サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/04/01

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年4月
    1
     

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:37
昨日:63
累計:652,940


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年04月01日(Tue)▲ページの先頭へ
サイパン4月1日(火)

○ 連邦、差別で99センツを告訴
連邦均等雇用委員会は99センツ・スーパーマーケット社を訴えています。それは、セクシャル・ハラスメントの捜査に加わる、あるいは敵対することへの不満を訴える防御行為に加わる従業員が、性を基にした敵対的な環境におかれていることを告発されているものです。
EEOCは政府機関の地区弁護士Anna Y. Park氏、法廷弁護士Derek W. Li氏、ロサンゼルス地方事務所のシニア法廷弁護士Derek W. Liらを通じて、金曜日、NMI連邦地方裁判所に雇用差別、セクシャル・ハラスメント、市民権を訴える提訴を行いました。
EEOC through Anna Y. Park, the agency’s regional attorney; Derek W. Li,
訴状によると、被告はLuzviminda Franciscoと他の個人らが、性を基本としたセクシャル・ハラスメントなどで支配し、結果として敵意を持った労働環境を招いたとされています。
99センツのマネージメントはコメントを避けています。

○ 立法議員、憲法協議会を召集
少なくとも15件の下院立法法案と6件の上院案件保留の中、Rosemond B. Santos下院議員は、財政難の政府は憲法協議会を招集すべきと言っています。
前下院顧問のSantos氏によると、CNMI憲法第18条セクション2は、コモンウェルスが有権者に10年ごとで憲法協議会招集の問いかけを提出できることが用意されているとしています。
この問いかけは2005年の選挙投票で設けられ、66.67%の投票と3分の2の承認が義務付けらました。
憲法協議会開催を望んだのは7,384票で、反対は5,156票でした。
これは、「賛成」が投票数のわずか60%を確保したということで、義務付けられた3分の2には足りませんでした。
サントス議員は憲法協議会の招集を提案しています。
「もし、憲法が包括的な変更を必要とするならば、人々は憲法協議会を通じて行うべき」とサントス氏は述べました。

○ 本日、ツーリズム・タスク・フォース集会
本日、午前10時に、編成された新たなツーリズム・タスク・フォースによって、苦闘するCNMIの観光産業の多様な問題が話し合われます。
商務局長代行のMichael Ada氏はインタビューで、MVAが提案するCNMIツアーガイドの証明書について討議されると述べました。
同氏はまた、商務局と上下院のツーリズム・コミッティの委員長、政府機関、事業者、その他観光産業の投資家を招いているとのことです。
CNMIは「経済の活力源」である観光産業の底上げに全力を上げる必要があると、アダ氏は述べています。
友好的なビジネスの雰囲気を創出することが、CNMIでの事業投資化を導く方法であるとアダ氏は付け加えました。
このツーリズム・タスク・フォースは、サイパンでの観光産業の規則と規制に応諾することを確実にし、政府が事業友好的な環境を促進させるため、1月に創出されました。
このタスク・フォースは商務局によって先導され、労働局、イミグレーション、財務局、MVA、CRM、DPSなどの異なる政府機関とツアー・オペレーター、立法議員などで構成されています。

○ トゥデラ市長、サイパンの無料廃棄金属を望む
100台近くの廃車がサイパンの異なった場所から撤去されました。また、市長室が廃棄金属リサイクリング業者と共に推進する美化運動を「強化」することで、今年の1月から他の500台が復旧を待っています。
Juan B. Tudelaサイパン市長は昨日、Balli Steel Saipan社のTony A. Camachoマネージャーと、このプログラムの査定を行っているロアベースの廃車倉庫で会いました。
この事業者はまた、政府所有の大型トラックの修理に$1,500を寄付しました。
市長室とBalli Steel社は、島の廃車を含む、無料廃棄金属撤去の合意書にすでに署名しました。
市長室とBalli Steel社のMOAは、彼らの所有地から廃棄金属を撤去することで私的個人を援助する責任を市長に与える、サイパンのローカル法6-6に応諾しました。
とは言え、彼らはこの大きな挑戦を懸念しており、Balli Steel社とTudela市長によると、彼らは自信を持って、コミュニティの多様なセクターの協力を通じ、将来「サイパン無料廃棄金属」を求めています。
「人々はこのプログラムを大きく受け入れています」と市長は述べましたが、カマチョ氏は収集運営が機材不足で数ヶ月間滞っているとしています。
彼によると廃車を運搬する大型トラックが故障しているとのことです。
彼らの運営が滞っているその他の問題は、大型トラックへ割り当てる燃料不足です。
市長によると、彼らの公共車両へのガソリンが十分ではないとのことです。
市長とカマチョ氏は民間企業の援助拡張により、この美化運動が支援されることを望んでいます。

○ ユマル議員「連邦化によって現地労働者が解雇されるかもしれない」
Ray Yumul下院議員は、もし、現地イミグレーションが連邦化されれば、労働局とイミグレーションの現地労働者が解雇されるかもしれないと言っています。
下院のHouse Ways and Means委員会のユマル委員長によると、彼の懸念は政治的なものではなく経済優先であるとしています。
「私は連邦化の政治的関連は望んでいない。私の懸念は解雇されるかもしれない従業員についてである」と同氏はインタビューに答えました。
彼によると、連邦化された労働局とイミグレーションで、就業する労働者がどのような立場になるのかは明確ではないとのことです。

○ 政府職員「緊縮政策はもう十分」
政府の労働者はフィッテイェル内閣と立法議会が、これ以上新たな緊縮政策をとらないことを望んでいます。彼らは「我々にとっては十分過ぎる」と表現しています。
Maria T. Pangelinan上院議員は隔週金曜日とホリデー補償の廃止提案の報告書を提出しました。
Pete P. Reyes上院議長は、予算案にこれらの緊縮政策を含めるかどうか未だ決定していないとしています。
これら政策下で、政府職員は隔週金曜日を休みとなり、CNMIホリデーの有給休暇手当ては支払われません。
もし、2008年4月1日から9月8日まで実施されれば、これらの政策は2007年10月1日からの超過分$7.2ミリオンを賄います。
「もし、この政策が実施されれば、私たちは家に食べ物がなくなるでしょう」と政府職員は言っています。
「燃料価格は我々の基本給よりも高い」と他の職員は述べました。

○ 調査「青少年の喫煙減少」
青少年の行動調査によると、2001年から2007年にかけて、CNMIの中高生の喫煙者は減少傾向にあることがわかりました。
この調査はCNMIの学生を対象に毎年行われています。
2001年度で79.4%であったこれら未成年者の喫煙率は、2003年度で68.6%、2005年度で58.5%、昨年度は56.6%にまで減少しました。
○ 身体障害者の女性、テニアンのフェリーを訴える
身体障害者の女性が船長から乗船を妨げられたとして、テニアンのフェリーを差別で告訴しています。
Cynthia Attaoさんは弁護士Vincent DLG. Torres氏を通じて、テニアン・シッピング&とランスポーテーション社に対し上級裁判所に提訴しました。
訴状によると、Attaoさんはサイパン−テニアン間の往復乗船券を購入し、テニアンに行った後、サイパンへの復路で乗船待ちをしていた際、船長によって中国人観光客の乗船を優先するため乗船を後回しにされたとのことです。
Attaoさんは雨の中、長時間にわたる乗船待ちを強制されたため衣類は濡れ、屈辱を受けたとして同社に対する差別で告訴に踏み切ったとのことです。