サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/02/08

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年2月
         
8
 

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:43
昨日:180
累計:665,155


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年02月08日(Fri)▲ページの先頭へ
サイパン2月8日(金)

○ 上下院の口論過熱
下院リーダーシップは昨日、「縁者びいきの悪魔」に対する警告を発し、立法府機関部局理事職への上院の選択に反対を繰り返しました。
アーノルド・I.パラシウス下院議長(共和党サイパン)は同時期、下院の姿勢を「駆け引き上手」との烙印を押しているマリア・T.パンゲリナン上院議員を批判しました。
上院は、LB副理事Glenna Palacios-Reyes氏に新理事になることを望んでおり、同時に、下院立候補者は前ババウタ政府役員エド・テノリオ氏です。
パラシウス下院議員は、パンゲリナン上院議員への書簡での中で、このポストをPalacios-Reyes氏で考慮することを下院は「非常に気乗りしない」と述べました。
上院の任命した交渉者パンゲリナン上院議員は早期、口論は「政治的駆け引き上手」についてであり、「縁者びいき」ではないと述べました。
パラシウス−レジス氏はピート・P.レジス上院議長(共和党サイパン)の夫人です。
パラシウス下院議員はパンゲリナン上院議員に、「それは依然として下院の総合的な見解が残されたままであり、この問題における継続した話し合いは、上院が強く主張する限りは無駄となる」と伝えました。
パラシウス議員によれば、彼らの反対は「原則の問題、常識、そして我々二院制立法府手続き制度の過程であり、駆け引き上手として烙印することは間違いである」としています。
更に彼は、「それは悪魔の縁者ひいきを避けることについてである。すべては、政府とその選ばれた代表者の公共の信頼と信任を促進することについてである」と述べました。
下院リーダーのパラシウス議員は、「縁者びいきをもたらす問題の可能性を無視」できないと述べ、「上院リーダーにとってこの明瞭さを理解することは困難かもしれず、彼女の夫、上院議長が役員職に指名することが職務上の同意義でなければ、我々はこのレジス夫人の指名を実質上同じものとみなす。我々はこの指名が、尊敬と共鳴による二つの議会間の関係を際立たせることを不可能にさせると思う」と付け加えました。
パラシウス議員によると、彼は「貴方と上院指導者の残りと共にEd Tenorio氏の指名決定について説明した方が良い」としています。

○ 労働局、現在19の費用徴収
労働局は月曜日から新たに二つの費用が始められ、これで公共からの徴収費は合計で19種となります。
労働局管理部による公示費用告知によれば、すべての費用は払い戻し無効、転用無効となっています。
昨日の通知についてサイパン・トリビューン紙はその情報の詳細を問い合わせましたが、労働局管理部ローズ・アダ・ホッコッグ部長はオフィス不在でした。
労働局ディレクターのバリー・ヒーシュベイン氏は、しかしながら、この料金は新労働規則とルールであると表明しました。同氏は締め切りに追われていると述べ、その詳述を避けました。
「私は5時までに大きなプロジェクトを完了するため厳しい締め切り時間に追われている。申し訳ないがこれで失礼する」と同氏は説明しました。
労働局職員によると、19の費用の新たなものは、以前無料であったものですが、正式証明書として$100の新経費が徴収されます。
もうひとつの新料金は、一時労働許可手続き費用で6ヶ月$150としています。
TWAの手続きはだけで$75徴収されており、それは3ヶ月のみでした。
その他費用は以下のとおりです。
- application for an approved employment contract, $250;
雇用契約承認のための申請:$250。
- application for part-time casual employment, $40;
パートタイム雇用認可申請:$40
- request for contract amendment or change, $25;
契約書に訂正及び変更要請:$25
- request for exemption (moratorium), $500;
(一時停止・モラトリウム)免除要請:$500
- request for contract renewal, $250;
契約更新要請:$250
- request for approval of subcontracting-per person, $25;
下請け契約の承認要請−1名に付き$25
- processing a transfer after administrative order, $250; and
行政命令後のトランスファー(転職)手続き:$250
- replacement or duplicate entry permit, $50.
入国許可証の写し及び交替(返却):$50
Other fees include:
他の費用に含まれるもの
- Penalty fee or untimely renewal-per day up to 30 days, $5;
罰則費用及び更新遅延−30日まで1日に付き$5
- Appeal of failure to timely renew entry permit, $100;
入国許可適時更新不履行の懇請:$100
- Renewal of TWA, $50;
TWAの更新:$50
- Filing of labor complaint-per person, $20;
労働訴訟提訴−一人に付き$20
- Filing an appeal to the Secretary-per person, $25;
局長への懇請出願−1名に付き$25
- Copying costs for documents, $.50;
書類コピー費用:$50
- Transcript of labor hearing (tape only), $10;
レイバー・ヒーリング(労働聴取)写し(テープのみ):$10
- Expedited processing-in addition to application fee, $150; and
迅速手続き−追加申請料:$150
Miscellaneous certifications, $25.
その他証明書:$25


