法が第15回国会の下制定されたと言っています
コビナント党サイパンのオスカー・M.ババウタ議長は、立法議員の中の問題において「常に不合意」であったと表現したにも関わらず、下院「全体の功績」は満足のゆくものであったと説明しました。
昨日、彼は次期議長となる共和党サイパンのアーノルド・I.パラシウス氏に議長室の鍵を手渡しました。

○ さらばホテル・ニッコー、こんにちはパームス・リゾート・サイパン
2008年2月1日からホテル・ニッコー・サイパンはなくなり、Palms Resort Saipanと呼ばれることになります。
新オーナーのUMDAはワールドクラス・ホテルのシェラトン、ヒルトン、マリオットのいずれかにその経営を委ねることを未だ深く考慮しています。
昨日のインタビューで、資産管理ディレクターで主任財務のヒロユキ・サイトウ氏は、Palms Resort Saipanがコモンウェルスの最高の利益となるよう、その運営は知名度のあるホテル経営を持ってくると述べました。

○ 労働判決で600件が未払い
連邦オンブズマン・オフィスは、外国人労働者への賠償と未払い賃金の労働行政命令は現在600件あるが、未回収が残されています。
連邦オンブズマンJim Benedetto氏は、昨日のサイパン・トリビューン紙のインタビューで、正確な概要ではないが、数億ドルが計上されるであろうとしています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月09日(Wed)▲ページの先頭へ
サイパン1月9日(水)

本日も特別なニュースはありません。
記事の内容も、ほとんどが過去の記事と重複しているので詳細は省略しました。

昨日行われた「ゾーニング法」の説明会は、残念ながら出席できませんでしたが、事業に携わっている方々、特にガラパンで商売をされている方々にとっては将来的に重要なことですので、今後、内容がわかり次第詳細をお伝えしていきたいと思います。


○ 現地看護士、均等払いで抗議
CHCのレイバー&デリバリー・ユニットで9時間の通し勤務の後、現地看護士Roca Quitugua Sablan氏は他の3名の現地看護士と共に労働条件の改善を訴えました。
彼女たち4名はシビル・サービス・コミッションと連邦雇用均等コミッションに、6年から7年の均等支払いを求め、先月提訴しました。
「私たちは、私たちと同等の資格を保有する外国からの看護士が、高額な給料で誘致されていると聞かされました。私たちはどうなのでしょう?留任にどんな誘致があるのでしょう?」とカマチョ氏は問いかけます。
DPHのKevin Joseph Villagomez局長は昨日、当局は「そのようなつもりではない」として、現地看護師への支払いは米本土からの申し出であるとしています。
「彼女ら4人は、彼らが果たした勤務に相当する特別給与を得ていないと訴えています。彼らは米国の一般賃金である約$70,000を提起しています。現在、彼らには$40,000程度しか支払われていません」とビラゴメズ局長は述べ「米国がそのポジションの賃金体制が高い理由は、CNMIに比べ、その3倍から4倍の職業分類があるからです。確かなことは、我々はまたこれらを行う手段も持っておらず、同額の給与を支払うことができない」としています。
これに対し、現地看護師は反論しています。
ビラゴメズ局への書簡の中で彼らは、「我々の補償差別問題に宛てた、書面あるいは口頭での回答を受け取っていない」と述べています。
彼らはまた「これはお金の問題ではなく差別の問題」としています。
「我々は相違点を論じていない。我々が今行っていることは、彼らのポジション分類に基ずく給与体制を得られる職種分類をさせることである。我々は未だEEOCからの連絡を得ていないが、EEOC訴訟で何が起ころうとも、我々はOPMが推薦することを継続しており、数週間で終わらせたい」とビラゴメズ局長は述べました。

○ 連邦上院、来月NMI連邦化法案を通過
ワシントンのCNMI住民代表によると、現地イミグレーションを連邦化するための連邦下院法案は、2月初旬に連邦上院で全会一致で通過され、最終的にブッシュ大統領による署名が行われると思われます。
ピート・テノリオ氏は昨日のインタビューで、60もの法案を一緒にしたS.2483 に含まれる下院法案3079は、すでに下院を通過したと述べ「S.2483は上院で全会一致の同意がなされている」としています。
「しかしながら、主導者はTom Coburn上院議員からの5つの修正を認めることで合意していますが、これは下院法案3079とは関係のないものです」と同氏は述べました。

○ 上院議員:下院議会は大急ぎで予算案を通過させた
駆り立てられた政策のため、下院議会によって通過させられた2008年度予算案での
活動なく火曜日に第15回上院議会は終了しました。
Felix T. Mendiola上院議員は、下院法案はまた「数多くの詳細と正当化」にも欠けているとしています。
「下院で十分な討議がされなかったとは言わないが、詳細の多くに欠けており、今国会の全ての詳細を吟味する必要がある」と同氏は述べ、上院は1月14日に宣誓を行う新議会メンバーに差し出したいとしています。
2008年度予算は10月1日からすでに始まっています。
知事の提案した3,974名に対し、下院では政府正社員を4,289名としています。
「この数字がどのように算出されたかを知りたい」とメンディオラ議員、「この正当性を尋ねる必要がある」と述べました。
同氏はまた、内閣の歳出削減$86ミリオンから$81.2ミリオンへの予算提案にも質問しています。
なお、同氏によると、予算案は火曜日の下院議会で最終審議前の2時間に運ばれ、通過したとしています。
「もし、この算出を理解しなければ、正常な心で誰も予算を通過させない」と彼は加えて「我々の質問への回答無く、予算を通すことは馬鹿げている」と述べました。

○ 約100名の事業者がサイパン・ゾーニング法のトレーニングに出席
約100名の事業者、開発者が昨日、2月1日に施行される新たに制定されたサイパン・ゾーニング法2007のトレーニング・ワークショップに出席しました。
サイパン・ゾーニング理事管理官Steven Tilley氏によると、この法は「完璧ではない」ことを認識しているとしています。
彼は、改善のための人々からの意見を求めたいと述べました。
ゾーニング法が施行されれば、建設行為が規制され、同様にサイパンのビル及び土地の使用も規制されます。
同氏によると、ゾーニング法の要求事項を満たさない現在のビルと看板は「整合していない」と定義づけられます。
整合していないビジネスは、その建物のダメージ補修、拡張を望む際に制限が与えられます。
昨日、ススペのマルチ・パーパス・センターで行われたトレーニングは、新法の理解を深めることが目的であったと同氏は述べています。
昨日の出席者のおよそ8割が民間事業者でした。
これらの現在の事業者は、8月1日までにビルと看板を基準に整合させる必要があります。


○ シェル、燃料価格8セント値上げ
シェル・マリアナスのRUBEN Domingo社長は1月8日からの値上げを発表しました。
ディーゼル、レギュラー、プレミウムは1ガロン8セントの値上げとなりました。
モービルも追随すると思われます。

○ 2007年度ホテルの稼働率低下
北マリアナ・ホテル協会HANMIの発表では、2007年度のホテル客室平均稼働率は58.89%で、2006年度の63.43%を下回りました。
2007年度末の稼働率は落ちましたが、ルームレートは前年度対比で1.17%増の$92.12でした。同協会メンバーは過去数年間で$60ミリオン以上を改善に用い、子供用プール、スパ、客室改築などを含む新たな施設の開業を継続して行っています。
12月最後の10日間では、日本からのチャーター・フライト、韓国からの増便、大阪便の再開などにより高稼働率を記録しました。
HANMIの年次報告によると、サイパンのホテルの現地人就業者は、総労働者数1,7931人の34%となっています。ホテル稼動税は$5.7ミリオンで、グロス収入税の$2.8ミリオンを上回りました。
北マリアナ・ホテル協会HANMIは1985年に設立され、現在ホテルと関連業者30名で組織されています。

