サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER - 2008/04/07

サイパンの新聞記事や時事情報をお届けしています。
カテゴリ
サイパン あぐっぱ! CNMI WATCHER
サイパン あぐっぱ!CNMI WATCHER/一覧 (307)


マヒマヒ・ライダーが現地からお届けする
デイリー・サイパン・ニュース。
新着記事はこの下のURLをクリックhttp://saipanagupa.com

「あぐっぱ(AGUPA)」は現地チャモロ語で「明日」という意味です。

2008年4月
   
7
     

新着エントリ
サイト移転のお知らせ (4/8)
サイパン4月7日(月) (4/7)
サイパン4月5日(土) (4/5)
サイパン4月4日(金) (4/4)
サイパン4月3日(木) (4/3)
サイパン4月2日(水) (4/2)
サイパン4月1日(火) (4/1)
サイパン3月31日(月) (3/31)
サイパン3月29日(土) (3/29)
サイパン3月28日(金) (3/28)
サイパン3月27日(木) (3/27)
サイパン3月26日(水) (3/26)
サイパン3月25日(火) (3/25)
サイパン3月24日(月) (3/24)
サイパン3月22日(土) (3/22)
サイパン3月21日(金) (3/21)
サイパン3月20日(木) (3/20)
サイパン3月19日(水) (3/19)
サイパン3月18日(火) (3/18)
サイパン3月17日(月) (3/17)
サイパン3月15日(土) (3/15)
サイパン3月14日(金) (3/14)
サイパン3月13日(木) (3/13)
サイパン3月12日(水) (3/12)
サイパン3月11日(火) (3/11)
サイパン3月10日(月) (3/10)
サイパン3月8日(土) (3/8)
サイパン3月7日(金) (3/7)
サイパン3月6日(木) (3/6)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2007年 (223)
4月 (11)
5月 (30)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (24)
10月 (27)
11月 (26)
12月 (27)
2008年 (84)
1月 (26)
2月 (25)
3月 (26)
4月 (7)


アクセスカウンタ
今日:17
昨日:50
累計:655,985


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年04月07日(Mon)▲ページの先頭へ
サイパン4月7日(月)

○ 米上院、今月連邦化法案通過
米上院エネルギー・自然資源委員会のスポークスマンは、現地イミグレーションを連邦化する政策を含むオムニバス法案が、両党連立支援で今月通過の見込みであると言っています。
委員会のコミュニケーション・ディレクターのBill Wicker氏は、Consolidated Natural Resources Act of 2008、S. 2739が大多数の支援を得ていると言っています。
米上院エネルギー・自然資源委員会の委員長Jeff Bingaman上院議員は、法案の支持者です。
「我々はその通過に反対しているどのようなメンバーも知らない」とWicker氏は述べ、
この法案はまた、米下院での議決権のないCNMIの代表団議席が創設されます。
Wicker氏によると、ワシントンは常に国会で島の声を与える理念を支持しているが、現地政治はこの努力を束縛したとしています。
S. 2739の制定はCNMIの歴史的なものとなるだろうと同士は述べ、「それは、CNMIが議会での議席を持つということが、盟約に参加し、他のテリトリーと同等であるということを意味します」としています。
「CNMIからの代表団を持つことが全体的に米議会を支援していることを思い出すべきであるが、それは以前の住民代表で元知事のフロイラン・C.テノリオ氏によって反対されたことであった」とWicker氏は言っています。
S. 2739は、CNMIの最初の議会代表を11月の選挙で選出することを命じています。
フィッテイェル内閣は島への連邦イミグレーション法の拡張に反対しており、それは1998年から下降している現地経済を悪化させると言っています。
現在、コモンウェルスには外国からの正規労働者(主に中国とフィリピン)が19,000人以上います。

○ CUC、2週間分の燃料供給しか支払いできず
CUCのエグゼクティブ・ディレクター、アンソニー・C.ゲレロ氏は、CUCがモービルに発注した燃料25,000バーレルへの支払い資金は未だ十分ではないと言っています。
ゲレロ氏によると、CUCはモービルにわずか$1.5ミリオンしか支払うことができず、$2ミリオンの残高を行政が用意することを待っているとのことです。
同氏によれば、モービルへの$1.5ミリオンの支払いでは、11,000バーレルの燃料しか購入できず、CUCのパワープラント施設に「2週間の燃料さえ十分ではない」としています。
この燃料はパワープラント1のもので、プラント4とテニアン、ロタへの供給が残されています。
ゲレロ氏は、CUCがすでに「モービルに全てを使い果たした」と述べ、また、それは他の義務を果たすための十分な資金が残っていないとしています。
同氏は今日、モービルとの交渉会談を予定しています。同時に、知事、副知事との会談で、CUCが必要とする財務補助のアップデートを行う予定です。
ゲレロ氏はバラエティ紙のインタビューで、モービルへの支払い$1.5ミリオンはCUCの集金から賄われたものであると述べました。
CUCは今年5月末までの、2,500バーレルの燃料を確保しているはずです。