○ フィッテイェル知事、DCでの証言準備・対・連邦化、賃金アップ
フィッテイェル知事は、もし、米下院議会が彼にCNMIに関わる議会に関して証言を望むのであれば、「ワシントンに向かう準備」は整っています。
広報官チャールズ・レジス氏によると、米上院議会エネルギー・自然資源委員会が連邦化法案の報告を行った後、知事は至急の書簡を連邦上院に送り、議会の法案通過に彼の異議を繰り返し述べたとしています。
「知事はいつでも、我々の側の話を伝え、我々の立場を提出するためにワシントンに行くことに意欲的であることを説明している」とレジス氏はバラエティ紙のインタビューに答えました。「彼は我々の状況を説明することを望んでおり、米議会のメンバーに我々の経済状態の現状について教育します。彼は準備万端、連邦議会メンバーが望むのであれば、いつでも証言に向かうことが出来、労は惜しみません」とレジス氏。
政府は未だ米議会からの招聘は受けていませんが、レジス氏によると、フィッテイェル知事は証言への「備えは万全」であるとのことです。
彼はによると、政府内閣はCNMIの議会代表団席の創出は支援するが、連邦化法案に含まれるべきものではないとしています。
「我々の運命が決定される前にテーブルの席−代表団議席が先に来るべき」と彼は述べ、「事実は決して合理的に進んでいない。我々にとって、むしろ席に着くことが先で、その後、この手続きの中で我々が与えられた立場で連邦化法案を計画していくことを望む」としています。
レジス氏によると、フィッテイェル知事もまた、アメリカン・サモアの下院議員Eni Faleomavaega 氏によって提出されたH.R. 5154に、賛成する証言を進んでするとのことです。
Faleomavaega 氏は連邦労働局に、CNMIとアメリカン・サモアで最低賃金が更に上がる中で、彼らの経済に逆影響を与える決定を望んでいます。
「我々は引き続き我々経済利益のために米議会に訴えていく」とレジス氏は述べ、「我々はCNMIに関するあらゆる聴聞で、証言の機会を期待しています」としています。

○ フィッティエル知事、全ての政府職員の賃金カット
政府広報官チャールズ・レジス氏によると、フィッテイェル知事は議会に、政府人事の給料を削減する法案の通過を求めていくとのことです。
「もし、CUCが公平について熟考されるのであれば、我々は同様に賃金削減を中央政府に適用するべき」と彼は述べました。
政府機関全ての給料を下げる「法制定を我々は議会に望む」とレジス氏は更に述べました。
彼によると、議会は知事の有給休暇無補償立法を通していません。
「議会の助けが必要」とレジス氏は述べ、「知事のデスクに持ち込まれ、署名と共に法制定されるのは議会次第である」としています。
政府内閣はCUCの緊急事態宣言の下、その従業員の労働時間と給料の削減を課そうとしています。
最近、CUCスタッフ・メンバーは「CUCの職員だけが20%の賃金削減を受けることからの政府救済と議会修正行動を呼びかける」署名嘆願を開始しています。
これら従業員はこの嘆願書を、十分な署名が集まれば議会と知事に送るつもりです。

○ レジス氏、CUCスタッフの謝罪
政府広報官チャールズ・レジス氏は月曜日、CUCの検針員に関する彼のコメントについて謝罪しました。
彼のコメントは低所得のCUC職員に直接向けたものではなかったと、彼は指摘しました。
「私の所見で感情を害したかもしれない職員の方々に謝ります」と彼は述べました。
本日、2月8日より開始する行政がCUCに課す20%の賃金カット政策に関する彼の懸念は「大声で泣き叫んでいるように見える、高額が支払われているCUC職員」に関連したものであるとのことです。
レジス氏によると、これら高級取りの人々が最も抗議をしているように見えると同時に、定額所得の職員はCUCが直面している状況を理解している人々であるとしています。
「定額所得職員が我々の経済状態をより理解しているように思える」と彼は付け加えました。
レジス氏によると、CUC危機は燃料原価の高騰、電気料金削減法制定、縫製産業崩壊によるものでとしています。
これら経済状況は行政の管理を超えたと彼は更に述べました。