○ CADA:2007年度中古車販売469台
コモンウェルス・ディラー協会(Commonwealth Auto Dealers Association)は、昨年度の中古車販売台数は469台と発表しました。
マイクロール社が中古車市場の43.3%を占め、2007年度全体で203台の中古車を売却しました。
トリプルJが151台でシェア32.2%、ジョーテン・モーターズは115台でシェア24.5%となりました。
マイクロール社はトヨタ、シボレー、ジョーテン・モーターズは日産、フォード、ホンダ、キア、トリプルJモーターズはヒュンダイ、三菱、いすづ、スズキ、スバル、マツダを取り扱っています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月08日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン1月8日(火)

今日の新聞は小記事が満載ですが、そのほとんどが2008年度政府予算関連のものです。
財政破綻している政府の2008年度予算はかろうじて下院を通過はしましたが、その内容は稚拙なもので未だ確定していません。

更に、連邦政府から償還された税金の使途をめぐって知事と議会で紛糾しています。
一般市民によってはCUCの電気料金が一番の心配事でしょう。
これはオイル価格の高騰もあり、値上げが実施されるでしょうし、ガソリン代も更にあがっていくことになると思います。

これに加えて、最低賃金の定期値上げ2年目を控え、イミグレーション連邦化、新労働法実施と問題山積みのCNMIです。
サイパン商業会議所の見解にもあるように、そろそろ民間企業の各種団体、協会などが提携してこの難局を乗り切っていかねばならない状況になりつつあると思います。
政府批判は簡単なことですが、実際に経済を牽引する地元企業家を取りまとめていく方向で、行動を起こしていかなければ何の解決も生み出さないような気がいたします。

ということで、CNMI政治経済の動きに注目していきましょう。

○ CUC:現在の燃料価格$119ながら1月は電気料金の値上げなし
CUCは、現在パワー・プラントの稼動に必要な燃料費は1バーレルあたり$119が支払われているが、現状の一般消費者電気料金1キロワット時間25.8セントを継続すると言っています。
このレートは今月は維持しますが、CUCスポークスマンのパメラ・マティス氏は昨日、同機関がシンガポールから購入している原油価格によっては、2月に値上げが行われるかもしれないとしています。
また、同氏は、国際市場での原油価格は$100であり、燃料供給社、モービルもまた輸送費、税金その他が加算されていると述べました。

○ スターダスト・クラブのオーナー処罰判決
売春、イミグレーション詐欺、人身売買、不法搾取、未成年者の使用、不法外国人の隠遁その他226カウントで告訴されたスターダスト・クラブのオーナーと他の2名の被告は、昨日、高等裁判所で処罰判決が言い渡されました。
デヴィッド・M.アタリグ、コラゾン・R.アタリグ、プリシラ・D.ルロダ、ニルダ・マニエゴは、デヴィッド・A.ワイズマン判事の前で告訴申し立て聴聞に応じました。
デヴィッド・アタリグとスターダスト・クラブを経営していた彼の会社スター・フォー社はロバート・トレス弁護士、同様にコラゾン・アタリグはペリー・イノス弁護士らが代表人として出廷、ルロダの顧問はリチャード・W.ピアスでした。
公的主席弁護人Adam Hardwickeはマニエゴの代わりとして、同様に副検事補Kevin Lynchはコモンウェルスの代わりとして出廷しました。
ワイズマン判事はコラゾン・アタリグに、すでに実施された2日間を併せ364日の服役を申し渡しました。
コラゾン・アタリグは1月28日午前8時に彼女の懲役判決が開始されるDepartment of Correctionsに報告することが命じられました。彼女は2009年1月25日午前8時に釈放されます。
彼女は、仮釈放理事会によって仮釈放の決定を受けることになるでしょう。

○ ペイロール・セミナー、1月29日に開催
THE U.S. Internal Revenue Serviceとthe CNMI Division of Revenue and Taxationは、一般労働者(従業員)とペイロール担当者を、1月29日、午前9時からススペのマルチパーパス・センターで行われるペイロール・セミナーに招待しています。
このセミナーは約6時間にわたって行われます。

○ 商業会議所は、賃金値上げ、連邦化、新労働法の影響を調査
サイパン商業会議所の新会長Jim Arenovski氏は民間企業グループに、引き続き現地経済を妨げるであろう3つの問題−最低賃金値上げ、現地イミグレーションの連邦化、新労働法−の影響と、予想される結果を適切に指導させることを望んでいます。
Arenovski氏によると、商業会議所はこれらの問題を、政府、議会などと協調して取り組んでいくとしています。
同氏はまた、彼らの事業に関連する規則と議会の状態を見直す新たな委員会を創設する提案をするとしています。
同氏は、調査がこれら問題におけるメンバーの意見を求めることを指導する一部でもあるとしています。
同氏は更に、中国人、韓国人、日本人、フィリピン人ビジネス・リーダーを同会議所に招聘し、CNMIの他のビジネス協会との強固な強調を築くことを約束しました。
同氏によれば、タオタオ・タノとユナイテッド・フィリピノ・オーガニゼーションのような多様なコミュニティ・グループとの意見交換も開始するとしています。

○ マングローニャ氏、資産論争で裁定を発効
閉鎖したパシフィック・ガーディニアン・ホテルの前オーナー、ロナルド・D.サブラン氏の関係者で嘆願者のアントニオ・A.サブラン氏の要望における裁定で、高等裁判所は所有地の販売後、判決による債務者が制定法で定められた買戻し権利譲渡できると述べています。
高等裁判所のRamona V. Manglona判事は金曜日の彼女の命令の中で、2007年6月5日に抵当流れ売買で売られたロナルド・サブランとマリア・アナ・T.サブランの実際の所有地で、買い戻し権実行のためのアントニオ・サブラン氏の嘆願を認めました。
同判事(彼女)の命令には、アントニオ・サブランが彼の買戻し権実行の許可を裁判所に嘆願し、2007年7月18日に裁判所事務局に買い戻し価格$81,200を提案したと表明されました。
購入者Del Ariel Benson、Karen Benson、Carlene Atalig Mitchellらは、この譲渡は法令に反するもので無効であり、対立する嘆願として反対しました。
マングローニャ判事によると、抵当流れ売買に従って抵当にされた所有地を買い戻すための抵当権設定者の権利は、純粋に法制定に準ずるものとしています。
同判事は、2007年6月5日の売買から月1%の利息を加算した購入額$80,000 を基に買い戻し額は$85,600と命じています。
2007年7月17日にロナルド・サブランは買い戻し権譲渡を主張し、彼の買い戻し権をグアム在住の親戚、アントニオ・サブランに譲渡を履行しました。

○ 下院はカバー・オーバー資金問題で「範囲の度を越えている」と政府が言及
知事の財務顧問によると、カバー・オーバー資金が含まれた予算案が土曜日に通過した時、下院議会はその「範囲」の度を越えたとしています。
前管理室予算特別顧問トニー・ムーニャ氏によると、政府の有効資源における宣言を行うことができるのは財務局長だけであると述べています。
下院法案15-328、2008年度予算政策では、「カバー・オーバー」資金の最大$5.5ミリオンが中央政府の運営のために充当されると表明されています。
提案された予算額$168.7ミリオンは、知事のオリジナル提案より$8ミリオンを越えています。
「カバー・オーバー資金の$5.5ミリオンは予算に含まれており、私は、それは彼らの範囲を超えていると思う」とムーニャ氏は述べ、「CNMIの有効財源を認定し宣言できる人物は財務局長だけである。彼だけが知事と議会に我々の財源がいくらあるかを、伝えることのできる人物である」としています。
「財務局長は適用への有効額を表明しておらず、私は彼のその理由がわかっており、我々は縫製産業の撤退も現実的になっている」とムーニャ氏は述べ「我々は未だ観光産業を呼び戻そうとしており、それを進めている。したがってカバー・オーバー資源は総予算の資金に加えるべきではない」と言っています。
連邦政府は最近、CNMIにカバー・オーバー税$26.4ミリオンを償還しました。

