サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/03/13

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年3月
           
13
         

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:37
昨日:63
累計:652,940


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年03月13日(Thu)▲ページの先頭へ
サイパン3月13日(木)

○ 知事、非常事態対応策予算を準備
フィッテイェル知事は、立法議会が2007年10月1日に始まり、今年の9月30日で終了する2008年度予算法制定に失敗した場合、非常事態対応策を開始すると言っています。
下院議会は2008年度予算を$164.25ミリオンで通過しましたが、知事の提案額は、他の緊縮政策の中で14日の有給休日の無補償を実施する条項によって$160.1ミリオンでした。上院は下院提案予算を未だ制定していません。
バラエティ紙とのインタビューで知事は、彼の顧問と政府の予算問題について話し合うためのミーティングを行うと述べました。
CNMI憲法の下、もし新予算が制定されなければ、政府は前回の予算法によって設定された上限の下、運営が継続されます。
1998年以来、CNMI政府はわずか3つの予算法しか制定していません。

○ 結婚詐欺の男、有罪
連邦陪審員によって有罪判決を受けた結構詐欺裁判の男は、米国パスポートの申請で偽証と偽造書類を提出していました。
Mohammad Ruhul Aminの陪審員裁判は月曜日に開始され、昨日の午前中に陪審員12名による評決で有罪が確定されました。
CNMI連邦地方裁判所のAlex R. Munson判事は6月17日午前9時に判決を下しました。

○ パワー・プラント1&4の停電エンジン補修
CUC電力部は昨日、パワー・プラント4の問題とプラント1の機械補修によって、島の全域で停電が生じたと発表しました。

○ 緊急規則は未熟練の島外労働者の雇用は延期
労働局ディレクターBarry Hirshbein氏によると、 12月から実施されている緊急規則によって、雇用主は未熟練の島外労働者を雇用することはできないとしています。
インタビューで、同氏は、この緊急規則は6ヶ月執行され、施行は更に6ヶ月延長されると思うと述べました。
同氏によると、これは、すでに島に居る未熟練職で働く労働者を守る手助けになるとしています。
Hirshbein 氏は、200人未満のこれらゲスト・ワーカーは一時雇用契約になっているとしています。
また、未熟練に分類されたゲスト・ワーカーの相当数が、多数の保留中の労働訴訟の結果として、新たな雇用主への転職が認められていると彼は述べています。
Hirshbein氏によると、緊急規則は島のゲスト・ワーカーに新たな職を見つける機会を認めているとしています。
労働局は休職の登録をしているゲスト・ワーカーのリストを所有しています。
緊急規則で、労働局は過去3ヶ月間、未熟練島外労働者の入国許可申請を否定しました。
Hirshbein氏は同職種の未熟練島外労働者の申請、約20件を却下しています。

○ 科学者、地熱エネルギー生産でパガンの可能性を調査
フィッテイェル知事は、北マリアナへの地熱エネルギー生産の可能性調査のための科学者をパガンに送りました。

○ 我々はサイパンに三浦氏を留まらせるつもりである
カリフォルニア殺人事件の三浦和義容疑者のサイパン弁護団は、同容疑者をサイパンに引き止めるためのあらゆる法的措置を模索しています。
弁護士、ブルース・ウィルス氏、マーク・ハンソン氏、フィッツジェラルド氏は、昨日午後CNMI政府が三浦容疑者に宛てた知事の逮捕状を受けて声明を発しました。
三浦容疑者は、逮捕状を差し向けられた後の24時間以内とする法による命令に従い、いつでも出廷させる予定を立てています。
Berline弁護士によると、ロサンゼルスのセレブ弁護士Mark Geragos氏は、「身柄引き渡しの訴えを取り下げる請求」を提出すつつもりであるとしています。
同氏によれば、ゲラゴス氏の法的戦略は、1981年に起こった同容疑者の事件があった場所、カリフォルニアから彼に対して送られた逮捕状であるため、三浦氏の事件に直接の影響を与えるものであると述べました。
「なぜならば、我々が主要な問題として持ち上げられるところ、カリフォルニアが戦いの本戦である。今日、何が起こっているのかは、一方的に直接影響するであろうし、沢山の方法の中に我々の行動する可能性がある」とバーライン氏。
「カリフォルニアで起こっている出来事が、彼の移送問題を我々が同取り扱うか、我々の行うことに直接影響する。もし、カリフォルニアが彼らのほうで彼を起訴できなければ、三浦氏をカリフォルニアに送り帰すためにエスコートする、3名〜4名の警察役員を送るための出費はしないであろう」と同氏は述べました。

○ 日本人は娯楽のためサイパンへ
先月サイパンに来たツーリストのほとんどが、休暇を利用したツアーであったことがわかりました。
観光局の調べでは、日本人回答者14,472の98%が、来島の上位理由を「娯楽」と答えました。その60%近くの10,739人が男性でした。