○ CDA、財務がパシフィック・ガーディニアの合意に達する
Commonwealth Development Authorityと財務局は廃業したパシッフィック・ガーディニアンに関する税務合意に達しました。
CDAエグゼクティブ・ディレクター代理オスカー・カマチョ氏は昨日、合意の「最終項目」が整ったと述べました。
CDAは、前オーナーが不動産税で政府に未だ$1.4ミリオンの債務を持つ所有地の売買を望んでいます。
「我々は可能性ある投資家に税債務を煩わせるないということで合意に至りました」とカマチョ氏は述べ、投資家側の懸念とすべきではないとしています。
CDAは昨年の抵当権オークションで定額入札を得ました。
カマチョ氏は昨日、CDAはこの所有地の最低入札額$2ミリオンが提案、要請されていることを発表すると述べました。
今回、彼は投資家の$1.4ミリオンの税債務は無くなると述べています。
「我々はパシフィック・ガーディニアンの最低要求入札額$2ミリオンで発表します。これはすべての投資家に公開されます」と彼は述べました。

○ 土地所有権創出法案パネル、「シルバー・クラブ」入国許可、下院議会で再提出
CNMへの新たな外国資本投資をもたらすかもしれない2法案が下院議会に再提出されます。
ひとつは、議会の一部分として土地所有権委員会を設立し、同時に年齢で括る「シルバー・クラブ」の中で、日本人投資家への非移民入国許可カテゴリーを創出するための目的を持つものです。
水曜日のインタビューでアーノルド・I.パラシウス議長は、土地法案は前立法議会で手出されたと述べました。
この法案は全国会で提出されましたが、審議なきまま廃案となりました。
スタンレー・トレス議員は、別のインタビューで、この法案は日本や他の外国の退職者たちに特典を提供することで経済開発を活性化すると述べています。
この法案は、日本や他のアジア諸国市場の「シルバー・クラブ」を魅了する現地イミグレーション基準の非移住入国許可を設立します。
他の「シルバー・クラブ」政策もまた、過去の議会で提出されましたが、知事室には届きませんでした。
トレス氏によると、彼の法案は資格ある外国人退職者にCNMIへの4年間の入国許可申請を認めるというものです。
この新政策は2月1日に先行提出され、次回下院議会で正式審議されます。

○ ビラゴメズ氏、法制定に向けた2法案に署名
ビラゴメズ知事代行は火曜日、彼の知事代行権限で2法案を法制定する署名を行いました。
CNMI青年議会の報酬金を廃棄する上院法案15-106はパブリック法15-128となりました。
花火管理条例を設立する下院法案15-205はパブリック法15-127となりました。

○ タオタオ・タノ、Benedetto氏の調査を望む
Taotao Tano wants Benedetto probed
タオタオ・タノCNMI協会のグレッグ・クルズ会長は、火曜日深夜から米上院議員25名に書簡を送っています。この書簡は、ローカル・イミグレーション・システムの連邦化を支援する大衆運動と、連邦職員の中の連邦労働局オンブズマンJim Benedetto氏の関係を捜査するよう促しています。
クルズ氏は昨日の電話インタビューで、彼の書簡は「正式な訴え」と述べました。
彼の書簡でクルズ氏は、Benedetto氏、元内務省副次官補局長代理David Cohen氏、米上院議会スタッフAllen Stayman氏、内務省代表Jeff Schorr氏らは、「連邦化」に抗議する署名運動、デモ行進などへの彼らの関わりが捜査されるべきとしています。
同氏は、労働訴訟に関わった労働者が参加していた、昨年12月のデモ行進へのBenedetto氏の参加に質問しています。

○ CDA、債務$301,000以上の3名を告訴
CDAは負債額$301,533.90の支払い不履行で3名の個人を提訴しています。
CDAは弁護士F. Matthew Smithを通じて、Joseph M. Mendiola上院議員、Juanita M. Mendiola氏、Carleen H. Palacios氏の3名を$157,615.31のローンと金利累計$136,942.02、違反金$6,976.57の未払いで告訴しました。