○ カバー・オーバー資金はサイパン政府の職を「救う」
財務長官の有効なカバー・オーバー資金の充当に関する声明が無くとも、立法議員はこの新たな彼らの収入「パイ」の分け前に期待しています。
昨日、サイパンとノーザン・アイランドの議会代表団は、2008年度予算で収入計画から$1.2ミリオンを充当するローカル法案15-19を通過させました。
代表団会長の上院副議長ピート・P.レジス氏によると、$1.2ミリオンは、12月22日に解雇されるはずであったサイパン政府職員のサラリー支払いに使用されるものとしています。
しかし、彼は更に追加の$1.3ミリオンが必要であると述べ、カバー・オーバー資金の$5.5ミリオンが来るべきであるとしています。
397名の政府従業員の契約−サイパン157名、テニアン129名、ロタ111名が資金不足で12月22日までの更新が行われました。
知事は後日、彼らのサラリー予算を用意するとしたサイパン立法議員による約束を基に、彼らを留め置きました。
無所属サイパンのレジス議員によると、代表団は全てのサイパン政府職員を維持するために$2.5ミリオンが必要であるとしています。
「我々は$1.2ミリオンに達しただけで、これら職員が解雇されずに済むための明確な根拠が必要である」と同氏は述べ、「我々は未だこの残高へのカバー・オーバー資金調達を行う」としています。

○ 知事、CUC非常事態報告を公開
フィッテイェル知事は昨日、CUCの「電力提供不能」を宣言した非常事態声明における、彼の報告を議会に送りました。この報告は予算再編成を含む、彼が起こした行動は必要であったことと合法であることを述べています。
金曜日に、下院マイノリティ・リーダーのアーノルド・I.パラシウス議員は、12月13日に知事に送付した、知事がその延長を行ったCUCの非常事態宣言に関する問い合わせへの回答を受け取っていないと彼の同僚に伝えました。
「政府はパラシウス議員のこの問題提起に感謝する」と広報官チャールズ・P.レジス氏は昨日バラエティ紙にEメールで述べました。「知事は、CUCと知事の公共事業のための非常事態宣言における報告書を議会に今提出している」としています。
レジス氏によれば、パラシウス議員は「知事の非常事態宣言と緊急条例の公布の理由に気づくべきである」としています。「知事はただひとつの理由から非常事態宣言を行いました。それは、知事の拒否にも関わらず、議会が知事の拒否権を覆し、下院法案15-246をパブリック法15-94に制定したことに向けてのことです。これは危機とCUCとCNMI全体に明らかな危険を生み出しました。この動きはCNMIへの電力供給サービスを崩壊させる脅威を与え、知事は、大惨事へ至る危機を回避するため調停をはかりました」と同氏は述べています。
1月7日付けの7ページにわたる報告書の中でフィッテイェル知事は、彼の内閣はCUC、司法局、関係機関と共に「2つの危機問題:(1)2007年12月5日の燃料配給を確実にすること(2)更なる緊急補佐のために必要とされる燃料効率の向上と命ずる上で、現状の発電施設の修復と再建」に取り組んだとしています。
この報告は多数の付属項目について言及しましたが、この「厚く綴じられたファイル」と伝えられた付属項目をバラエティ紙は入手していません。
フィッテイェル知事は、この行動の詳細を議会に報告する法的義務があることを認識しており、彼は非常事態宣言で約束しています。
同氏は「財務局長と予算運営特別補佐と共に、CUCの2007年12月15日の燃料配給予定を確実にした」と述べています。
燃料費に$2.5ミリオンの支払いが必要であったとして、知事は、「公共費予算の前倒しで公共費経費に充当されたビジネス・ユニットのための公共費予算がBU1591ガバーメント・ゼネラル・ユーティリティ・アカウント(政府総公共費口座)に移されました。
影響を受けたビジネス・ユニットがシェアした比例分配額$2.5ミリオンの経費は、全ての政府機関をまたがっていきます。
これら影響を受けた政府ユニットのリストは新聞に提供された報告書のコピーには含まれていませんでした。
知事によると、CUCは2007年12月5日の政府公共費口座のための期限切れ請求書に$2.5ミリオンを充当します。
知事はまた、主要改善連邦予算の$6.5ミリオンが非常パワー・プラントの修繕に再編成されたと言及しました。
フィッテイェル知事は「燃料貯蔵容量の問題と所有権は・・・・、CNMIがオイル価格の高騰が引き起こす経済崩壊へ継続と影響を最小限にする能力を確保する」ことに取り組む必要があると繰り返し述べました。
知事によると、彼の政府は内務省からCNMI石油事業施設の実現可能性学習の予算技術支援グラントのための承認を得ているとしています。

○ 知事は下院予算案を拒否するように思われる
フィッテイェル知事は、オリジナル案より$8ミリオン高い$168.7ミリオンの下院版2008年度予算案を拒否するように思われています。
広報官チャールズ・レジス氏は昨日、土曜日の下院議会で通過した予算案に関していくつかの深刻な問題があると述べました。
「我々はこの予算が、政府の現状の財政状況を実際に反映しているものではないと思います」とレジス氏は述べ、政府の歳入状況からこの予算は不可能であるとしています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月07日(Mon)▲ページの先頭へ
サイパン1月7日(月)


日米で株価が急落し、波乱含みの年明け市場となりましたが、CNMIの政治経済も相変わらず混迷を続けています。
今月14日から始まる新議会に多少の期待をしたいところですが、早くも知事のCUC非常事態宣言への不審、サイパン・カジノ法計画、新労働法開始、イミグレーション連邦化などなど、問題も山積みです。

○ 聴聞官再び1名で労働訴訟の聴聞遅れる
労働局は行政聴聞官が一人しかいないために、多数の訴訟の聴聞を延期しています。労働行政聴聞官Rose T. Ada-Hocog氏は金曜日のトリビューン紙の取材に答え、予算不足からHerbert Soll聴聞官の契約更新を行わなかったため、行政聴聞官はJerry Cody氏1名を残すだけとなっていることを伝えました。
同氏によると、スタッフ不足で、予定されている現状の訴訟のほとんどが再度日程を整えているとしています。
同氏は彼らの依頼人に、行政聴聞事務室でフロント・オフィス事務員に彼らの訴訟日程の状況を確かめるよう通知しました。
彼女によると、聴聞の延期はおよそ20から30の労働訴訟と拒否に影響が出るであろうとしています。
しかしながら同氏は、同事務室ではこの問題は2006年と2007年に向けたものであるため、現在はいかなる残務未処理の訴訟は扱わないとしています。
Ada-Hocog氏は彼女自身がよりいっそうの任を負っています。管理者と一般公示官に加えて、Ada-Hocog氏は今から2週間、労働訴訟の調停人の代行を務めます。
「それは困難であるが、我々が予算を得るまでの一時的なものです。我々はコミュニティの忍耐が必要です」と同氏は述べました。
同氏はまた、1日3件から5件の労働訴訟の提出を受けていることも記しました。今月はさほど多くないとしています。
2007年9月、Soll氏とCody氏が予算不足で業務を停止してから、行政聴聞官の仕事はBarry Hirshbein氏のみとなりました。
結果として、行政聴聞事務室が取り扱っていた日程の4ヶ月を残したまま山積みされ始めました。
一月以上を経て、Soll氏とCody氏は再雇用されました。
Soll氏はパートタイム行政聴聞官として働いており、Cody氏はフルタイムです。