○ 飲酒検問/DUI検問
DPSの安全交通課は、DUI検問所を設ける当日の日程を以下のとおりです。
• 4月11日 —午後8時から午後9時15分、ビーチロードのリバティ・プラザまで、午後10時30分から午後11時45分、チャラン・パレ・アーノルド・ロードのPTIまで。
• 4月12日 — 午後8時30分から午後9時45分、ビーチロード、チャランラウラウのドクター・カイパット邸まで、午後10時30分から午後11時45分、チャラン・モンシグナー・ゲレロ・ロードのCUCワーテルローまで、これに加えて、交通課の警官がハイウェイでの犯罪取り締まりのパトロールを行います。
詳細はPO3 Juan C. Mendiola or Sgt. Thomas A. Blas at 664-9085まで。

○ 米上院「GAO報告は抑圧されなかった」
米上院エネルギー・自然資源委員会は、GAO(General Accountability Office)のCNMI連邦化に関する経済影響報告は、フィッテイェル政府によって主張された「抑圧」はされなかったと言っています。
同委員会のコミュニケーション・ディレクターのBill Wicker氏は、バラエティ紙のインタビューにE-メールで答え、「貧弱なドラフト」としてS. 2739・法案を表現することもまた公平ではないと伝えてきました。
「我々は異議を唱える」とウィッカー氏は、知事の特別法律顧問Howard P. Willens氏の先日のコメントを指してそう述べました。
「委員会は、イミグレーション法の実施のための責任がある国土保障局(Department of Homeland Security)を含んでいる、2000年に通過した米上院法案を、創案することによって差し戻すことをブッシュ政府に求めました。この差し戻された法案は、議会スタッフといくつかの下院委員の両方で更に差し戻され、検討が行われました」と同氏は付け加えました。
また、ウィッカー氏によれば、CNMIのワシントン・ロビー活動家、Oldaker, Biden & Belair LLPは、彼らがそうすべきことを求めず改善のための提言を十分に与えなかったとしています。
彼らは「昨年、委員会によって改善のための十分な提言を用意するよう求められていましたが、彼らはそれをしなかった」とウィッカー氏。
フィッテイェル政府はOldaker, Biden & Belair LLPに対し、2006年から月額$15,000を支払っています。
4月2日、フィッテイェル知事は、数名の議会職員が「北マリアナ諸島:移行期限付でCNMIへの連邦イミグレーション法適用させる保留立法(GAO-08-466)」と題するGAOの報告書を抑圧したという主張声明を発効しました。
フィッテイェル政府によると、数名の議会職員が、もし職員が早期発表を決めたならば、30日で一般公開されることからGAOを妨げる「公表制限を要求した」としています。
しかし、ウィッカー氏によると、一般公開に先立つ30日の保留機関は議定書の問題であるとしています。
「知事は彼が知っている、全てのGAO報告の一般公開における30日の遅れは、その一般公開を準備するために報告書を読むことを要求したこれらメンバーへの時間を提供するため、GAO/議会議定書に長い間提起されていることを、説明すべきである」と同氏は付け加えました。
彼が記したGAO報告に関するコメントの中で、Willens氏はCNMI連邦化法案が「貧弱な創案で、判然とせずその意味が明確でない」と詳述したとしています。
彼はまた、連邦機関が、グアムとコモンウェルスへのノン・イミグラント・ビジターへのビザ免除プログラムの実行と、コモンウェルスのノンイミグラント外国人労働者への移行プログラムの形成に「広範の自由で法外な」実行を与えている、この法案の起草者を批判しました。

○ タオタオ・タノ、土着民から資金を得る政策に反意
タオタオ・タノCNMIリーダー、グレゴリオ・クルズ氏によると、同グループは土着民の利益を「取り上げる」立法議会の政策に引き続き反対していくことを誓うとのことです。
下院自然資源委員会によって開かれた公聴会でクルズ氏は、現在、立法議会で保留中のある立法議員によって提出された、パブリックランド・リースと使用料から創出される収入は、CUCの運営資金に取り上げるべきではないとしています。
クルズ氏は、このような資金はCNMIの土着民の利益になるプログラムを目的としているとしています。
ロタ、テニアンで予定されている公聴会で、クルズ氏はタオタオが両島のローカル・グループをコーディネートすると述べました。
立法議会案16-3は、CNMI憲法第11条セクション3,4,5,6の改正を行います。