○ 予算$168.7ミリオン、下院通過
下院議会は2008年度予算案をようやく通過させ、この後上院にあがります。
下院通過した予算額は$168.7ミリオンで、土曜日の採決14対2で採択されました。
CNMI憲法に従い、各議会メンバーの4分の3の賛成票による採択以外で、政府支出金法案は通常総選挙と年明け1月の第二月曜日の間に制定されることはできません。
予算法案が知事に届く前に、少なくとも下院18議席の14議席と上院9議席の7議席が賛成票を投じねばなりません。
上院は本日、審議が行われる予定です。
土曜日、今期退くコビナント党サイパンCinta M. Kaipat議員と同党サイパンのAbsalon Waki議員の2名がこの予算案通貨に反対票を投じました。
コビナント党ロタのCrispin M. Ogo議員は欠席でした。
提案された予算は、知事の提案$160.1ミリオンより$8ミリオン高いものです。
この法案は現在の充当額$6.4ミリオンより$2.6ミリオン高額の$9ミリオンが立法府機関に与えられます。
そのほか、司法機関に$4.9ミリオン、内閣機関に$81.2ミリオン、ワシントン代表に$953,857、ロタが$8.2ミリオンでテニアンが$8.2ミリオンが割り当てとなります。
パブリック・スクール・システムは最高割り当ての$38.7ミリオンが与えられます。
下院議会はMVA(マリアナ観光局)へ$2ミリオンを追加する知事の提案を却下したと、同時に、北マリアナ・カレッジに予算$5.8ミリオンを提供しています。
サイパンとノーザン・アイランド市長、評議委員会は$2.1ミリオン、理事会と委員会に$672,046、独自プログラム$1.3ミリオン、その他プログラムに$1.1ミリオンとなっています。$1.1
知事の財政顧問、トニー・ムーニャ氏によると、下院の行動は議会が「痛み」を共有しないということを指し示しています。
「これはみんなの政府であり、みんなが犠牲となるべきだ」とムーニャ氏は述べました。

○ パラシウス氏:CUC非常事態における知事の報告は?
CUCへの予算再編を知事に認める非常事態声明を、知事は延長させています。また、立法議員らの要請−政府によってCUC危機の取引が取り扱われた行動における報告への回答すること以外、政府機関に適用させる周旋規則を一時停止しました。
金曜朝の討議中、下院マイノリティ・リーダーのアーノルド・I.パラシウス議員は、コビナント党サイパンのオスカー・M.ババウタ議長に、フィッテイェル知事に「緊急事態宣言が取られた政策の詳細を描述する」完全報告を求める書簡を12月13日に送ったことを思い出させました。
共和党サイパンのパラシウス議員は、CUCへの政府の予算再編成によって、政府の機能、プログラムあるいはプロジェクトが「縮小、据え置き」になっていることを知ることを臨んでいます。
彼の書簡の中で彼は、前回12月5日の非常事態宣言が「全面的に法令遵守不十分」で、知事は「非常時の取り扱いを、適時に包括的な計画の議会提出を怠った」と述べています。
「この状況下で」とパラシウス氏は続け「CUCが危機に向かっている上で、取り扱われている処置が何であるか、コモンウェルスの人々にとってこれらの行為がどう影響するのか議会は知る術が無い」と述べました。
金曜日、パラシウス氏は彼の質問を繰り返し述べました。「内閣の計画はどこにあるのか?CUCのための再編成する予算はどこにあるのか?」
彼によると、CUCは彼が要求していたいくつかの情報は、すでに政府に用意したと彼に伝えてきたとしています。
「私はその情報を入手したいと思う」とパラシウス氏は議会に伝えました。「我々には説明責任がある。我々はこの非常事態を政府がどのように取り扱っているかを知る必要がある」と同氏は述べました。
共和党サイパンのユマル議員はパラシウスに懸念に同調しました。「CUCへの行動計画を実施させる災害チームはどこにあるのですか?」と彼は述べ、政府はCUCの問題解決で権限を逸脱するかもしれない怖れがあるとしています。
共和党サイパンのマニュエル・A.テノリオ議員は、立法議員は暗闇に置き去りにされているようだ・・・・我々はこの非常事態で何が起こっているのかを知りたい」と述べました。
昨日の記者会見では、バラエティ紙が希望した政府とCUCからのコメントは未だ届いていません。
フィッテイェル知事は金曜日、政府機関はCNMIへの発電供給は未だ十分に提供できないとしてCUCの緊急事態宣言を30日延長しました。彼は「極限的、至急の一触即発の脅威」としています。

○ マングローニャ氏、ホフシュナイダー氏:サイパンはローカル・カジノ法は不可
二人の上院議員によると、サイパンでのカジノ・ゲームを合法化する法案の通過は違法であるとしています。
1月5日のサイパン議会代表団への書簡で、共和党ロタのポール・A.マングローニャ上院議員と共和党テニアンのジュダ・U.ホフシュナイダー上院議員の両氏は、CNMIでのいかなる合法賭博法案の議会通過も認められないとしています。
彼らは、コモンウェルス規則で追記されているこれら規則がある限り、賭博禁止規則でローカル法案が取り扱われると表記されている1 CMC §1402(a)(8)を提示しました。
前回、下院議会を通過した同法案は上院で却下されましたが、今年始まる新国会で再度提案される予定です。
新国会は1月14日に召集されます。

○ 知事、2法案を拒否、2案に署名
フィッテイェル知事はこの法案の目的に矛盾があるとして、ローカル法案15-292 、Notaries Public Actsの改訂を拒否しました。
同様に、島に割り当てられた計画のためのテニアン市長の資金支出権限を認める下院法案15-308も拒否しました。
サイパン・ゾーニング法の改訂、ローカル法案15-77は署名され、サイパン・ローカル法15-29として制定されました。また、ネイビー・ヒルのグロリア・ドライブ近隣をBasilio Laneと名付けるローカル法案15-72は、サイパン・ローカル法15-72となりました。

○ 身障者用駐車場法案、下院通過
下院儀機会は木曜日、身障者のための駐車スペースにおける現在の法律を広げ、違反者に懲罰を加える法案を通しました。
下院法案15-329はスタンレー・T.トレス下院議員によって提起され、「恒常的に違反が行われ、その行使が曖昧である」としています。
この法案は今、上院に送られ、今週最終審議に入ることが期待されています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月05日(Sat)▲ページの先頭へ
サイパン1月5日(土)

本日土曜日はトリビューン紙の土曜版からの記事です。
相変わらずマイナー記事だけでした。

○ 災害宣言拡張
昨日フィッテイェル知事によって署名された宣言によると、コモンウェルスは災害緊急声明の下、これを更に30日を存続させます。
知事によると、CUCは引き続きCNMIへの電力供給サービスを提供する能力が無く、この状態はCNMIへの「極限的、至急の、切迫した脅威」に位置します。
「この非常災害声明宣言は、2007年12月5日に発行した非常災害声明宣言を存続させる正当な理由と判断し、CNMI住民の安全を確実なものとすることを命じる位置付けで、存続されねばならないこの宣言に従ってとられた緊急政策を存続させるものです」とフィッテイェル知事は述べました。
CUCのデータは、パワー・プラントが技術的な問題で48.6メガワットしか発電しないことを示しています。パワー・プラント1だけで、4基の主力発電機は起動していません。4基のエンジンだけが稼動中のこのプラントの枝葉で、3基はメンテナンスが必要です。
パワー・プラントの出力は全容量の43%相当です。
非常宣言は、周旋規則を含むCUCに適用される規則、条例、法令のすべてを一時停止し、CUCのすべてのコントロールを知事に委ねることを認めています。
知事はまた、CUCの問題に向けたすべての有効な資金(予算)を再編する権限を有します。
初期非常宣言においてビラゴメズ知事代行は、発電用燃料購入能力のないCUCのための非常宣言であったとしています。
フィッテイェル政府は、議会にCUCの資金不足の責任を負わせています。
10月、立法議員は知事の拒否権を覆して、一般消費者の電気料金を値下げする法制定を行いました。政府はこの施策で年間電力収入が$8.4ミリオンから$7.2ミリオンに下がり、CUCの運営資金が不足すると警告しました。
11月、政府はいくつかの料金削減以外を復元させ、料金値上げ規則を採用しました。立法議員の多くは政府の動議は違法だとしています。
現状の電位料金は依然として最高値を記録しています。

○ サイパン・ゲーミング(賭博)提案、下院で復活
サイパン・ゲーミング提案は再考のため下院議会に戻されています。
立法府は昨日、ローカル問題であるHouse Local Bill 15-78却下の評決を行いました。この政策は現在、上下院による承認を要求する下院法案となります。
この評決は、サイパンの議員数名によって企てられたかのように見える、前回の上院での法案無効を取り囲む策略の懸念を、テニアン代表のエドウィン・アルダン氏が提起した後、行われました。
ローカル法案として、この提案は、サイパンの21名の議員とノーザン・アイランド議会代表の支援で法律になります。
しかし、アルダン氏はこれが違法であると記しました。
憲法に従い、賭博のいかなる形式も、住民発案手続きを通すか、あるいは全議会による通過を通すかのどちらかの方法でしか、コモンウェルスによる制定は行うことができないとしています。
「もし、それが簡潔なローカル法によって行えるならば、テニアンは住民発案を通させる必要はない」とアルダン氏は述べました。
サイパンの有権者は前回の選挙でカジノ法案を拒否しました。下院議会はその後すぐ、サイパンでの制限賭博法を通過させましたが、上院はこれを廃案としました。
現在下院にあるこの法案は、上院によって却下された法案と同一のものです。
この法案はブラック・ジャックとバカラ・ゲームに連携するテキサス・ホールデム・ポーカー・ゲームの合法化を提案しています。
この法案では、これらゲーム(賭博)行為はサンロケのラ・フィエスタ・ショッピング・モールでだけで行うことができるものとしています。この期間は15年、あるいは土地リース契約失効までです。
しかし、最大40台のスロットマシーンが、200室以上のいかなるホテルあるいはリゾートでの運営許可を可能とします。
この法案は、提案された賭博行為は「政府の新たな主力財源として成長可能」として、その初期収益は年間$40ミリオンが見込まれると表明しています。
「額はともかくとして、縫製産業の閉鎖により損失した収入補填になることは明らかであり、継続する政府の資金危機を確保する」と法案は表しています。

○ アンジェロ・ビラゴメズ氏、MINAの最高役員
Angelo Villagomez is the Executive Director of MINA


○ IRS、Rev&Tax保有者ペイロール・セミナー
The U.S. Internal Revenue ServiceとCNMI Division of Revenue and Taxationは、すべての一般従業員とペイロール・オフィサーを、2008年1月29日午前9時、ススペのマルチパーパス・センターで行われるペイロール・セミナーに招待しています。このセミナーは、約6時間にわたって一般従業員とペイロール・オフィサーに開放されます。
このセミナーでは、以下の事項における討議も含まれています。

1. 雇用主/事業者契約の問題

2. 941デポジットと義務事項の提出(申請)

3. 従業員経費償還における管理責任プラン規則

4. 車両使用と衣類を含む手当ての周縁

5. 1099 提出必要条件

6. フォーム941とW−2の調停

7. 総合的質疑応答

このセミナーは12月に行われたDivision of Revenue and Taxationによる年次セミナーの補足で、他のペイロールにかかわる問題と源泉徴収とフォームW2−CMの提出をカバーするものです。
参加確認はDivision of Revenue and Taxation:664-1000、その他詳細はフランシス・アダ:664-1098、E・メール:frances.ada@dof.gov.mp.もしくはWesthoven of IRS207-784-6988 (robert.e.westhoven@irs.gov)までお問い合わせ下さい。

○ 下院最終会議1月9日
下院議長オスカー・M.ババウタ議員は、第15回下院議会の最終会議は1月9日水曜日と発表しました。
これで現行の下院議員は2年の任期を終了します。
ババウタ議長は、水曜日の最終議会は、1月14日月曜日に行われる第16回下院議会メンバーの就任宣誓準備のための入会を認めます。
同氏はまた、2008年度予算を水曜日までに終了させると説明しました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月04日(Fri)▲ページの先頭へ
サイパン1月4日(金)

いよいよ日本では今日から仕事始めとなるようですが、CNMIサイパンも年末年始の忙しさも収束していくように見受けられます。
今年は関空便復活で多少は観光客の増員が見込まれますが、せめてもう一便、成田から飛んで欲しいというのが島民の願いではないでしょうか。

ということで、本日もマイナー記事ばかりですが、新聞からのニュースをお伝えしていきましょう。

○ レジス氏「数」確保
上院議員の二番目の年長議員が新議長になりそうです。
議員総会は昨日開催され、上院副議長のピート・P.レジス議員は他の4名のメンバーの支援を確保しました。
上院議員メンバーは9名です。
レジス氏は、サイパン民主党のマリア・T.パンゲリナン議員とロタ共和党のポール・A.マングローニャ議員、パターノ・S.ホコッグ議員、同じくコビナント党のフェリックス・T.メンディオラ議員によって後援されています。
レジス議員は昨日の電話インタビューで、「私は数を得たと思う。また、今日のミーティングは他のメンバーの支援の再是認である」と述べました。
現在のフロア・リーダーのメンディオラ議員は次期副議長、同時に前上院議長で最年長国会議員マングローニャ氏は新フロア・リーダーとなります。以前の国会議会でも同ポジションに就きました。
パンゲリナン議員は依然として国会書記となります。
1998年以来サイパンからの初めての上院議長となるレジス議員は、上院の「マイノリティ・ブロック」は求めたくはないと述べました。
同氏は、全ての委員会は全てのメンバーに行き渡らせるとしています。
「特にこの不明瞭な経済時期において、私は今議会(国会)にチームとして声を合わせ、ひとつの指標で議会運営を望んでいる」とレジス氏は述べました。
現在の上院議長、テニアン・コビナント党のジョセフ・M.メンディオラ議員は昨日、コメントは差し控えました。

○ スポンサー・シップを企んだ雇用主と従業員に労働局は制裁措置
ゲスト・ワーカーと彼女の雇用主は、スポンサー・シップの企みが労働局によって判明し、制裁措置が与えられました。
2004年12月に1年間の就業契約の認可を得たLu Jianpingは、2005年10月25日に彼女の仕事を提供しなかったとしてJavili General Partnershipを提訴しました。
しかし、Yu Feng Cepeda によって代行されたYJC Auto Shopを営むJaviliは、Luに仕事はあったが彼女は仕事の報告をしなかったと訴えました。
LuはJaviliに、彼女の就業申請手続きに$1,200を支払ったと述べました。
2007年8月30日、Luの雇用主になるはずであったJaviliは、彼女の欠勤を報告し、彼女の契約打ち切りを求めました。
聴聞官Herbert D. Soll氏は行政命令の中で、彼らの訴えを提出する前に彼らが行ったことは、両者に起こりそうもないことであると記しました。
同聴取官によるとJaviliは、従業員になるはずであった彼女の雇用責任を全うしないことを訴えるため7ヶ月待ちました。同時にLuは仕事を与えられていない訴えを9ヶ月待ちました。
Soll氏によれば、労働局は「当事者の間の関係は雇用契約の範囲外であったが、計画された不労「スポンサー・シップ」であると判断しました。
同聴取官は、Luは島での実際の就業を目的とせず、外国人労働者のパーミットを取得する約束で入国したとしています。
加えて、Javili とYu Feng Cepedaは、この申請で表された彼女の仕事を与える意図は無くLuの雇用を申請しました。
労働局によると、Luは損害賠償を与えられることはなく、Javili General Partnershipの経費で彼女の出国航空券を受け取り、10日以内にコモンウェルスを出国させられます。この命令はまた、Javiliは新規外国人労働者の雇用を1年間認められないとしています。

○ プエルト・リコで男性の死体発見
プエルト・リコに駐車してあった自動車の中で38歳男性の遺体が見つかりました。
DPSスポークスマンLei Ogumoro氏によると、Gu Han Sohn 氏の遺体が12月30日にトヨタ社製ベージュ色カムリの中で見つかったとしています。
DPSによると、警察がプエルト・リコに駆けつけたところ、元フラミンゴ・ビルのリサイクリング・タイヤ・ショップの北側で放置された自動車を見つけたとのことです。
この遺体は自動車から引き出されCHCに搬送されました。
FBI (Federal Bureau of Investigation)、DEA (Drug Enforcement Agency)、CIB(Criminal Investigation Bureau)の各機関がこの事件の捜査を始めました。
DPSでは当初、殺人事件として分類されましたが、医療検死医Aurelio Espinolaによる解剖結果から「死因は窒息死で、自殺の可能性が高い」としています。

○ パラシウス氏、カバー・オーバー資金での法的見解を求める
下院議会マイノリティ・リーダーと今期議長となるアーノルド・パラシウス氏は昨日、退陣するリーダーシップに、この問題に関する「勘違い」を指して、カバー・オーバー資金の特殊使用を明確にすることを求めました。
昨日の審議でパラシウス氏は、サイパン・コビナント党のオスカー・M.ババウタ議長に
下院議会弁護士の意見を尋ねるよう求めました。
サイパン共和党のパラシウス氏は先立って、2000年度から停滞している納税者への還付金支払いに、そのほとんどが当てられた政府の$26.4ミリオンの配布について質問しました。
同氏によると、この資金は収入として取り扱われ、特殊充当には議会に報告がなされるべきであるとしています。
しかし、財務局長Eloy Inos氏は、税還付金支払いが義務付けられた憲法上の命令であると指摘しました。
「私の主張は、その収入が立法上割り当てが義務付けられているかどうかを明確のするためである」とパラシウス氏は述べました。
彼によると、法的見解がこの資金の特殊適用を明確にするであろうとしています。
同氏は法的見解を尊重することを約束しました。
イノス氏は$26.4ミリオンの25%、$5.5ミリオンが総合資金として移行することができるとしています。
パラシウス氏によると、仮に政府が総合資金への移行を決定すれば、PSS(Public School System)、CHC(Commonwealth Health Center)、CUCの燃料費用に分けられるとしています。

○ 前上院議員Cing氏、テニアン・ヘルス・センターの外で倒れる
前上院議員のDavid M. Cing氏は昨日朝、テニアン・ヘルス・センターの前で卒倒し、CHCに航空搬送されました。
同氏の家族、Angie C. FitialさんとRay Cingさんによれば、Cing氏は高熱を出したので、テニアン・ヘルスセンター人事課にサイパンへの輸送を奨めるようCHC医師に促したとしています。
彼らは午後3時55分頃テニアンを出発し、CUCには午後4時20分頃到着しました。

○ 下院、予算案通貨延期、閉鎖討議で時間消耗
下院議会は昨日、政府と議会メンバーによって提起された非常に多くの問題を追って、2008年度予算案の通過を延期しました。
予算案は昨日通過するはずでした。
知事の予算運営特別補佐のトニー・ムーニャ氏と財務局のエロイ・イノス氏は予算審議に立ち会うため議会傍聴席に着いていました。
サイパン・コビナント党のオスカー・M.ババウタ議長は、議事の3つを採択し、昼食のための休会を宣言しました。
1時30分頃に討議が再開されたとき、議長は別の休会宣言をし、継続審議は本日に繰り越されました。
昨日の午後5時30分、ババウタ氏は未だメンバーは「詳細を審議している」と述べました。
下院マイノリティ・リーダーのサイパン共和党アーノルド・パラシウス氏は、予算案のすべての詳細を注意深く検討する必要があると述べました。

○ タオタオ・タノ、カバー・オーバー調査におけるパラシウス氏の誠意を疑う
タオタオ・タノCNMI協会のグレッグ・クルズ会長は、カバー・オーバーの中の政府の支出金$26.4ミリオンへの追求で、アーノルド・I.パラシウス下院議員の誠意を疑っています。
サイパン共和党のパラシウス議員は、クルズ氏の最新の書簡を見ていないとして、コメントできないとしています。
クルズ氏は当初、議会の割り当て無く税還付のための資金を開放するフィッテイェル知事の権限を問い質す、パラシウス氏の決定に支援するとしていました。
昨日の議会審議の中で、パラシウス氏は納税者への還付金支払いのための政府の決定を尊重するとのべましたが、加えて「カバー・オーバー金の割り当てに対する議会の役割は何か」を知りたいとしました。
クルズ氏は彼の書簡の中で、パラシウス氏は「強固な解答を示す」べきであると述べています。
同氏は、パラシウス氏が今行っていることは「政府の指導者会議の中に持ち込まれれば、別の意味のない問題となるであろう」と述べました。
フィッテイェル知事がパブリック法15-94を覆して電気料金の非常事態宣言を行ったとき、パラシウス氏はまた、知事の権限について問い質しましたが、後に「この問題を残したまま、この問題点は何も変わることが無かった」と記しています。
クルズ氏によると、パラシウス氏は未だP.L. 15-94が未だ法律であると考えているのか知りたいとしています。
「下院議員は追及しておらず、この法律15-94は議席を取り戻すための選挙活動であったことは明瞭である」とクルズ氏はパラシウスに尋ねました。
更にクルズ氏は、議会は誠意と高潔を持って新しい年を始めるべきとしています。

○ 木枝が原因で停電
堅い木の枝の落下で、水曜日夜から昨日朝まで3時間にわたって停電しました。
CUCスポークスマンのパメラ・マティス氏は昨日の電話インタビューで、昨夜午後10時15分、MGM縫製工場前の木の枝がチャラン・ピアオの高圧線の上に落ちたとしています。この事故で、チャラン・キザ地区の3箇所の送電盤が停止されました。
CUCの作業員は修理に向かい、午前1時15分送電は再開されました。
今年初めての大きな停電となりました。

○ 2007年度自動車の販売台数急降下
Commonwealth Auto Dealers Associationからの最新集計は、年間自動車販売台数が2006年度の999台から前年は632台と36.74%の減少を示しています。
2007年度のCADA集計では、1997年から悪化し始めた北マリアナでの販売数は最低値となっています。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月03日(Thu)▲ページの先頭へ
サイパン1月3日(木)


新年3日目、今日はマリアナス・バラエティ紙も発行されましたが、トリビューン紙ともに両氏ともマイナー記事ばかりです。

○ CUC職員、警察から指名手配
12月2日の暴行事件被害者によって明らかにされた容疑者であるCUCの職員が、警察の取調べのため指名手配されています。
DPSスポークスマンのレイ・オグムロ氏によると、クライム・ストッパーではAl Norita Mahora容疑者に関する情報を求めていると述べています。連絡先234-7272です。
Mahora容疑者の逮捕につながる情報提供者には報奨金$1,000が与えられます。
事件は12月2日の午後9時48頃、ハファダイ・アベニューに沿ったダンダンの農家で凶器による暴行恐喝の訴えによりパトロール中の警察官が現場に到着したところ、男性2名、女性1名の被害者と加害者3名がCUCのトラックから降りるのが見えたとしています。トラックは107と記されライセンス・プレートは「Gov’t 20 38」でした。
DPSによると、被害者は彼らを襲った容疑者の中の一人がMahora容疑者であったことを確認しました。
この事件で使われた凶器は6インチのブロックでした。
DPSによれば、このCUCトラックは事件が起こった前後に、同容疑者が使用していたことが認められたとしています。
12月3日、Mahora容疑者は彼の業務シフト終了後、直ちに年次休暇を申請し、休暇に入りました。

○ 議長、「予算法案は本日下院を通過」と発言
オスカー・ババウタ議長によると、下院議会は10月1日から始まった$168.7 ミリオンの2008年度予算案を本日通過させるとしています。
提案された予算の支出レベルは、2007年度より$3.1ミリオン少ない$160.1ミリオンで設定されました。
ババウタ氏は上院もまたこの予算案を「肯定」するものとしています。
上院での予算審議は明日行われます。

○ 男性、大晦日に指を損失
サイパンの大晦日の祝典で行われた花火で、4名の事故被害に遭い、そのうちの男性1名が右手の指を数本失いました。
パブリック・ヘルスによると、火曜日早朝に病院に運ばれてきた27歳の患者は指を切断したとしています。
18歳の少年は顔面で花火が炸裂し、上下唇に怪我を負いました。同時に30歳の男性が中指に傷を負いました。
6歳の少年は顔面の半分に2度の火傷を負い、友人の8歳の少年は左手に1度から2度の火傷を負いました。
これら事故を防ぐため、花火を規制する法律制定を求める下院法案15-205が提起されています。

○ 財務:カバー・オーバーの$5.5ミリオンが総合予算に入る
財務局長Eloy Inos氏は、政府はカバー・オーバー資金$26.4 ミリオンの25%、$5.5ミリオンを総合予算に移すであろうと言っています。
納税者への還付金支払うための支出予算は、その割り当てを議会に提出すべきであり、収入として議会で検討されるものとするアーノルド・パラシウス下院議員によって質問を受けています。
しかし、イノス氏はリベート・トラスト・ファンドの業務遂行について多少の「勘違い」があるとしています。
「special rebate trust fundのいかなる資金移動も、還付金支払いも、議会によって割り当てられるものではなく、それは決して総合資金の一部ではない」とイノス氏は述べ、法律が財務局長に、rebate trust fundの中のあらゆる資金不足には総合資金からの支払いを行う権限を与えているとしています。
「(このカバー・オーバー資金は)収入見込みの一部ではない」と彼は述べ、政府はこの法律に従っていたとしています。
同氏によると、rebate trust fundは「最長期間だまされていた」ものであるとしています。
法律によれば、全ての収入税の75%がrebate trust fundに行くはずであると彼は述べています。
フィッテイェル知事は早期に、2000年度を含むタックス・リベートで$34ミリオンを政府は負っていると公表しました。
イノス氏は、カバー・オーバー資金から$5ミリオンを取り去ることに関する報告を議会に提出すると述べました。
政府はクリスマス前に推定3万人の納税者に資金配布しました。
カバー・オーバー資金はCNMI居住者から連邦政府によって徴税されたもので、コモンウェルスに郵送されるはずのものでした。
昨年、CNMIはカバー・オーバー税の$6ミリオンを受領しましたが、イノス氏は最近受領した$26.4ミリオンは、コモンウェルスの再配給訴訟の第一回和解合意でした。
同氏によると、政府はこれらをタックス・リベートの支払いに当てる計画をしています。
「我々は、リベートにための特別会計(special trust account)の資金があることを明確にすることを望みます」と同氏は述べました。

○ 労働局によると、聴取官(hearing officer)は一人だけ
労働局は一人の聴取官だけで、多数の訴訟の日程変更を行っています。
職務可能な聴取官は、昨日1件の訴訟に臨んだジェリー・コーディ氏だけです。
毎日、平均4件の新たな労働訴訟の日程が組まれており、労働局管理部によると、昨年の訴訟も日程変更の必要があるとしています。
また、同局では、数件の調停和解は5月になるとしています。
実施される新労働法P.L. 15-108の規則では、解約された外国人労働者が新雇用主を探すことは、管理行政部による行政命令の発効を通じてしかできません。
労働局では、今週から始めるLabor’s processingエリアは、依頼者支援窓口を午前8時から午後12時まで開放します。

○ 労働局、ゲスト・ワーカーの労働許可申請の却下を容認
労働局は、求人広告と5つの書類提出義務を怠った雇用主の外国人労働者の労働許可申請を却下する決定を容認しました。
しかし、同時に聴取官Herbert D. Sollは、Siriphorn Tuan-iam氏に雇用申請のための45日間があると述べました。
行政命令は、Siriphorn Tuan-iam氏は45日以内に新たな雇用主を見つけることを認めています。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月02日(Wed)▲ページの先頭へ
サイパン1月2日(水)

本日もマリアナ・バラエティ紙は休刊でした。
ということで、今日もトリビューン紙からの記事のご紹介ですが、内容は過去のニュースと重複するものが多いので、項目だけをお伝えしておきます。
新労働法に関する情報は、新聞以外からも入手でき次第お伝えしたいと思います。

○ 連邦化には未だ多数が反対
フィッティエル政権は、ワシントン(連邦議会)はイミグレーション連邦化に反対した現地大多数の意見に重きを置くべきであると言っています。
「我々は、ほとんどの外国人労働者が、その命令による彼らのイミグレーション・ステイタスの改善によって、既定の権益を得ることで彼らの自国に戻るよりも、無期限にCNMIに残留すること、あるいは米国の他の地域への旅行や就職が認められるために連邦化を支援していることを知っています。」とフィッテイェル氏は昨日の声明で述べました。
また知事は、同時にCNMIの外国人労働力の政治的、経済的願望を尊重し理解しているとして、ビジネス・コミュニテイが国益の中で十分かつ公平な考慮が与えられるべきであることと、現地全住民の要望を強調しました。
連邦化は、事前の証言で反意を示した政府、議会、北マリアナ・ホテル協会、サイパン商業会議所などによって反対されていることを記しました。
「米上院議会が、自治体の一部に属するCNMIの自治政府を連邦議会が引き剥がすことを期待されているこのとき、我々現地住民の大多数、民間企業のほとんど、そして現地政府は連邦化に強固な反対を維持している」とフィッテイェル知事は述べました。
政府はまた、米内務省副次官補デヴィッド・コーエン氏による声明「CNMIの真剣な一般意見の中心は、我々が事前に与えた連邦化政策の投影である」にも質問を投げかけました。
フィッテイェル氏はコーエン氏が嘘をついていると述べました。
「この問題の事実は、連邦化が行われたときのものであり、デヴィッド・コーエンは、CNMIの現地住民、ビジネス・コミュニティ、選出議員が懸念していることには程遠く、その真実を伝えてはいない」と同氏は述べています。
同氏はその点を指し、2007年8月15日にサイパンで行われた連邦議会委員会による公聴会で証言した、元コビナント(盟約)交渉人ヴィセンテ・サントス、HANMI会長リン・ナイト、元CNMI判事フォセ・S.デラクルズ、元サイパン商業会議所会長ジャン・T.ゲレロなどの反対意見を照会しました。
米上院議会は、すでに米下院議会を通過したCNMIイミグレーションの条文が含まれるオムニバス法案を今月早期に通過させようとしています。
NMIイミグレーション、国家保安、労働条例はイミグレーション法に拡大され、コモンウェルスのゲスト・ワーカー・プログラムは連邦管理で創作されます。
また、同法案には、連邦下院議会で議決権のないCNMI代表団(議席)が与えられることが設けられています。現在、CNMIは連邦議会に代表席はありません。

○ 自動車電柱に激突、花火で3人が怪我
元旦のフィナシス、Tun Joaquin Doi Roadで男性の運転する車が電柱に激突しましたが、幸いにも怪我はありませんでした。
この自動車事故はKorean Evangelical Holiness Churchの前で起こりました。
事故車はヒュンダイ社製の白色セダン、ライセンス番号はACF-318 です。
また、少なくとも3人が花火による怪我で病院に運び込まれました。
この3人は爆竹による火傷で病院に運ばれ手当てを受けました。

○ 電気燃料価格依然として最高値
CNMI住民及び事業者は、依然として最高値の1キロワット時間25.8セントの適用を受けなければなりません。
CUCは、11月9日に発令されたフィッテイェル知事によって非常規則が採用され、2007年10月から1KWH25.8セントが実施されています。
CUCでは燃料費の高騰をその理由としています。
1月現在の電気料金は、一般消費者が初期1,000 kWhまで25.8セントで、それを越えると30.2セント、更に世帯主に月額固定費$3.50が掛かります。
商業用は非電気燃料費固定費用8.6セントと25.8セントの合計34.4セントすべてが請求されます。更に商用は月額固定費$7.67が課されます。
政府機関は非電気燃料費固定費用9.1セントと25.8セントの合計34.9セントが請求されます。政府機関はまた消費者請求$7.67月額が加算されます。

○ カバー・オーバー資金(予算)の使用、法的訂正
フィッテイェル政府は税還付金の支払いのためカバー・オーバー資金を使用する立場をとっています。
広報官チャールズ・レジス氏によると、政府はこの行為は合法的、経済的、道徳的に正されたことであると確信しているとしています。
彼の声明は、マイノリティ・リーダーのアーノルド・パラシウス議員の政府資金からの支出金$26.4ミリオンへの質問に答えたものです。パラシウス氏は、その資金は適用にあたり議会に提出されるべきものであると提言しました。

○ パラシウス氏の疑問にグループ後押し
タオタオ・タノ・グループは、タックス・リベートに用いられている「カバー・オーバー」資金$26.4の適用についての知事の法的権限への、下院議長アーノルド・パラシウス議員の疑問を後押ししています。
同グループのグレッグ・クルズ会長は、長期間停滞している税還付金返金においてはフィッテイェル知事の主張もまた高尚なものであるとして、「この疑問は、ビジネス企業の返金、還付が含まれているのか?」と述べました。
先週発効された声明の中でクルズ氏は、パラシウス氏はこの問題を正そうとしており、グループは議会の全てのメンバーがこの調査に参加し、この莫大な額の配給あるいは適用される前に、議会で法的適用を行うよう支援するとしています。
更に同氏は「このカバー・オーバー資金が議会によって裏口で取り扱われたことの疑惑を至急捜査するべき」としています。
クルズ氏はビラゴメズ副知事に、この問題を調べ、「法に合致しているかどうか」捜査を開始するよう促しています。
クルズ氏によれば、タオタオ・タノ・グループは「納税者が政府の利益を犯したスケープゴートにされており、先週からそのチェック(小切手)を待ち続けている人々をそのままにしている」ことを懸念しているとしています。
更に同氏と彼のグループは、「特に燃料購入における現在の財政状況において」この資金が議会の承認無くCUCの救済に使われないことを望んでいます。

○ 陪審員に外国人を含む要求、却下
高等裁判所Ramona Villagomez Manglona判事は、サイパンにおける陪審員制度に合法的在住外国人を含めることを認める要求を却下しました。
マングローニャ判事は、CNMI政府の利益を守るための陪審員は米国籍者であるということが重要事項であるとしました。
これはMarPac Inc社から約$120,000を盗んだとして起訴されているEdgardo Macabalo被告が、陪審員裁判に在住外国人を加えることを求めた動議で、マングローニャ判事はこの要求を却下しました。


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:
2008年01月01日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン1月1日(火)


明けましておめでとうございます。
激動のサイパン、新しい年2008年のスタートです。
2008年元旦 本日はサイパン・トリビューン紙スペシャル・エディションの記事を簡単にご紹介しましょう。
今日のトリビューン紙は、2007年度注目された人物について書いています。

まずは一面トップに写真入で紹介されている、サイパンで昨年最も注目を集めた人です。CNMIの歴史にも残る活躍をした女性といえばやはりこの人でしょう。

○ PERSON OF THE YEAR
Christina-Marie E. Sablan クリスティーナ・マリー・サブラン
昨年はCNMIの社会問題を取り上げたフォーラムを開催し、一般市民に政治への関心を高めることに貢献し、11月の中間選挙では自ら下院議会に出馬、見事当選し、2008年度の新議会からその活躍が期待されています。
わずか1年の間にこれだけ住民の支持を得たということも驚きですが、この若さで初当選というのも驚きです。
中でも特記すべきことは、彼女の行った選挙運動ではないかと思います。
彼女は、いわゆる選挙演説やパーティーなどほとんど行わず、選挙費用もほとんど使わず、その「マニフェスト」を住民に訴えていきました。
これこそ政治の原点である、民意に立つ政治を目指した本来の姿ではないでしょうか。言い換えれば、CNMIの政治がすでに行き詰まりを見せているということと、ようやく有権者自身が政府に関わりを持つ自らの意思を表し、その代表者を選んだということではないでしょうか。
ということで、今年、住民の代表者としてのティナ・サブラン下院議員の活躍に期待したいと思います。

○ NEWSMAKERS of 2007
David B. Cohen and James Benedetto
デヴィッド・B.コーエンとジェームス・ベネデット
米内務省次官補島問題担当官デヴィッド・コーエン氏は昨年の12月で退任しましたが、CNMIの連邦化問題における彼の発言は住民全員の注目を集めました。
すでに米議会を通過した「CNMIイミグレーション・システムの連邦化」ですが、これで彼の任務はまっとうされたということになるのでしょうか。
連邦労働局オンブズマンのベネデッド氏はCNMIの労働環境について、かなり手厳しい発言を繰り返してきました。そういった面から言えば、やはりコーエン氏とならんで、彼の一挙手一投足にCNMI政府、島民、在住外国人が注目しました。
ベネデッド氏は引き続き、連邦労働局を代表してCNMIの特殊な労働環境、特に外国人労働者と雇用主との問題に介入しています。

○ NEWSMAKERS OF 2007
Gregorio Cruz グレゴリオ・クルズ
この人も昨年のニュースメーカーとしては、トップにランキングされる人物でしょう。
クルズ氏は、CUCの電気料金値上げに島民の代表として声を上げ、土着の民族グループである地元有志によるタオタオ・タノ・グループを組織しました。
純粋な地元島民の声として、政府に対する不満をダイレクトにぶつけていくその行動力が注目されました。ティナ・サブランのパブリック・フォーラムと並んで、住民の意見を率直な言葉で述べるこのグループにも、今後の活動に期待したいと思います。

○ NEWSMAKERS OF 2007
Jerry Custodio, Boni Sagana, Wendy Doromal
ジェリー・カストディオ、ボニ・サガナ、ウェンディ・ドロマル
人権擁護家ドロマル氏、人道主義運動家カストディオ氏、DEKADA(デカダ)活動家サガナ氏の3人は外国人労働者のグループを代表し、外国人契約労働者の環境とステイタスの改善を求めて運動を行っています。CNMIの人口のほぼ半分を占める外国人労働者の地位向上を求める彼らの発言は、CNMI政府や地元民グループのタオタオ・タノ・グループからの反発もありましたが、新労働法15-108への抗議デモ行進ではティナ・サブランをリーダーに立て、平和的な抗議活動を組織し注目を集めました。

○ SMALL BUSINESS PERSON OF THE YEAR
Lisa P. Sablan リサ・P.サブラン
スモールビジネス・シーンで昨年最も注目を集めたのはサブラン・トップライン社のリサ・サブラン社長でした。
毎年行われているサイパン商業会議所、グアム商工会議所が選ぶ最高事業者の栄誉が彼女に与えられました。同時にファースト・ハワイアン・バンク、バンク・オブ・グアムの年間ベスト事業者「Maga'haga Award」が授与されました。
清掃業を営む彼女の会社サブラン・トップラインはパブリック・ヘルス、ホテル・ハイアット、ラ・フィエスタ・リゾートなどの大手企業との契約を持ち、経済不況が続くCNMIで現地企業として業績を上げています。

このほか、昨年の重大ニュースとして、
○ アシアナ・グループによるラウラウ・ベイ・リゾートの買収
○ 労働局で起きた焼身自殺事件
○ 兵役で殉職したCNMI島民5名
○ 連邦最低賃金法の適用
○ CNMIイミグレーションの連邦化
○ カジノ法案住民投票でロタ島は賛成、サイパンは反対
などが取り上げられました。

2008年のCNMIはどのような展開を見せるのか、今年1年が皆様にとってすばらしい年になりますようお祈り申し上げます。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at: